【絶対零度2020/1/13】ネタバレ・感想|女子高生が誘拐された理由

2020年冬ドラマ

第2話は、女子高生を別々の犯人が3回バトンしながら誘拐し、最後の犯人は、女子高生の実の父親でした。腎臓を移植しようとした父親が未解決事件にしようと仕組んだのでした。その実の父親は、まだ赤ちゃんだった娘(誘拐した女子高生)を虐待していた上に100万円で売った過去を持ってました。

犯人がリレーのように次々とかわり、最後の最後まで犯人が誰なのか分からなかったストーリーは面白かったです。

過去と未来へ続いていくシーンもしっかり出てきて、井沢(沢村一樹)が香坂(水野美紀)を殺してしまうのか、山内(横山裕)が井沢を殺してしまうのか、まだ第2話ですが、ラストがどうなるのか楽しみです。

スポンサーリンク

絶対零度第2話あらすじ

まずは、前シーズンで発覚した事実と先週の第1話で遺体で見つかった町田の関係は?

 

前シーズン最終から先週の第一話、そして第二話につながってる話

冤罪の口封じのために自分の最愛の妻と娘が、惨殺されたことを知った井沢(沢村一樹)は、事件を隠蔽した張本人であるミハンの責任者・東堂定春(伊藤淳史)から、ミハンが実現すれば昇進が約束されている警視庁次長・町田博隆(中村育二)が、自らの保身のため、口封じのための井沢の家族を殺害を指示していた黒幕だったのだ。

実行した犯人は服役中の、宇佐美(奥野瑛太)である。この宇佐野に香坂(ミハンの責任者)が面会していた。

そして町田が釈放され、遺体で見つかった。

井沢(沢村一樹)は事情徴収をうける。

香坂(水野美紀)に何故、町田と会ったかと聞かれ、井沢は、差出人不明で送られてきた妻と娘を殺害したナイフを送ったのは誰か確認するために町田と会ったと伝える。

井沢は香坂に何故宇佐美に会っていたか聞くが香坂は話さない。

そして曽根崎から山内は監察官として井沢から目を離すなと言われる。

ミハンは、ストーカーから殺人へ発展する可能性がある危険人物を割りだす

 

 

 

 

 

 

女子高生の時田明日香(竹内愛紗)をストーキングしている無職の男・馬場智樹(影山徹)が危険人物としてミハンは割りだす。

だが馬場は、意図的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっているようなふしがあった。そして馬場は、ギャンブルで作った借金のせいで闇金からも追われていた。一方、優等生だった明日香も、ここ最近、何故か学校をさぼっていた。

母親と喧嘩する明日香、池袋を歩いていると、忽然といなくなった。

そして馬場も雀荘に入ったが、裏口から出て行って、姿を消した。

2人とも防犯カメラの前から消えてしまった。

明日香は生まれつき喘息をかかえており、一度喘息をおこすと命の危険がある。

拉致誘拐事件は24時間経過したら命の危険がある。

馬場から浦上へバトンが渡される。

 

 

 

 

 

山内は明日香の家の近くで黒いワゴン車をみかけていた。加賀美(榎本明)は、車を割り出し、浦上という男が車を借りていたことを突き止める。

浦上が泊っているホテルに潜入。部屋には偽造の身分証が束になっていた。

浦上はホテルで会っていた女性は大手警備保障の情報管理課に所属していた。防犯カメラの設置データの情報を入手していた。

防犯カメラに映らず通る方法を知っていたから、馬場と飛鳥は忽然と消えることができた。

井沢は浦上が通るルートに待ち伏せし、浦上を捕まえる。

時田明日香が何を抱えていたのか?

池袋にあるClubMに、明日香の両親がむかった。

小田切(本田翼)が潜入する。

明日香が国分寺にある民間の科学捜査機関に、DNA鑑定を依頼していた。

井沢と山内は必ず明日香を助けることを約束し、秘密を聞き出す。

母親は、自分は児童相談所で働いていたとき明日香は虐待されており何度も一時保護していた。児童相談所から離れていたが、虐待は続いており時々様子をうかがっていた。本当の両親は明日香を100万円で売るといった。

虐待で弱っていく明日香をみていられなかったため100万円で買った。

最近になって本当の母親がお店を大きくしたいからお金をせびりにきた。

両親は、明日香がいなくなったのは母親が隠したのではないかと思い、ClubMまで来たのだった。

明日香の実の父親は人身売買する川田英司

 

 

 

 

 

 

浦上とつながっていたのは、人材派遣会社の社長・川田英司だった。

明日香は手術着をきた2人に薬を飲まされるが、苦しかった喘息が収まる。

そこへ川田が現れ、「私が誰だかわかるか?本当の父親だ」と名乗る。「手荒な真似をして申し訳ない。どうしても会いたかった。」と明日香を名付けたのは自分だとも言う。

そして明日香を抱き寄せるが、明日香は気を失った。麻酔が効いたのだ。

川田の会社は、外国人労働者中心に人身売買を中心に裏のハローワークをしていた。

川田は重い腎臓の病気にかかっており透析していた。血液型が100万人に1人しかないボンベイ型だった。そして明日香も同じ血液型だった。

臓器提供させるのが目的だった。明日香は喘息があるので臓器提供はできない。そのため完全犯罪で誘拐し明日香の命を奪い、腎臓を移植するのが目的だった。

ミハンチームが到着し、臓器移植前に逮捕する。

明日香は両親が待つ家に帰る。

今から未来へ続くシーン

井沢は、「もしも俺が一線を越えようとしたら撃っていいから。殺してくれ、君が。」と山内に伝える。

61日後、井沢に何がおきるのか?山内は井沢を射殺するのか?

ボンベイ型 稀血である血液の名称。 ABO式血液ではOの変異だとされ、Ohと表現される。 インドのボンベイに多い血液であるため、ボンベイ型と呼ばれるようになった。

ボンベイ型とは何?Weblio辞書

https://www.weblio.jp/content/ボンベイ型

 

スポンサーリンク

登場人物

【第二話ゲスト】

今日のヒロインは明日香こと竹内愛沙さん

 

 

 

 

 

ミハンのレギュラー陣につきましては、フジテレビの公式サイトにある相関図をご覧ください。

直接ホームページにいきまして、役者の写真をクリックすると役どころが詳しく書いてありますので是非ご覧くださいね。

スポンサーリンク

まとめ

 

 

 

 

 

冒頭に過去から続いている話、ラストは将来に何が起きるのかにつながる話、その間にミハンが選出した犯罪を防ぐというストーリー展開がテンプレート化していくのかなと思いました。

井沢(沢村一樹)さんの精神状態が持つのかなって心配になっちゃいますね。

今日、印象に残ったシーンは、井沢が明日香に諭したセリフです。

明日香:「売られたり買われたり、もういや、消えてしまいたい。」

井沢:「帰る場所がある。君を愛す人がいる。無条件で迎えてくれる人がいる。君を待つ家族がいる。こんな幸せなことはないよ。」

 

明日香が虐待されているところは本当に心が痛くなりました。無抵抗な赤ちゃんを。。。

香坂(水野美紀)も、未然に防ぐためには法改正が必要だと言ってました。

実際でも虐待事件がなくなるように切に願います。

第3話はどのような展開になるか楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました