【ネタバレ】レッドアイズ最終回~小牧は無事か?KSBCの内通者の正体とは!?

レッドアイズ

2021年3月27日『レッドアイズ監視捜査班』最終回のあらすじとネタバレになります。

小牧は無事でした。そして鳥羽には自分の妻が暴行され自殺していた過去がありました。伏見の恋人、美保が殺害された理由もわかりました。くわしくはネタバレ、あらすじ記事をご覧ください。

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
12.4 10.4 9.9 9.4 9.5 9.5 9.8 10.8
第9話 最終回            
9.1 8.1            

このドラマは監視カメラを駆使した科学捜査を描くサイバー・クライム・サスペンスです。日本全国に存在する500万台もの監視カメラ。それによって得られる膨大な情報を武器に犯罪捜査にあたる特殊部隊の活躍を描くドラマになります。チームを率いる特別捜査官として難事件の解決に挑む主人公・伏見響介役を亀梨和也さんが演じ、伏見によってKSBCに集められた民間捜査員は、『訳あり』の過去を背負った元犯罪者たち。。。。それぞれの得意分野の能力を発揮しながら凶悪な連続殺人鬼を追っていきます。

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】レッドアイズ第9話~鳥羽は伏見の恋人を殺害した犯人なのか?
2021年3月20日『レッドアイズ監視捜査班』最終回のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 12...

見逃し配信はHULUでみることができます。HULUは2週間無料期間がありますよ。

コナン

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班最終回ねたばれ

小牧(松村北斗)を銃撃したのは真弓だった。小牧は一命をとりとめた。

小牧はまだ伏見達と出会う前、ダークウェブ上で個人情報を売っていた。そして美保の個人情報を調べて鳥羽に伝えていた。そんな中、病院にいた小牧が真弓に誘拐され、人質に取られる。

鳥羽は伏見に真弓とともに下関大臣を襲わせる。最終的に下関悟(大臣の息子)と奥州刑事部長が拉致される。

鳥羽の妻・梓は、下関悟がいじめをしていたことを校長に伝えたため、襲われ、顔面が変わるぐらい殴られた。その映像は監視カメラに残っていたが、突然消え釈放されていた。その後、鳥羽梓はSNSで個人情報を拡散され自殺した。その原因をつくったのは伏見の恋人の美保だった。美保は雑誌社の記者だった。だが記事を書いたのは上司から伏見の立場が危なくなると脅されていたからだった。

警察内の内通者は長久手の相棒の姉川だった。だが姉川は長久手を庇って被弾する。

拉致されたた奥州、下関悟、小牧、湊川ともに、鳥羽はある劇場から動画配信が行う。

青いコートをきた鳥羽は、下関悟、奥州を次々に射殺

鳥羽は、伏見に自分が狙われていると思うことで快感を覚えていた。伏見は激怒し鳥羽を殺害しようとしたが、そこに美保の動画が流れる。赤ちゃんができたとしった美保が携帯に残したメッセージだった。伏見は鳥羽を殺害するのを留まった。

鳥羽は逮捕

奥州の不正がみつかりKSBCは解散となった。

伏見達は、また探偵へ

しかし島原の妹、はるかもまた、鳥羽に洗脳されていた・・・・・

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班最終回あらすじ

小牧(松村北斗)の銃撃現場から逃走した伏見(亀梨和也)に、鳥羽(高嶋政伸)から連絡が入った。小牧はダークウェブ上で個人情報を売っていた。美保の個人情報を調べて鳥羽に伝えていた。すべての罪を被らなければ伏見を殺すと脅され、恋人の美保を殺害したと伏見に伝えた。鳥羽は、彼女は週刊誌の記者だった、職業上恨まれることも多かったはず、意味深なことを伝える。

小牧を銃撃したのは真弓だった。

鳥羽の真意を探る鍵が、公にできない犯罪を記した“ブルーブラッドリスト”にあると確信した島原(松下奈緒)は、奥州(矢島健一)のPCからデータを盗み出すことに成功。その中に鳥羽と下関大臣が関係している事件があった。

鳥羽の妻が暴漢に襲われ、犯人は下関大臣の息子だったが、監視カメラの映像が突然消え釈放されていたのだ。その後、鳥羽梓は自殺した。

一方、捜査一課に追われる伏見を隠れ家に匿った山崎(木村祐一)と湊川(シシド・カフカ)は、謎の男・真弓(TAK∴)に関する有力情報を長篠(趣里)経由で入手し、伏見に手渡す。真弓は元諜報員だった。

そんな中、病院にいた小牧が真弓に誘拐され、人質に取られる。鳥羽は明日下関大臣の会見で伏見に手伝ってほしいことがあると伝える。

スポンサーリンク

下関悟と奥州が拉致され鳥羽が射殺

翌日、伏見と真弓は下関大臣が退院する病院に襲撃する。そして最終的に下関悟と、奥州刑事部長の2人を拉致した。

警察内の内通者は長久手の相棒の姉川だった。だが姉川は長久手を庇って被弾する。

横須賀にある駐車場で車から降りた伏見を襲う真弓、そして湊川が応戦するが、2人とも真弓にスタンガンで倒されてしまう。

ある劇場から動画配信が行われていた。

そこには拉致された奥州、下関悟、小牧、湊川がいた。伏見と真弓は戦っていた。

そして青いコートをきた鳥羽が現れる。

「私の妻を殺したのは誰ですか?」

悟は「ちょっと顔が変わるぐらい殴った」と言ったとたん、鳥羽は射殺した

奥州は雑誌社に頼んで鳥羽の妻の誹謗中傷の記事を書かせた。それが原因で個人情報を拡散され自殺してしまった。

鳥羽は奥州を3発もの銃弾で射殺

スポンサーリンク

何故美保が殺害されたか?

真弓は伏見と闘っている間に、PTSDが発症する。伏見は激闘の末、真弓を倒す。

そして鳥羽の元へ

鳥羽は、結城美保に手をかけたとき、物足りなさを覚える。そして伏見に自分が狙われていると思うことで快感を覚えていた。KSBCが立ち上がったときに伏見が入ることが知り、わざと自分を狙うようにした。

鳥羽の妻をおとしめる記事を書いたのは美保だった。しかし美保は上司から伏見の立場が危なくなると知り、やむえなく書いた。

伏見は鳥羽の挑発に乗り、鳥羽のクビを締めようとするが、小牧は、美保の動画が流す。

「恭介、赤ちゃんができたの。この子と私はずっと見守っているから、自分を見失わないで、いつまでも強くて優しいあなたでいて」美保の携帯にあった動画だった。島原からも私たちは大事な者のために踏み留まらないといけない。

響介は鳥羽を殺害するのを留まった。

鳥羽「お前の怪物は消えたわけではない。」

島原はブルーブラッドリストを明らかにし再捜査へ

KSBCは解散となった。

伏見達は、また探偵へ

しかし島原の妹、はるかもまた、鳥羽に洗脳されていた・・・・・

終わり

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班・相関図

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班・キャスト

伏見響介 (33)・・・亀梨和也

神奈川県警捜査一課の元敏腕刑事。
KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官。

3年前、婚約者が何者かによって殺害され、その犯人探しの際に起こした暴行事件がきっかけで懲戒免職となり、逮捕される。

出所後は元犯罪者の山崎・湊川・小牧と共に、浮気調査を専門とする探偵事務所を開業し暮らしていた。そんな折、捜査一課時代の上司・島原から、最新鋭のシステムを使って監視カメラの映像データを解析、捜査に役立てることを目的に設立されたKSBCで、特別捜査官として働くことを打診される。

クールな性格で、並外れた洞察力と行動力の持ち主だが、こと婚約者の事件に絡むこととなると感情のコントロールがきかなくなる。また事件の捜査中、自身の勘だけで単独行動し、周囲を困惑させることもしばしば…。

島原由梨 (35)松下奈緒

神奈川県警に新設されたKSBCのセンター長。
KSBCに集められた情報をもとに捜査方針の判断を下す。
現場部隊の動きを決定する指揮官であり、KSBC全体を率いる有能なリーダーである。

3年前は伏見と同じ捜査一課の刑事を務めており、当時から伏見の洞察力と行動力を高く評価していた。
伏見をKSBCの特別捜査官として招き入れた張本人でもある。

正義感に溢れた性格で、仕事に対する責任感も人一倍強い。
私生活では妻としての一面もあり、塾講師の夫と2人暮らしを送っている。
両親とは疎遠だが、唯一年の離れた妹だけは今でも仲が良い。

スポンサーリンク

山崎辰二郎 (55)木村祐一

かつて国立大学で教授を務めていた経歴を持つ、元犯罪心理学者。通称「辰さん」。
あらゆる犯罪のデータを記憶しており、犯人の行動を的確に予測する優秀なプロファイラー。
伏見によって集められた特別捜査官の1人。

大学教授時代、とある理由により、犯罪グループの詐欺事件に関わるようになる。
これで最後、と決めていた投資詐欺事件で犯罪グループの一員に裏切られ、後に逮捕される。

普段は飄々としており、捉えどころのない雰囲気を漂わせている。趣味は将棋。

長篠文香 (27)・・・趣里

KSBCの優秀な情報分析官。データ解析を得意とする。

かつてはサイバー犯罪対策課に所属していたが、自ら進んでKSBCに異動を願い出た。
最新鋭の科学技術やビッグデータを活用したKSBCの捜査手法に誇りを持っている。
伏見をはじめとする「元犯罪者」たちとは、捜査方針を巡って対立することが多い。

真面目で根気強い性格だが、負けず嫌いで少々頑固な一面もある。

スポンサーリンク

小牧要 (26)松村北斗(SixTONES)

天才ハッカー。IT機器操作に長けており、どんなシステムも自在に使いこなす。
KSBCでは分析捜査の中核を担う。伏見によって集められた特別捜査官の1人。

有名工科大学を主席で卒業後、大手IT企業に就職。
会社員時代、ひそかに警備会社や銀行を軒並みハッキング。
防衛省のサーバーに5回目に侵入した際に警察に見つかり逮捕される。

頭の回転が速くデータ解析が得意である一方、悪気なく正論をズバズバ言ってしまうなど不遜な態度を取ってしまいがち。
KSBCでは淡々と仕事をこなしているように見えるが、内には正義感を秘めている。

湊川由美子 (35)シシド・カフカ

元自衛官。優れた身体能力の持ち主で、腕っぷしが強い。
シングルマザーで、一人息子に深い愛情を注いでいる。
伏見によって集められた特別捜査官の一人。

高校卒業後、自衛隊に入隊。そこで夫に出会い、結婚。
しかし次第に夫から暴力を振るわれるようになり、息子を守るためにやむを得ず夫を殺害。
当時、湊川を逮捕したのは伏見だった。

常に冷静沈着で口数は少ないが、被害者感情に敏感で思いやりがある。

レッドアイズ監視捜査班最終回感想

この最終回のアクションシーンの迫力がすごかったです。伏見(亀梨和也)と真弓の戦闘シーンですが、2人とも半端ないのです。武術??亀梨和也さん、相当な特訓をしたのではないでしょうか。その努力というかプロ根性に敬意しかありません。最後は伏見が勝ちました。ずっと勝てなかった真弓に勝てたのですが、見ているほうが達成感を感じました(笑)

それにしても鳥羽も辛い過去があったのですね、、、警察を恨むようになったのは理解できるかもです。警察は事件を揉み消せるのか。。。被害者はたまらないですよね。鳥羽のような犯罪者が増えないことを祈ります。。。

最後はまた伏見探偵事務所が復活してましたね。あのゆるーーい感じがいいですよね。

でも島原の妹のはるかが、あのマーク(碇のマークに矢印的な、、)のチャームをカバンにつけていたんです。はるかが島原のご主人を罠にはめて殺害したのでしょうか?それともその事件のあとにはるかが、鳥羽のメンタルクリニックに行ったのか?

謎が残った最終回でしたが、これはレッドアイズ2がある兆候なのかもしれません。

またパワーアップした伏見が見れることを楽しみにしてます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました