【ネタバレ】鹿楓堂よついろ日和ドラマ第1話~和風喫茶に着流し姿4人の店員

よついろ日和

2022年1月15日夜11時30分スタート『鹿楓堂よついろ日和』第1話のあらすじとネタバレになります。

相関図と役どころはこちらのサイトをご覧ください。

【相関図】鹿楓堂よついろ日和ドラマ
2022年1月15日夜11時30分スタート『鹿楓堂よついろ日和』相関図と役どころの紹介です。 このドラマは、和風喫茶で働く4人の若者が、悩みや寂しさを抱えて店にやってくる人々との交流を通して自分自身を見つめ、成長してくストーリーです。原作...

このドラマは、和風喫茶で働く4人の若者が、悩みや寂しさを抱えて店にやってくる人々との交流を通して自分自身を見つめ、成長してくストーリーです。原作コミックの表紙を模したビジュアルがシンクロ率100%と早くも話題を集めています。とても楽しみです。

スポンサーリンク

鹿楓堂よついろ日和第1話あらすじとネタバレ

キャリアウーマン風のつばさ(ファーストサマーウイカ)は、古民家風の和風喫茶『鹿楓堂』を訪れる。着流し姿のスイ(小瀧望)が優しくほほ笑んで迎えいれてくれた。

店主でありながらヘタレ天然ぶりを発揮する天真爛漫なお茶担当のスイ、演歌に時代劇とシブい趣味をもちおじいちゃんのように達観した料理担当のときたか(葉山奨之)、照れ屋でツンデレで負けず嫌いな毒舌最年少のスイーツ担当の椿(大西流星)、そしてイタリア人と日本人のハーフで奇怪なラテアートで周りを惑わす裸族ムードメーカーで珈琲担当のぐれ(佐伯大地)

店の2Fでシェアハウスをしている4人は、歯磨きの順番で揉め、こたつから出てティッシュを取りに行く人で揉め、飼い猫のきなこをモフり、今日も今日とてにぎやかに暮らしている。

そんなある日、中学生の女の子・天神小鶴(田畑志真)がひとりでお店にやって来る。注文したわらび餅を食べ、とんでもなく幸せそうな笑顔を浮かべる小鶴だが、なぜかスイのお茶を飲んだ瞬間、表情を曇らせてしまう。

スポンサーリンク

老舗のお茶屋の主人も認める

理由がわからずモヤモヤしたスイは、思わず小鶴に声を掛け、買い出しついでに家まで送っていくと小鶴の家はお茶屋だった。どうりでお茶のことが詳しいはず。

しかし父の天神猛彦(伊武雅刀)は、急須で入れるお茶は売れないからお店をやめるという。

スイは天神の茶葉を譲ってほしいというが、着物を着た男には譲らないといわれ勝負することに。

鹿楓堂に訪れる猛彦と小鶴。猛彦は、スイの祖父のお茶を飲んだことがあった。

そして緑茶とシフォンケーキをお出しする。お茶を飲んだ猛彦、その後シフォンケーキを食べると天神屋の茶葉が入っていた。

「あんたのお茶は京之介さん(祖父)とは違う。苦さが少なくて飲みやすい。京之介さんと同じぬくもりがある。」勝負はスイの勝ちだと認める。

そしてお茶のおかわり。

スポンサーリンク

鹿楓堂よついろ日和キャスト紹介

東極京水(とうごく・きょうすい)・小瀧 望(ジャニーズWEST)

永江ときたか(ながえ・ときたか)・ 葉山奨之
中尾 椿(なかお・つばき)・ 大西流星(なにわ男子)
グレゴーリオ・ヴァレンティノ・ 佐伯大地
角崎英介(つのざき・えいすけ)・ 白洲 迅

鹿楓堂よついろ日和第1話感想

抹茶パフェにだし茶漬け、わらび餅、とても美味しそうでした。こんなカフェがあったら、今日のお茶のご主人(伊武雅刀さん)のように週4回は行くと思います。

お茶を美味しく淹れられるようになりたいと思いますが、できないんですよね。。。

美味しいものを食べているときが一番幸せだなって思わせるドラマですね。それにイケメンの笑顔があったら最高です。

第2話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鹿楓堂よついろ日和ドラマ第2話~妻を亡くした桜田を元気にするカレー
2022年1月22日『鹿楓堂よついろ日和』第2話のあらすじとネタバレになります。 相関図と役どころはこちらのサイトをご覧ください。 このドラマは、和風喫茶で働く4人の若者が、悩みや寂しさを抱えて店にやってくる人々との交流を通して自分...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました