【ネタバレ】青天を衝け第8話~栄一は千代に結婚を申し込む

青天を衝け

2021年4月4日  第8話「栄一の祝言」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一の人生とは、裏目ばっかり?
2021年2月14日放送スタートの『青天を衝け/せいてんをつけ』の相関図とキャストの紹介になります。第12話までで血洗島編が終了し第13話から激動の一橋家臣編になります。相関図も新しく更新されています。 このドラマは、『日本資本主義の父』...

第7話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第7話~栄一は千代への想いに気づき青天を衝く!
2021年3月28日  第7話「青天の栄一」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て...

スポンサーリンク

青天を衝け第8話あらすじ

ついに、栄一(吉沢 亮)は自分の思いを語り、千代(橋本 愛)に結婚を申し込む。千代も嫌われてなかったことに安堵し泣いて喜んでしまう。

と、そこに待ったをかけたのは喜作(高良健吾)。栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。惇忠は、喜作の勝ちとした。しかし喜作は「栄一にはおまえのようなしっかり者が必要だ、悪いが栄一の面倒をみてくれ」そして栄一には「幸せにしろよ」と言葉を残して道場をあとにした。

栄一はすぐさま惇忠に「お千代を俺の嫁にください。お千代を幸せにします」そして千代もまた、「千代も・・・」思い合っていた2人に対して惇忠は結婚を認める。

喜作はよしと結婚することに。。。

そして冬になり、栄一と千代の結婚式が行われる。

長七郎が戻ってきた!?

世継ぎは慶喜ではなく紀州

一方、幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷五朗)が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。慶喜は、直弼を呼び出し、天子様を軽んじるべきではないと叱咤するが、「すべては徳川のためだ」。そして世継ぎは紀州にすることが決まったことに慶喜は喜ぶ。しかし内心ホッとしたような寂しいような複雑な思いだった。

将軍の世継ぎは、徳川慶福に決まり、徳川家定は逝去した。井伊に意見した慶喜(草彅 剛)や斉昭(竹中直人)には処分が下され、安政の大獄と呼ばれる苛烈な弾圧が始まる。

慶喜は怒りをあらわにした。

スポンサーリンク

青天を衝け第8話感想

千代の嫁入り、とても綺麗でした。口に紅つけるだけで華やかになって。でも相思相愛、好きな人と結婚することで千代はとても幸せそうでした。

一方、幕府は井伊直弼の登場でめちゃくちゃな状態に。ある意味将軍に従順な家来なのでしょうけど。慶喜(草彅剛)の怒りに震えた様子が印象的でした。

しかし井伊直弼もそう長くつづきません。次回の桜田門外の変で亡くなります。慶喜はその後どのような行動にでるのか今から気になります。。。

次回第9話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】青天を衝け第9話~桜田門外の変で直弼死す
2021年4月11日  第9話「栄一と桜田門外の変」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました