【ネタバレ】レッドアイズ第3話~伏見は湊川と息子を救えるか!?

レッドアイズ

2021年2月6日『レッドアイズ監視捜査班』第3話のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
12.4 10.4 9.9          

このドラマは監視カメラを駆使した科学捜査を描くサイバー・クライム・サスペンスです。日本全国に存在する500万台もの監視カメラ。それによって得られる膨大な情報を武器に犯罪捜査にあたる特殊部隊の活躍を描くドラマになります。チームを率いる特別捜査官として難事件の解決に挑む主人公・伏見響介役を亀梨和也さんが演じ、伏見によってKSBCに集められた民間捜査員は、『訳あり』の過去を背負った元犯罪者たち。。。。それぞれの得意分野の能力を発揮しながら凶悪な連続殺人鬼を追っていきます。

第2話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】レッドアイズ第2話~響介は挑発的な殺人予告する犯人を追う
2021年1月30日『レッドアイズ監視捜査班』第2話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 12...

見逃し配信はHULUでみることができます。HULUは2週間無料期間がありますよ。

コナン

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班第3話ねたばれ

蠣崎(忍成修吾)は、KSBCのメンバーを全員のことを調べあげていた。湊川(シシドカフカ)は間一髪、伏見(亀梨和也)に助けられるが、息子の敢太と母親が乗っているバスに爆弾が仕掛けられ、しかし間一髪、不発だった。

蠣崎が殺害した男性の身元がわかり、由梨(松下奈緒)は8年前、自分が追った犯人だと思い出す。そのとき蠣崎と婚約者が通行していたが、犯人によって突き飛ばされ婚約者が亡くなっていた。蠣崎は由梨に復讐するために今回の事件を起こした。

そして由梨の妹と、夫の信嗣が、蠣崎に囚われ、夫が銃殺されてしまった。。。

伏見は蠣崎を逮捕。蠣崎は、伏見の婚約者が妊娠していたことも知っていた。

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班第3話あらすじ

蠣崎(忍成修吾)に拉致された湊川(シシド・カフカ)は、彼が自分の過去を詳細に知っていることに驚く。

一方、女性を殺害し、蠣崎のことも刺したとして逮捕された漆川(般若)は犯行を否認。蠣崎が女性を殺し、自分で自らの腹を刺したと証言する。

早速、伏見(亀梨和也)は蠣崎の追跡を開始。山崎(木村祐一)は蠣崎が残した「原点に戻れ」というヒントから、模倣した海外の最初の事件は湖の傍だったため、栗花湖の傍の廃工場へ向かう。

何故蠣崎は、ヒントを出したのか?同じ頃、蠣崎は湊川に爆弾と首吊りの2つの罠を仕掛け、次の作戦に着手するためにその場を立ち去っていた。湊川は首を吊られ、足元は脚が揃ってない机があるだけ、バランスを崩したらクビが締まってしまう。

蠣崎からKSBCにメールが入る。2つのURLがあり、1つは爆弾の設計図、もう一つは、GPS,一定時間止まっている走行バスを爆弾しようとしているのか?

湊川が足を踏み外してしまった!!クビにロープが締まる・・・絶対絶命。そんな中、湊川の愛息子・敢太にも危機が迫っていた。

スポンサーリンク

蠣崎の目的は亡くなった婚約者の復讐

間一髪、爆弾を阻止した伏見、湊川は、息を吹き返した。すぐに敢太に電話するとバスに乗っている。しかし椅子の下にまたサルのおもちゃが!爆発まであと20秒しかない。

しかし爆弾は不発だった。

湊川の母親と敢太は無事に救出された。蠣崎は何をしたかったんだ?

伏見は、蠣崎がいた場所から、班長の写真に赤い〇がしているのをみて、の本当の狙いは、島原班長(松下奈緒)だとわかる。

妹のはるかと夫・信嗣が蠣崎に拉致されてしまった。今日は夫の誕生日だった。

蠣崎は由梨に「旦那か?妹か?どちらか選べ、選んだ方を助けてやる。」

蠣崎が袋叩きで殺した相手は、花倉英司という男だった。その名前をきいて由梨は思い出す。

8年前、強盗致傷の罪で由梨は、花倉を追っているときに、蠣崎の婚約者が、花倉につき飛ばされ、亡くなっていた。婚約者を失った蠣崎の復讐だった。

蠣崎は逮捕、由梨の夫が亡くなる・・・

心から愛した女性が何の前触れもなくこの世からいなくなる。その痛みがわかるか?

信嗣が銃撃されてしまった!!

そこに伏見が到着し、蠣崎を逮捕するが、銃口を向けるが、由梨に止められる。

蠣崎逮捕。

蠣崎は、伏見の亡くなった彼女が、妊娠していたこともまで知っていた。一体誰に情報を聞いたのか?

 

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班・相関図

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班・キャスト

伏見響介 (33)・・・亀梨和也

神奈川県警捜査一課の元敏腕刑事。
KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官。

3年前、婚約者が何者かによって殺害され、その犯人探しの際に起こした暴行事件がきっかけで懲戒免職となり、逮捕される。

出所後は元犯罪者の山崎・湊川・小牧と共に、浮気調査を専門とする探偵事務所を開業し暮らしていた。そんな折、捜査一課時代の上司・島原から、最新鋭のシステムを使って監視カメラの映像データを解析、捜査に役立てることを目的に設立されたKSBCで、特別捜査官として働くことを打診される。

クールな性格で、並外れた洞察力と行動力の持ち主だが、こと婚約者の事件に絡むこととなると感情のコントロールがきかなくなる。また事件の捜査中、自身の勘だけで単独行動し、周囲を困惑させることもしばしば…。

島原由梨 (35)松下奈緒

神奈川県警に新設されたKSBCのセンター長。
KSBCに集められた情報をもとに捜査方針の判断を下す。
現場部隊の動きを決定する指揮官であり、KSBC全体を率いる有能なリーダーである。

3年前は伏見と同じ捜査一課の刑事を務めており、当時から伏見の洞察力と行動力を高く評価していた。
伏見をKSBCの特別捜査官として招き入れた張本人でもある。

正義感に溢れた性格で、仕事に対する責任感も人一倍強い。
私生活では妻としての一面もあり、塾講師の夫と2人暮らしを送っている。
両親とは疎遠だが、唯一年の離れた妹だけは今でも仲が良い。

スポンサーリンク

山崎辰二郎 (55)木村祐一

かつて国立大学で教授を務めていた経歴を持つ、元犯罪心理学者。通称「辰さん」。
あらゆる犯罪のデータを記憶しており、犯人の行動を的確に予測する優秀なプロファイラー。
伏見によって集められた特別捜査官の1人。

大学教授時代、とある理由により、犯罪グループの詐欺事件に関わるようになる。
これで最後、と決めていた投資詐欺事件で犯罪グループの一員に裏切られ、後に逮捕される。

普段は飄々としており、捉えどころのない雰囲気を漂わせている。趣味は将棋。

長篠文香 (27)・・・趣里

KSBCの優秀な情報分析官。データ解析を得意とする。

かつてはサイバー犯罪対策課に所属していたが、自ら進んでKSBCに異動を願い出た。
最新鋭の科学技術やビッグデータを活用したKSBCの捜査手法に誇りを持っている。
伏見をはじめとする「元犯罪者」たちとは、捜査方針を巡って対立することが多い。

真面目で根気強い性格だが、負けず嫌いで少々頑固な一面もある。

スポンサーリンク

小牧要 (26)松村北斗(SixTONES)

天才ハッカー。IT機器操作に長けており、どんなシステムも自在に使いこなす。
KSBCでは分析捜査の中核を担う。伏見によって集められた特別捜査官の1人。

有名工科大学を主席で卒業後、大手IT企業に就職。
会社員時代、ひそかに警備会社や銀行を軒並みハッキング。
防衛省のサーバーに5回目に侵入した際に警察に見つかり逮捕される。

頭の回転が速くデータ解析が得意である一方、悪気なく正論をズバズバ言ってしまうなど不遜な態度を取ってしまいがち。
KSBCでは淡々と仕事をこなしているように見えるが、内には正義感を秘めている。

湊川由美子 (35)シシド・カフカ

元自衛官。優れた身体能力の持ち主で、腕っぷしが強い。
シングルマザーで、一人息子に深い愛情を注いでいる。
伏見によって集められた特別捜査官の一人。

高校卒業後、自衛隊に入隊。そこで夫に出会い、結婚。
しかし次第に夫から暴力を振るわれるようになり、息子を守るためにやむを得ず夫を殺害。
当時、湊川を逮捕したのは伏見だった。

常に冷静沈着で口数は少ないが、被害者感情に敏感で思いやりがある。

レッドアイズ監視捜査班・第3話感想

1時間があっという間でした。。。間一髪ばかりで見応えが半端なかったです。

湊川(シシドカフカ)が助かったのもつかの間、息子の敢太が乗っているバスに爆弾がでも無事に救出されてよかった。のもつかの間、由梨(松下奈緒)の夫が亡くなってしまったのはショックでした。

伏見が救出するというシナリオを予想していたのですが、亡くなったあとに伏見は現着でした。由梨もショックだったに違いありませんが、妹も目の前に義兄を殺害され、残酷な最後でしたね。。。なんかショックのまま終わってしまった第3話でした。

次回第4話のあらすじはこちらです。伏見の婚約者を殺害した青いコートの犯人がわかるのか?

【ネタバレ】レッドアイズ第4話~青いコートの男の正体とは!?
2021年2月13日『レッドアイズ監視捜査班』第4話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 12...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました