【ネタバレ感想】青天を衝け第23話~大政奉還と王政復古の大号令

青天を衝け

2021年7月18日  第23話「篤太夫と最後の将軍」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
14.5 13.9 14.1% 13.4% 13.9% 15.5% 15.3% 14.6%
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
14.2% 14.2% 13.6% 14.6% 14.1% 16.5% 14.7%  

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一の人生とは、裏目ばっかり?
2021年2月14日放送スタートの『青天を衝け/せいてんをつけ』の相関図とキャストの紹介になります。第12話までで血洗島編が終了し第13話から激動の一橋家臣編になります。相関図も新しく更新されています。 このドラマは、『日本資本主義の父』...

第22話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第22話~パリで度肝を抜かれる篤太夫
2021年7月11日  第22話「篤太夫、パリへ」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳...

スポンサーリンク

青天を衝け第23話あらすじ

フランスから600万ドルの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢 亮)が当面の資金繰りに奔走し、昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることになった。民部公司は貴公子のように洋装がとても似合っていた。異国が風通しがいい。皆が同じ場に立ち、皆それぞれが国のために励んでいる。

同じころ、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが、慶喜(草彅 剛)は先手を打って政権を帝に返上する。

慶喜が徳川を終わらせた。江戸の公儀は荒れたが、慶喜は天子様の手助けすることに覚悟をきめた。しかし薩摩が朝廷を支配下にしようとクーデターが発生する。

王政復古が宣言されるが、始まりの日、慶喜はいなかった。側近から不満の声が上がる中、西郷は戦をすることで鎮めようとし、大坂城、江戸城の二の丸が放火し、慶喜が戦をせざるを得ない状況になる。

一方、血洗島では篤太夫の養子になった平九郎(岡田健史)が、江戸に向かおうとしていた。栄一が戻ってきたら、ていに結婚しようと約束する。

スポンサーリンク

青天を衝け第23話感想

慶喜が大政奉還したとき、1人で決めたんだと改めて思いました。いまだったら、リモート会議もできるし、スマホで話せるし、色々な情報も得ることができるけど、当時、徳川家250年の歴史の幕を閉じるという大きな決断を1人で決めたことに改めて驚愕します。

徳川家康(北大路欣也)も天を仰ぎ、目を閉じてました。。。。あの回想シーンとてもよかったですね。あの世から見守っていたに違いないです。

栄一の洋装姿もかわいかったですね。綺麗な黒髪の七三(髪型)が決まってました。しかし民部公司様の洋装姿はまさに貴公子でカッコよかったです。日本に目を移せば、まだ髷、着物、刀・・・時代の遅れをすごい感じます。

この頃から海外ではトップの人が自国の産業について自分の言葉で話す、それに栄一は感銘を受けてましたが、日本はいまだに、、体質が変わってないですよね。。。

次回は、約1か月後の8月15日放送です。

【ネタバレ感想】青天を衝け第24話~篤太夫はパリで証券取引所の仕組みを知る
2021年7月25日  第24話「パリの御一新」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました