【ネタバレ】青天を衝け第10話~江戸に行く栄一、千代は?

青天を衝け

2021年4月18日  第10話「栄一、志士になる」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕臣を経て実業家に転身します。幕臣時代のパリ留学時に培った知識で、合本組織(株式会社)を立ち上げ、日本発の銀行「第一国立銀行」の設立に尽力、一見すると輝かしい経緯に見えますが、実はやることなすこと裏目に出てばかりだったという栄一の生涯を描くドラマになります

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 初回20.0で、2013年の『八重の桜』以来、8年ぶりの大台だそうです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
20.0 16.9 16.7 15.5 16.2 15.5 14.2 15.3
第9話 第10話            
14.5 13.9            

相関図はこちらの記事をご覧ください。どんどん新しいキャストが発表になってますので随時更新していきます。

【相関図】NHK青天を衝け~渋沢栄一の人生とは、裏目ばっかり?
2021年2月14日放送スタートの『青天を衝け/せいてんをつけ』の相関図とキャストの紹介になります。第12話までで血洗島編が終了し第13話から激動の一橋家臣編になります。相関図も新しく更新されています。 このドラマは、『日本資本主義の父』...

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】青天を衝け第9話~桜田門外の変で直弼死す
2021年4月11日  第9話「栄一と桜田門外の変」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕...

スポンサーリンク

青天を衝け第10話あらすじ

幕府では、暗殺された井伊直弼(岸谷五朗)に代わって老中・安藤信正(岩瀬 亮)が、孝明天皇(尾上右近)の妹・和宮(深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進めていた。朝廷との結びつきを強めて幕府の権威回復を図った和宮降嫁は、尊王攘夷派の志士に火をつける。

一方、1か月の約束で、念願の江戸に来た栄一(吉沢 亮)は、尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。長七郎(満島真之介)は、その計画のために命を捨てる覚悟を決める。「我らが神風を起こすのだ!」訥庵の塾生は、「草茫の志士」呼称されていた。

1か月過ぎたころ、栄一は血洗島に戻ってきた。農業に勤しむ毎日を送るが、千代が懐妊した。

そして和宮が嫁入りするため中山道通り江戸城に到着した。

大橋訥庵は、長七郎に安藤信正を暗殺するよう指示する。長七郎は血洗島に戻り、栄一たちに暗殺し、うまくいった暁には腹を斬ると言う。しかし惇忠は、無駄死にする必要はない、俺たちと闘えと伝え上州に身を隠すように伝える。

安藤の暗殺は失敗した。河野を始めとして草茫の志士は6名亡くなり、訥庵は囚われてしまった。

スポンサーリンク

青天を衝け第10話感想

和宮が京都から江戸に嫁入りするために3000人もの付き人がいたんですね。今では飛行機や新幹線があって歩いて来るなんて考えられないですが、でも確かに歴史上、本当にあったことかと思うとすごいな、、、って思ってしまいます。でも行列が通る村の人たちは、おもてなしするために大変だったと思います。栄一が怒るのもわかります。。。

次回第11話のあらすじはこちらになります。千代が無事に第一子を産めるのか??

【ネタバレ】青天を衝け第11話~栄一と千代の第1子は死産となる
2021年4月25日  第11話「横濱焼き討ち計画」のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、『日本資本主義の父』と呼ばれる渋沢栄一を吉沢亮さんが演じます。幕末、武蔵国(現在の埼玉県)の百姓の家に生まれた栄一は、蝦夷志士、徳川幕府幕...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました