【ネタバレ】青天を衝け第29話~栄一、改正する

青天を衝け

2021年10月3日  第29話「栄一、改正する」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
14.5 13.9 14.1% 13.4% 13.9% 15.5% 15.3% 14.6%
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
14.2% 14.2% 13.6% 14.6% 14.1% 16.5% 14.7% 14.3%
第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話
12.6% 13.8%            

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一の人生とは、裏目ばっかり?
2021年2月14日放送スタートの『青天を衝け/せいてんをつけ』の相関図とキャストの紹介になります。第22話からパリ編の相関図が発表されました。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。大河ドラマの第6...

第28話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第28話~篤太夫と八百万やおよろずの神
2021年9月26日  第28話「篤太夫と八百万やおよろずの神」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士...

スポンサーリンク

青天を衝け第29話あらすじ

明治政府に出仕した栄一(吉沢 亮)は、各省の垣根を超えた特命チーム“改正掛(かいせいがかり)”を立ち上げ、杉浦 譲(志尊 淳)や前島 密(三浦誠己)を静岡から呼び寄せる。

改正掛は、租税の改正、貨幣や郵便制度の確立など、新たな国づくりのためまい進するが、旧幕臣の活躍を快く思わない一派との対立が生まれてしまうが、渋沢は大隈重信を説得し皆の案を立案、実行していく。

フランスから生糸の品質が悪く、交渉がうまくいかない。蚕がくわしい栄一が養蚕事業も任せられる。そんな中、栄一は、久しぶりに惇忠(田辺誠一)と再会する。惇忠は、新政府に平九郎を殺された傷を抱えていた。栄一は養蚕に詳しい惇忠を新政府に誘うが断わられてしまう。栄一は「壊すんじゃねぇ、作るんだ!己の手でこの国を救えるならなんだってやる」そして惇忠も新政府に入り、栄一ともに働く。

栄一に次女・ことが産まれる。

明治4年、郵便が開始される。

スポンサーリンク

青天を衝け第29話感想

栄一の父(小林薫)が敬語を使って、栄一のことを「殿」と呼んでいて、途中でボロが出て普通に話すのですが、慣れないことをしていて微笑ましかったです。ですが来週30話では危篤になるようで。。。寂しいですね。でもふとんが立派だったから泊らずに「部不相応なものは身につけたくない。」と言って夜に帰るのですが、己を知ることは大事ですね。。

それにしてもいまではあたりまえですが、郵便が始まるとき本当偉大なことだったんですよね。いまは機械で仕分けされてますけど、まったくの手作業・・・国営から民営になったのも10年前?とかですよね。明治維新は偉大な方ばかりだと改めて認識しました

次回30話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第30話~栄一の父親が危篤
2021年10月10日  第30話「渋沢栄一の父」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました