【ネタバレ】再雇用警察官3~遺産20億の完全犯罪を安治川が暴く

2021年12月13日(月)夜8時から放送の【再雇用警察3】のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、元刑事・安治川信繁(高橋英樹)が再雇用警察官となり、刑事の勘と人脈を武器に難事件に挑むミステリー第3弾です。

スポンサーリンク

再雇用警察3あらすじ

定年退職した安治川信繁(高橋英樹)は、再雇用警察官として、行方不明者が自発的か否か選別する、神奈川県警生活安全部・消息対応室にいる。そこは県警から左遷された室長・芝隆之(石黒賢)、新月良美(本仮屋ユイカ)が在籍。主な仕事は行方不明者リストのデータ化、部屋は元倉庫という地味な部署だ。

そんなある日、良美は喫茶店で少年課時代に知り合った沢木杏里(加藤小夏)に遭遇。6年ぶりの再会を喜ぶが、杏里が待ち合わせていた橿原虹彦(神尾佑)は、良美が警官だと分かるとそそくさと杏里と行ってしまった。

その直後、橿原の妻・通代(田中里衣)の遺体が丹沢で見つかったことが判明。警察は事故死と見立てるが、安治川と良美は、死亡推定時刻と届を出した時刻がほぼ同じで、スマホが見つからないなど、幾つかの不可解な点があった。

また近所の聞き込みをすると通代は1か月前、外反母趾の手術をしていて経過がよくなかった。山登りするはずがない。安治川は丹沢で亡くなったのは通代本人じゃない可能性があると室長に報告。

スポンサーリンク

父親の復讐するために養護施設3人の犯行

丹沢で亡くなったのは、伊勢戸節子だった。通代は伊勢戸が所有する山梨の別荘で餓死寸前に見つかる。

信用金庫に勤める日下部は15年前、伊勢戸に騙されて父親が自殺していた。伊勢戸に復讐するために、同じ養護施設で育った竹嶋さきと杏里とともに犯行に及んだ。

日下部は、妻を殺害したい伊勢戸と樫原を引きあわせたが、目的は伊勢戸の復讐だった。しかし予想外の展開は、伊勢戸節子が本当の事故で亡くなってしまったことだった。また樫原は杏里と暮らせればいいという理由で計画から降りてしまい、日下部の命令で伊勢戸は自殺にみせかけて樫原を殺害した。

樫原の女房を殺害したのは日下部と思われたが、通代は生きて見つかった。日下部を犯人にしたくなかったために杏里とさきが密に救出していた。

安治川は伊勢戸に一生かけて日下部の父親の罪を償うよう強く言及する。

スポンサーリンク

再雇用警察2キャスト

安治川信繁…高橋英樹

新月良美…本仮屋ユイカ

佐久山明弘…林泰文
本条名保子…磯山さやか
渡辺雄二…佐藤正浩
本条良太…笹本旭

芝隆之…石黒賢

≪ゲスト≫
伊勢戸勝浩…小手伸也
橿原虹彦…神尾佑
沢木杏里…加藤小夏
日下部崇明…小野塚勇人
石栗貞道…山田明郷
浅野正彦…林家たま平
山崎和子…山野海
橿原通代…田中里衣
伊勢戸世津子…薬丸夏子
竹嶋咲希…村崎真彩

再雇用警察3・感想

身分は曖昧。昇進も関係なし。再雇用警察官・安治川の低姿勢は見習うべきですね。でも高橋英樹さんは正義の何者でもないですね。悪役をみたことがない。

親の復讐をする子が企てた犯行だったのですが、復讐はやっぱり胸が痛いですね。親の自殺した姿を目の前でみてしまった子の気持ちを考えると、後味の悪いストーリーでした。

再雇用警察は1年に1回ぐらいの放送ですかね。また来年も楽しみにしてます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました