【ネタバレ】青天を衝け第32話~大蔵省を辞めた栄一は銀行をつくる

青天を衝け

2021年10月24日  第32話「栄一、銀行をつくる」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
14.5 13.9 14.1% 13.4% 13.9% 15.5% 15.3% 14.6%
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
14.2% 14.2% 13.6% 14.6% 14.1% 16.5% 14.7% 14.3%
第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話
12.6% 13.8% 13.0% 14.0% 12.9%      

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一に関係する人物とキャスト紹介
『青天を衝け/せいてんをつけ』2021年10月24日第32話から実業(算盤編)の相関図が発表されましたのでキャストと役どころになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第60作目に...

第31話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第31話~栄一は銀行づくりを取り組む
2021年10月17日  第31話「栄一、最後の変身」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府...

スポンサーリンク

青天を衝け第32話あらすじ

栄一(吉沢 亮)は小林馨とともに明治政府を辞める。栄一は、第一国立銀行の総監役として、新たな道を歩み始める。開業後、駆けつけた五代友厚(ディーン・フジオカ)は、“商いは化け物”、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)していると栄一に助言する。

そんな中、ゑい(和久井映見)が体調を崩し、東京の栄一のもとに身を寄せることに…。しばらくしてゑいは昏睡状態となる。「栄一、寒くねえかい?ごはんは食べたかい?、お千代、ありがとう、ありがとうね」の言葉の残して逝去した。

この年、イタリアから喜作が帰国した。横浜で生糸の商いをすると栄一に伝える。また富岡製糸場は、パリ博覧会で二等進歩賞を受賞した。

平岡やす(木村佳乃)が慶喜にお目通りしたいため、静岡を訪れていた。

政府は、岩倉具視暗殺未遂事件が発生し不平士族が不穏な動きが激しかった。大蔵卿に就任した大隈重信(大倉孝二)は、三菱を率いる岩崎弥太郎(中村芝翫)と結びつきを強めることにした。それが原因で小野組が危ないと井上馨が渋沢に伝える。

スポンサーリンク

青天を衝け第32話感想

ゑいが亡くなったのですが、最後に栄一に声かけた「寒くねえか?ちゃんと食べたか?」親が子供を想う気持ちは何歳になっても変わらないんだな。って思いました。そして千代にありがとう。。といって穏やかに息を引き取ったのですが、そのお姿は日本の良きお母さん像です。

簿記は西洋から学んだんですね、日本だと思ってました。。。しかし簿記にそろばんを使用させることを許可とったのが栄一だったんですね。すごいな。。

そろばんは小学校のときやりましたが、桁が多くなるとついていけなかった記憶があります(笑)

第33話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】青天を衝け第33話~第一国立銀行が連鎖倒産の危機
2021年10月31日  第33話「論語とそろばん」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました