【ネタバレ】リコカツ第7話~咲と紘一は離婚し新しい恋が始まるのか?

リコカツ

2021年5月28日放送の『リコカツ』第7話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、出版社勤務の水口咲(北川景子さん)と航空自衛隊隊員・緒原紘一(永山瑛太さん)が、交際ゼロ日で結婚します。第1話でお互いの生活習慣や価値観の違いで大喧嘩になり、即離婚活動=リコカツを始めることになります。しかし第2話、第3話ではお互いの距離が縮まる出来事もあるのですが、紘一が茨城の航空自衛隊の基地まで片道1時間30分かかり、遅刻したことをきっかけに紘一は水戸の実家に引っ越すことを決めますが、咲は自分の仕事があるためついていけないと断ります。別居婚が認められない紘一は自分の気持ちを曲げられず2人は離婚することに。

6話ではお互い想いながら離婚届を出してしまいます。そして7話は咲は紘一に会いにいきますが、一ノ瀬の姿をみて、やっぱりすれ違ってしまいました。

『リコンから始まるラブストーリー』第2章が始まってます。元カレの貴也が咲にプロポーズ、恋愛小説家の水無月先生の真意はどこにあるのか?また紘一の上司の一ノ瀬隊員(筑前煮で勝負する女性)も紘一の父親を味方につけて外堀を固め始めました。

あと残り、3話(8話、9話、10話)ですが、早く2人がお互いの気持ちを正直につたえて、週末婚なのか、咲が水戸からリモートで働くのか、紘一が東京の自衛隊(あるか分からない)に異動?どんな形でも早く2人がお互いの気持ちを伝えて幸せな2人のシーンをたくさんみたいです。離れ離れは寂しい。そして10話では2人の子どもが生まれていて幸せな夫婦になっているところがみたいです!!

第6話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】リコカツ第6話~離婚前夜に水無月が現れて何が起きる!?
2021年5月28日放送の『リコカツ』第6話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、出版社勤務の水口咲(北川景子さん)と航空自衛隊隊員・緒原紘一(永山瑛太さん)が、交際ゼロ日で結婚するんです。ところがお互いの生活習慣や価値観の違い...

見逃し配信はPraviでみることができます。第1話の出会いのシーンから是非ご覧ください!!必ずハマります(笑)

Paravi

視聴率の推移はこちらになります。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話      
9.7% 9.4% 7.6% 8.9% 9.0% 9.1% 9.0%      

スポンサーリンク

リコカツ第7話ネタバレ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、それぞれの家族に離婚したことを報告する。紘一の両親は復縁を強く願うが、咲と紘一はお互い別々に生きていくと宣言する。

離婚を知った一ノ瀬純(田辺桃子)が煮物をもって紘一の自宅へ。父・正も将棋がでて料理もできて満足げ。一方、咲と貴也(高橋光臣)は美土里から呼び出され若い恋人に詐欺に遭い、2000万円を奪われたことを聞く。美土里からの告白に咲の心は飽和状態。

するとそこに、紘一から携帯電話にメッセージが届き…。それは『離婚する理由』の続きだった。打つのが遅い紘一は咲が続けざまにくるメッセージに勝てず電話し話すが、途中から咲が貴也の名前を出すと嫉妬は醜い!と言われ紘一はショックで切ってしまう。

咲は紘一のワイシャツがクリーニング店に残っていたのを、会う口実として緒方家へ行く。紘一は不在だったが、咲は紘一と行ったよしの食堂へ行く。偶然紘一と会う。紘一は咲が、から揚げが気にいったからここに来たと思い込むが、そこに一ノ瀬も入ってきて咲は帰る。

紘一は追いかけるが、一ノ瀬はすかさず追いかけ「緒原一曹のことをお慕いしています」と告白するが、紘一は、「すみません、失礼します」と伝え、咲をおいかけるが、すでに咲は電車に乗ってしまった。

家に帰ると貴也が家の前で待っていて咲に結婚前提でもう一度付き合おうと伝える。

水無月先生が紘一がいる水戸へ。

咲にあげたペンライトのボールペンを咲からもらったこと、そして水口咲も自分がもらうと宣言する。

スポンサーリンク

リコカツ第7話あらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いを思いながらも離婚を選択。別々に生きていくことを決める。

翌朝、咲は武史(平田満)、美土里(三石琴乃)らを自宅に呼んで、紘一と離婚したことを報告。そこに正(酒向芳)と薫(宮崎美子)が、紘一と共にやって来て、咲たちに三人で頭を下げる。正は、咲と紘一の離婚を止めようとするが、その場にいる三夫婦が離婚したことが明らかに…。
さらには、楓(平岩紙)まで離婚する予定だと告白し、両家は愕然とする。咲と紘一はそれぞれ別々に生きていくと宣言してしまう。

楓の離婚原因は、夫がマザコンというのが理由。そして美土里も楓も咲の家に住むことになる。

咲も紘一も職場に報告する。咲から離婚したことを聞いた連(白洲迅)は、「愛なんてこの世に存在しない」と切り捨てながらも紘一には興味がある様子。別れたあとも咲を何かと惑わせる。

一方、紘一の元には純(田辺桃子)が煮物をもって紘一の自宅へ。正も3尉だとしって恐縮するが手料理を食べて満たされる。

純は紘一にいままで咲にした悪事を報告する。紘一は、離婚は自分と彼女が決めたことで他人のせいではないと伝える。

そんな中、咲と貴也(高橋光臣)は美土里から呼び出され、衝撃の事実を聞かされる。若い恋人に詐欺に遭い、2000万円を奪われたというのだ。

スポンサーリンク

咲は紘一に会いにいくが、、、

仕事に両親の離婚、さらには美土里からの告白に咲の心は飽和状態。するとそこに、紘一から携帯電話にメッセージが届き…。

それは『離婚する理由』の続きだった。打つのが早い咲に勝てず電話するが、貴也の件で嫉妬してしまう紘一。

紘一からもらったボールペンを使い続ける咲に、レンは、「後悔しているんじゃないの?運命は自分で切り拓くもの」と言われ・・・

咲はクリーニングものを届けに緒方家へ行く。紘一は不在で義父にわたすが、咲は紘一と行ったよしの食堂に寄って行く。紘一は、いないか。。。と思ったが、そこに紘一が入ってくる!紘一はなぜ咲がここにきたのか?それは、から揚げが気にいったと思い込むが、そこに一ノ瀬も入ってきて咲は帰る。

一ノ瀬はすかさず紘一に「緒原一曹のことをお慕いしています」と告白するが、紘一は、「すみません、失礼します」と伝え咲をおいかけるが、すでに咲は電車に乗ってしまった。

家に帰ると貴也が家の前で待っていて咲に結婚前提でもう一度付き合おうと伝える。

水無月先生が紘一がいる水戸へ。咲にあげたペンライトのボールペンを咲からもらったこと、そして水口咲も自分がもらうと宣言する。

スポンサーリンク

リコカツ相関図とメインキャスト

相関図はこちらです。

 

水口咲・・・北川景子

ファッション雑誌の優秀は編集者で、現代的な自由な家庭で育った。5年間付き合っていた青山(高橋光臣)と破局し、緒原紘一に会います。

緒原紘一・・・永山瑛太

航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員。絵に描いたようなカタブツ人間

水口武史・・・佐野史郎(咲の父)

水口美土里・・・三石琴乃(咲の母)

鹿浜楓・・・平岩紙(咲の姉)

緒原薫・・・宮崎美子(紘一の母)

緒原正・・・酒向芳(紘一の父)

一ノ瀬純・・・田辺桃子(救難ヘリコプターの副パイロット)

青山貴也・・・高橋光臣(咲の元カレ)

水無月蓮・・・白石迅(若者に大人気の恋愛小説家)

リコカツ第7話感想

本当に離婚してしまった2人ですが、紘一は離婚した理由のメールを送ります。そこから2人がラインでやりとり始めますが、咲の速さに勝てなかった紘一が面白かったです(笑)2人の幸せそうな会話をみると、とても元気になり癒されます。やっぱり最高のカップルですね。

でもやっぱり貴也が咲とやり直そうとしてます。咲はまだ紘一が好きですが、一ノ瀬と一緒にいる紘一をみて、咲も嫉妬してしまいます。恐るべし一ノ瀬三尉です、煮物と将棋ができるとは、、、すっかり紘一の父親のお気に入りに、おそらく外壁(父親)から固めようとしていると思います。将棋で正に先手を打つのが早いと言われてましたから(複雑)

でもTwitterをみると”筑前煮女”が上位にきていてかなり悪く書かれてましたね。これも、紘一と咲の2人を愛するが故ですね。紘一の不器用さにみんな同情しているのかも(笑)ドラマを盛り上げるためには憎まれ役が必要ですが、田辺桃子さんは見事に演じてますよね。素晴らしい。

第8話の予告をみると、紘一は咲のふさわしい相手は貴也だと思って後をつけたりするようです。咲と紘一が2人の気持ちに気づくためには必要なのかな。水無月先生は咲に、運命は自分で切り開くとか、後悔しているんじゃないの?とか、結構いいセリフを言ってました。

紘一が頭の横を掻くしぐさは、自分の気持ちを整理がつかないとき、そして一度言ったことは曲げない!と義母(宮崎美子)が言ってましたね。咲はこのしぐさを知って、紘一の言葉を待つのではなく、咲からどんどん自分の気持ちをぶつけてほしい。。そして紘一は自分の言ったことを曲げてほしいです笑

第8話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】リコカツ第8話~紘一は咲の再婚相手を決めるのか!?
2021年6月4日放送の『リコカツ』第8話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、出版社勤務の水口咲(北川景子さん)と航空自衛隊隊員・緒原紘一(永山瑛太さん)が、交際ゼロ日で結婚します。第1話でお互いの生活習慣や価値観の違いで大喧...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました