【竜の道・2つの顔の復讐者・第3話ねたばれ・感想】三栗谷とまゆみと竜二の三角関係

竜の道

2020年8月11日『竜の道・2つの顔の復讐者』第3話のあらすじとネタバレになります。

竜一(玉木宏さん)と竜二(高橋一生さん)、本当はそっくりな2人だけど、竜一は整形をしています。両親(義理)の敵をとるためにキリシマ急便の社長・源平(遠藤憲一さん)に復讐するために、キリシマ急便を失墜?最終的に破綻させることが目的なのか、まだわかりません。

遠藤憲一さんの悪役社長っぷりも、すごい迫力です。本当悪役が似合います(笑)

第2話のねたばれはこちらになります。見逃したかたは是非ご覧ください。

 ‎

スポンサーリンク

竜の道・第3話・あらすじ・ネタバレ

源平(遠藤憲一)の息子である晃(細田善彦)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座についた竜一(玉木宏)。

一方の竜二(高橋一生)は、源平が娘のまゆみ(松本まりか)の婿養子として、有力政治家を父に持つ同じ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていることを知り、まゆみへ積極的にアプローチをかけ始める。

三栗谷が竜二に宣戦布告

そんな中、竜二は大臣が絡む重要なプレゼン案件を任される。復讐のために出世を狙う竜二は精力的に取り組むが、最年少課長のポストが約束されている。なぜか不可解なトラブルが続発。

そんな竜二の元を三栗谷が訪ねてくる。

「桐島まゆみさんと付き合っているそうですね、一応言ってみるけど、身を引いてくれ。」

竜二は断る。

三栗谷「お互いベストを尽くそうということで、正々堂々、恨みっこなしで。。。」

無駄に人がいい。。

竜一は三栗谷の弱みを部下に調べるよう指示する。

スポンサーリンク

竜二は源平と再会する

源平は晃に三栗谷を紹介する。晃を取締役に就任させた。

晃と飲みににく竜一

昇進したけど憂鬱な晃、竜一は飲みに誘う。

「敵を倒すためには執念が必要となる」

竜二はまゆみとデート後、源平がちょうど戻ってきた。

「まゆみさんとお付き合いさせてもらっている矢幡です。国交省に勤めています」と名刺を渡す。

竜二は名前をみたらもしかして気づくかもしれないと躊躇するが、源平は気づいてなかった。

美佐は再び竜一の会社に尋ねる

一方、美佐(松本穂香)は、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる。

スポンサーリンク

三栗谷は竜二のプレゼンの邪魔をする

プレゼンの大役を任せられた竜二だが、横やりが入る。それは総合政策局・三栗谷が横やりを入れているからだった。

そしてまゆみに「矢畑竜二は沈む船ですよ・・・、僕はあなたを好きなわけではありません。キリシマ急便がほしいだけ」と伝える。

プレゼン当日、三栗谷が手伝いにきた。

巡回バスの支援のプレゼンを行うと、資料がすべて白紙だった。竜二は資料は見ずに、プレゼンを完璧に行った。室谷大臣に「期待してますよ」と声をかけられる。

焦る三栗谷・・・・

三栗谷の父親が、外国企業から不正献金を受け取っていた報道がされた。

三栗谷は源平に助けを求められるが拒否される

まゆみが美佐と竜二がいるところに現れる

そんな矢先、竜二が美佐と会うところをまゆみにみられてしまった。

まゆみは、美佐が持っていたマスコットのぬいぐるみをみてキリシマ急便で扱っていたグッズだと知らされれる。

 

ジャーナリスト沖が飲み屋で飲んでいると、「斎藤一成」、竜一が、ブラジル行く前の過去を知っている人が現れる。「こいつが10億を持ち逃げしたから自分は失業したと。。。。」

 

スポンサーリンク

竜の道・相関図

公式の発表です。

 

竜の道・第3話・感想

三栗谷が腹黒くてびっくりしました。竜二のプレゼン資料を白紙にすり替えるなんて。。。だけど竜二はすべて頭に入っていたらしく完璧なプレゼンをします。かっこよかったです。

まゆみを演じている松本まりかさんは本当妖艶ですね。クールビューティだけど竜二にだんだん惹かれている感じですが、竜二は美佐のことが好きだと思いますね。。。ここの三角関係はどうなるのか。。

竜一ですが、ブラジル行く前に10億円を奪うために1人殺してしまっているのですよね。その当時のことを知っているチンピラが現れます。ピンチの竜一です、どうやって乗り切るのか。。。

キリシマ社長を追い詰めようとしている竜一と竜二ですが、でも2人が追い詰められている感じがしてハラハラします。。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

 ‎

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました