【竜の道・2つの顔の復讐者・第6話ねたばれ・感想】源平の妻芙有子が倒れる

竜の道

2020年9月1日『竜の道・2つの顔の復讐者』第6話のあらすじとネタバレになります。

源平は妻芙有子を実はとても愛していたようです。仕事もそっちのけで妻につきっきりになるところは人間らしい源平が見れて同情してしまいました。でも竜一の源平キリシマ急便追い出しは失敗に終わりました。。。竜二がだんだん竜一に気持ちが離れてきた??危うい2人の双子です。。

第5話のねたばれはこちらになります。見逃したかたは是非ご覧ください。

【竜の道・2つの顔の復讐者・第5話ねたばれ・感想】クーデター計画はうまくいくのか?
2020年8月25日『竜の道・2つの顔の復讐者』第5話のあらすじとネタバレになります。 竜一は竜二に10年前、大野木を殺害し10億をうばったと告白しました。竜二は俺たちは2人で1つだと伝えました。竜一がずっと1人で抱えて夢で何度もうなされ...

スポンサーリンク

竜の道・第6話・あらすじ・ネタバレ

大野木は心臓発作だろう?竜二は聞くが、薬を飲んでいたら助かっていたかもな。。。竜二は竜一にもう二度と殺すな。。。。と伝える。

芙有子が倒れてしまう

夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄る。2人の結婚は政略結婚だった。結婚当初から殻の中に入り、心を開かなかった芙有子に怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が急性心筋梗塞で倒れ、源平は激しく動揺する。源平にアキレス腱は妻だった。

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。竜一はいまのうちに源平を倒すチャンスだと取締役を集め、臨時取締役会を開催することにした。

晃の味方になった取締役は何かしらの弱味を握られており不満に思っていた。

竜一は母親が倒れてショックを受けている晃に隙を見せないよう忠告し続ける。

スポンサーリンク

5人で食事をする

まゆみ(松本まりか)は美佐が勤める小学校にくる。竜二(高橋一生)と真剣に付き合っていることを伝える。そんな最中、母親が倒れてしまった。

ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃、まゆみ、美佐を含めた5人で食事をすることに。

竜一は竜二にあの話をさせる。

竜二「実は、私の親が経営していた会社が霧島急便に乗っ取られ、兄が霧島急便に乗り込んだ。源平とは腹を割って話した。もう二度と自分の父親と同じような目にあって欲しくない。そのために霧島急便を変えたい。。。」

まゆみは「お兄さん何ていう名前?」

美佐「厳しい人でしたよ、まっすぐで優しくてキツイことをいう時、自分のほっぺをつねるんです。強くなれ。厳しいけどそのおかげで強くなれたかもしれません。」

まゆみ「その顔、好きな男の話をする人みたい。」

美佐「上の兄は家事で亡くなって遺体が黒焦げだったんです。だからいまだに信じられない。死んだって。」

スポンサーリンク

竜一と竜二の間に不協和音が??

晃が弱気になっていた。取締役はみな不満を持っているために晃に葉っぱをかけた。

芙有子は一刻の猶予も許さない状況だった。源平は芙有子につきっきりだった。

竜二はキリシマ急便の後継ぎになろうとしている。竜一が晃についている取締役に最終指示を出そうとしているところに竜二は割り込んできた。これは演技だった。竜二に密告させようとする裏切り者を見つけるのが目的だった。

しかし実際取締役の二見が、竜二に密告してきたが、竜二はそれを竜一に話さなかった。

竜一は感づいていた。

しかし二見は警察に連行された。

竜一は「どうして俺に何も言わなかったのか?」責めるが、、、

「それは竜一がまた殺人をするのではないか、思ったからだよ!」

臨時取締役会が行われるが。。。。芙有子が亡くなる

 

芙有子が息を吹き返す

「晃にあなたはあなたの信じる道をいってね。それがお母さんの幸せだから。一つだけお願いがあるの・・・・」

芙有子は晃に手紙のことを伝える。。

 

霧島急便の臨時取締役会が始まった。

しかし晃は動議を拒否をした。。。。。。竜一は小田島役員に代わりに動議するよう伝えるが、、、断られる。

しかし源平に1本の電話が入る。。。。まゆみからだった。

芙有子が亡くなった・・・・・・。

スポンサーリンク

竜一はキリシマ急便出入り禁止に。。。

 

芙有子は源平に手紙を残していた。

源平様

うまくお伝えできないかもしれないので手紙を書いてます。私の本当の気持ちです。あなたが私に軽蔑されていると思っているように、金で買った妻をあなたが愛するわけないと思ってました。夫婦になったのだから愛し愛されたかった。つまらないプライドからあなたに心を開くことができませんでした。源平さん、家族は敵ではありません。晃とあなたが協力しあえば、きっと素晴らしい会社になる。お金や地位よりもっと大事なものを見つけていきたいのです。これから先の長い人生をあなたと二人で。。芙有子

源平はその手紙を破っていた。。。お通夜も出ずにクラブにいく源平

源平は取締役らに、今回は見逃したる。和田は出入り禁止だ!と伝える。

キリシマ急便で運転手がまた死んだ。二見がそれを知り、運輸局にタレこんだ。二見を生かしておいてよかったな。

竜二「ご安心ください、わたしのほうで揉み消しておきました」

スポンサーリンク

竜の道・相関図

公式の発表です。

 

竜の道・第6話・感想

美佐、まゆみ、竜二、竜一、晃の食事会で、美佐は竜一のことをとても恋しそうに話してました。まゆみはすかさず好きな男の話をする顔だと突っ込まれてました。竜二は美佐のことを好きだけど、美佐は竜一のことが好きなのは、竜二は気づいてます。でもきっと美佐と竜一は結ばれることはないと思います。。。

竜二は竜一が殺人(大野木の心臓発作の薬を飲ませなかった)を犯していたことに動揺してました。何か竜二が1人で復讐しようとしているように思います。どうなるのか。。。

竜の道は8話完結のようです。次回から最終章です。第7話のあらすじはこちらになります。

【竜の道・2つの顔の復讐者・第7話ねたばれ・感想】源平を殺人者に仕立る!?
2020年9月8日『竜の道・2つの顔の復讐者』第7話のあらすじと放送終了後にネタバレを追加します。 いよいよ最終章に向かってます。あと一歩で源平を失脚させることができそうになりましたが、曽根崎の洗礼を受けてしまいます。仁義なき戦い的な。。...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました