【竜の道・2つの顔の復讐者・第7話ねたばれ・感想】源平を殺人者に仕立る!?

竜の道

2020年9月8日『竜の道・2つの顔の復讐者』第7話のあらすじと放送終了後にネタバレを追加します。

いよいよ最終章に向かってます。あと一歩で源平を失脚させることができそうになりましたが、曽根崎の洗礼を受けてしまいます。仁義なき戦い的な。。。竜二はまゆみと結婚し堂々と表からキリシマ急便を潰すと竜一に伝えますが、竜一が竜二に危ない話は渡らせないと思います。美佐が和田を竜一だと気づきました。。。やっぱり美佐は竜一が初恋の相手のようです。

第6話のねたばれはこちらになります。見逃したかたは是非ご覧ください。

【竜の道・2つの顔の復讐者・第6話ねたばれ・感想】源平の妻芙有子が倒れる
2020年9月1日『竜の道・2つの顔の復讐者』第6話のあらすじとネタバレになります。 源平は妻芙有子を実はとても愛していたようです。仕事もそっちのけで妻につきっきりになるところは人間らしい源平が見れて同情してしまいました。でも竜一の源平キ...

スポンサーリンク

竜の道・第7話・あらすじ・ネタバレ

芙有子(斎藤由貴)を失った源平(遠藤憲一)は、悲しみを打ち消すかのように、さらに危険な経営へと暴走し、以前にも増して仕事に没頭する。何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。

キリシマ急便で再度、過労死が発生した。関東運輸局に二見という元取締役が密告したが、竜二はその事実を揉み消したと源平に伝える。

源平の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、曽根村(西郷輝彦)の手を借り、源平に“殺人を依頼”させ社会的に抹殺しようという作戦だった――!

源平への復讐の最終局面に向けて

記者の沖(落合モトキ)は健斗に斎藤一成を調べていることを伝える。出身地の東北へ行ったが驚くことが分かった。すべて調べてから伝えると言い残す。

源平のもとに二見がやってくる。キリシマ運輸の悪口をSNSで載せると伝え、お金を用意させた。

和田に見捨てられたと晃は竜二に伝える。「矢端さん、キリシマ急便のことよろしくお願いいたします。」

美佐はまゆみに和田と上の兄が、雰囲気や喋り方がにていると伝えていた。竜二はまゆみの気持ちを自分に向かせることに成功した。しかし美佐への気持ちを抑えている。。。

スポンサーリンク

源平が一線を越えた。。。。

源平の元へ竜一がやってくる。取締役会でクーデーターを起こす悪徳コンサルだとSNSで悪口を書かれお金を一度ならず二度払わされている。厄介な男に捕まったら偉いことになると源平に忠告する。名前は明かさなかったが、源平の部下が後をつけてきて二見だとばらされた。

室谷大臣と会う約束をしている源平、エニウェイズとの契約の口添えを依頼する。竜二は芙由子が源平にあてた手紙を持ってくる。2人は長い間向き合えずにいたんですね。。。本当は深いところで2人は思いやっていたのに。源平をわざと怒らせる竜二

そんな中、エニウエイズに過労死の告発文が届いた。エニウエイズは激怒している。

源平は曽根崎のところへ向かう。「ゴミ処理をお願いしたいんですが、、消していただきたい男がおります。よろしゅうお願いいたします」その様子が録画されていた。

二見は私がお金を渡して海外へ逃します。あとでデータ取りに行くと伝える。

曽根崎に裏切られる竜一

曽根崎のところへ向かう竜一、だが曽根崎から長く待たせられる。おかしいと思った竜一は二見に電話するとこれから源平に会うという。源平からお金を払うからと呼び出しがきたんだよ。

二見が曽根崎の部下から襲われた。竜一は間一髪救出するが、自分が捕まる。俺が頼んだのは源平のデータだ。お前との役そっくは果たしただろう。だが霧島源平の依頼には果たさなければならない。俺の仕事はやらなければならない。

「俺の仕事を邪魔する人間は許さない、お前が二見を殺せ!そしたらデータを渡してやる」

拳銃を渡された竜一は竜二に報告する。

竜二「晃がお前に見捨てられたって言ってた。それは晃を巻き込ませないようにするためだろう。おれはまゆみと結婚する。家族になって、キリシマ急便を内から壊す。美佐が愛しているのはお前だ。おれはまゆみを愛せる。お前も美佐のためにも人を殺すことを考えるな!」

沖が竜一の正体を知ってしまった。。。

一方、記者の沖(落合モトキ)が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐(松本穂香)は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐。

竜一のもとに美佐がやってくる。

「昔、北九州の小さな町に運送会社があり、双子の兄弟と妹同然に一緒に育った女の子がいて、両親を亡くしてしまっても3人で一緒に育った。両親の敵をどうしても討ちたかった。もし事情があって上の兄が他人の振りをしているならそれでもいいんです。兄たちが破滅に向かっているような気がしてどうしたらいいか分からずにいます。2人の兄をとても大事に思っているから。2人が不幸なら妹も幸せでいられないから。そういう兄弟の話を覚えておいてもらえますか。沖という記者が叔母を訪ねてきたそうです。竜一は生きていると疑っています。」

沖が竜一に会いにくる。

「こんにちは、矢端隆一さん」

スポンサーリンク

竜の道・相関図

公式の発表です。

 

竜の道・第7話・感想

2人の目的は、自分の両親が源平に殺された(自殺だが)ように、源平から『すべて奪って自殺したいほどの絶望を味合わせる。』ですが、なかなか思うようにいかない竜一と竜二。。。2人とも目的は一緒だけど竜二の本心が分からないですね。

竜一も曽根崎に二見を殺害するよう言われてしまい、、、あと一押し!だったのが逆に窮地に追い込まれてしまいました。

最後の美佐の訴えですが、竜一に響いたように思います。次回はいよいよ最終回です。どうなるんだろう。。。竜一も竜二も2人とも無事にいますように。。。

あらすじはこちらになります。

【竜の道・2つの顔の復讐者・最終回ねたばれ感想】竜一と竜二は源平に復讐果たす
2020年9月15日『竜の道・2つの顔の復讐者』最終回のあらすじとネタバレになります。 竜一と竜二は源平への復讐を果たしました。玉木宏さんも高橋一生さんも顔面がボコボコで。。。この復讐が壮絶だったことを物語ってました。妹の美佐が兄が生きて...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました