【ネタバレ】らせんの迷宮ドラマ第4話~天才の遺伝子を持つ娘が誘拐される

らせんの迷宮

2021年11月5日(金)夜8時『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第4話のあらすじとネタバレになります。

原作は小学館ビッグコミック増刊号で連載された人気漫画作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』です。

田中圭さん演じる主人公の天才遺伝子科学者・神保仁は、「DNAは嘘をつきません」が口癖で、DNAの知識でいとも簡単に事件を解決します。安田顕さん演じる熱血刑事・安堂源次は、刑事の勘を信じる昭和の刑事でいかにして最強バディとなっていくのか!?が見ものです。またヒロインの倉科カナさん演じる科捜研の乱原流奈は、源次との付き合いが長く、さらに、学生時代から研究者として神保のことを尊敬し憧れていたため2人の捜査にも協力的です。

第3話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】らせんの迷宮ドラマ第3話~死体が消えた難事件に挑む神保と源次 | 刑事ドラマWalkers (arafifblues.com)

見逃し配信はU-NEXTで見ることができます。ぜひこちらからどうぞ。

U-NEXT

スポンサーリンク

らせんの迷宮第4話ネタバレ

花屋の店主・斎藤正弘(東根作寿英)が刺殺されるが、現場には「娘を誘拐した。1億円を出せ」と書かれた脅迫状を発見。

有名ピアニストの父・涼平(松尾諭)と美人の母・由紀子(紺野まひる)の一人娘・美雪(稲垣来泉)が誘拐されたことが分かる。美雪の両親と斎藤正弘は音大の同級生だった。

美雪はI型の糖尿病であり、1日3回インスリン必要で、もうすぐ2回目の摂取をしなければならない。そんな中、由紀子の車から血痕と凶器が見つかり、事情聴収を受けるが「何も知らない」と訴える。

8年前、由紀子は薬を飲まされ斎藤にホテルに連れ込まれ出来てしまった子供だった。涼平は斎藤からそのことを聞き、逆上し殺害した。しかし美雪が見つからない。美雪がつけていたペンダントに描かれていたピンクのタコは、公園の遊具だった。捜査員が向かうとそこに意識もうろうとしていた美雪がいた。インスリンをすぐに打ち無事だった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

らせんの迷宮第4話あらすじ

神保仁(田中圭)は病院で患者・白石美雪(稲垣来泉)と出会う。有名ピアニストの父・涼平(松尾諭)と美人の母・由紀子(紺野まひる)の一人娘で幸せそうに見えたが、「天才の遺伝子」という言葉で落ち込んでしまい…。

一方、安堂源次(安田顕)は、花屋の店主・斎藤正弘(東根作寿英)の刺殺事件現場で「娘を誘拐した。1億円を出せ」と書かれた脅迫状を発見。そこには紙のペンダントが落ちていて、誘拐されたのは美雪だった。

美雪の両親と斎藤正弘は音大の同級生だった。由紀子のスマホに美雪の写真が届く。斎藤正弘の共犯者が脅迫してきた。美雪はI型の糖尿病であり、1日3回インスリン必要で、もうすぐ2回目の摂取をしなければならない。

そんな中、由紀子の車から血痕と凶器が見つかり、事情聴収を受けるが「何も知らない」と訴える。

美雪は涼平の子ではなく、斎藤との子だった。8年前、薬を飲まされホテルに連れ込まれことを夫に知られたくなかった。どちらの子か怖くて調べられなかった。美雪は涼平には全く似てなかった。

そんな中、美雪がI型糖尿病となり、血液検査で斎藤との子だと分かってしまった。斎藤は由紀子を巻き込んで美雪を誘拐し遼平からお金をとろうとしていた。

スポンサーリンク

美雪の出生の秘密

斉藤の共犯者が逮捕される。しかし美雪が見つからなかった。源次は斎藤の遺体を見つけたときからくしゃみが止まらなかった。花粉のDNAで犯人を特定することができる。

犯人は、美雪の父親・涼平だった。涼平はいつも手袋をしていたが、今日は一度もしてなかった。それは手に斎藤の返り血がついてしまったから。

美雪が斎藤と由紀子との間に産まれた子だと知った涼平は、逆上し殺害した。その後、美雪を助けに行ったが、どうしても斎藤との子だと思うと・・・・そして美雪がいなくなった。

美雪がつけていたペンダントに描かれていたピンクのタコは、公園の遊具だった。捜査員が向かうとそこに意識もうろうとしていた美雪がいた。

その後、美雪は児童養護施設に移る。

神保は、「自分の可能性を信じて、天才のDNAは自分で生み出すことができる。」と励ます。

由紀子は執行猶予がついた。

スポンサーリンク

らせんの迷宮キャストと役どころ

メインキャストの紹介です。

神保 仁・・・田中圭

聖ヘリックス大学・医学部・ゲノム解析学研究室・准教授

DNAの専門家であり、32億桁の配列をすべて記憶している天才。
趣味は個人的なDNAデータベースを作成すること。DNA研究に没頭するあまり常軌を逸した行動をとることがあり、周りからは変人と思われている。甘いものが大好き。

安堂源次・・・安田顕

警視庁捜査一課七係 安堂班主任・警部補

犯罪を心から憎み、捜査には経験と勘が一番だと思っている現場叩き上げの熱血刑事。
神保とは正反対で、涙もろく直情型の昭和な刑事であり、変わり者の神保に何かと振り回される。
11歳の娘がいるシングルファーザーで料理が得意。

乱原流奈・・・倉科カナ

警視庁科学捜査研究所・所員

優秀で明るい性格。研究所にいるだけでなく、源次たち刑事と共に現場にも臨場する行動派。
神保のことは研究者として非常に尊敬しており、神保と源次の捜査に進んで協力する。乱原だけは、源次のことを「ゲンちゃん」と呼んでいる。

スポンサーリンク

瓜生夏樹・・・中田圭祐

警視庁捜査一課七係安堂班・巡査

源次と現場で共に行動する若手刑事。昔気質の源次に暑苦しさを感じているが、なんだかんだ結果を出す源次に、心の中では全幅の信頼を置いている。

栗原四郎・・・渡辺いっけい

警視庁捜査一課・課長

警察のメンツを気にし、常に上層部を忖度するが、部下となった源次の勝手な行動に、いつも頭を悩ませている苦労人。
上層部の判断を現場刑事の源次たちに押し付けがちだが、実は心の奥底に熱い刑事魂を持っている、かもしれない。

馬場ゆかり・・・松坂慶子

スナック「ゲ呑ム」(げのむ)のママ

神保に「ゲ呑ム」の上の階にある部屋を間借りさせ、食事などを作ってあげたり何かと面倒をみている。また、「ゲ呑ム」をたまり場とするようになった源次たちにとっても、良き相談相手となっていく。
おおらかで純真な性格であるが、時折見せる物思う姿から、何らかの過去を抱えているようである。大人の謎めいた女性でもある。

らせんの迷宮第4話感想

美雪ちゃんが無事に見つかって良かった。だけど自分で歩いて両親との思い出の場所まで歩くなんて子供は本当に純粋。。。でも母親も夫以外の男に襲われて出来てしまった子供なんて言えないですよね。だけどやっぱりいつかはバレてしまう。子供を産むわけではない父親もやっぱり自分の子か、そうではないかは分かるのかな。由紀子も辛いところ。

今週は松尾諭さんは木曜日に科捜研の女にも出演されていて、犯人かそうではないか、結構別れるんですよね。「科捜研の女」は普通に良い人で、らせんの迷宮では犯人でした。

【ネタバレ】らせんの迷宮ドラマ第5話~神保は“白骨の遺言”の謎をとく
2021年11月12日(金)夜8時『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第5話のあらすじとネタバレになります。 原作は小学館ビッグコミック増刊号で連載された人気漫画作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』です。 ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました