【ネタバレ】ラジエーションハウスドラマ2第1話~天才放射線技師唯織が帰国

ラジエーションハウス2

月9フジのドラマ、2021年10月4日(月)夜9時スタート『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第1話のあらすじとネタバレになります。

2019年4月に窪田正孝さん主演の『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編になります。現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作です。

シーズン1の振り返り~主人公・五十嵐唯織(窪田正孝)は、“写真には必ず真実が映る”、と信じる診療放射線技師。ずっと思いを寄せていた幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。医師免許も持つ唯織は、その天才的な読影能力を発揮し、“ラジエーションハウス”の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救う。唯織は、渡米を決意し、仲間たちに別れを告げた。杏は、そんな唯織に「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。だから…必ず戻ってきてください」と約束する――。

いわゆるレントゲンやCT画像をみて他の医者では見つけられない病気の元を唯織は鮮やかに見つけてしまいます。シーズン1はドはまりしてみてました。良いドラマです。

見逃し配信はFODでご覧になることができます。ラジエーションハウス1も見ることができます。

FODプレミアム

第1話からの視聴率の推移はこちらです。

第1話                  
11.3%                  

 

スポンサーリンク

ラジエーションハウス2第1話ネタバレ

2年ぶりに五十嵐伊織がアメリカから戻ってきたが、甘春総合病院は様相が変わっていた。院長だった大森渚(和久井映見)は医師として戻り、新院長の灰島将人(高嶋政宏)は合理化が第一で読影はすべて外部の「遠隔画像診断センター」に委託してしまい、ラジエーションハウスも規模が縮小されていた。

ヴァイオリニストの宝生真凛(田中みな実)がリサイタル中に倒れるという事態が起きる。五十嵐がMRIを撮ると進行性の脳梗塞が見つかった。

妊娠中の森迫由美(森カンナ)の股関節MRI画像を撮ると骨髄浮腫という妊娠後期にみられる症状だった。そんな中、由美が出血し倒れてしまう。赤ちゃんを取り出したあと、IVRで止血する必要がある。杏が五十嵐を制し自ら行い止血に成功した。

小野寺(遠藤憲一)は認知症予備軍だと診断されていたが、五十嵐は小野寺の目が震えていることから頭部を造影剤をつかったMRI検査するとウェルニッケ脳症でビタビンB1が不足していたのが原因だった。

ラジエーションハウスにかつての五十嵐、たまき、軒下、威能、悠木が戻ってきた。

そして最後に杏も戻ってきた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ラジエーションハウス2第1話あらすじ

その約束から2年後――。プロジェクトが一段落した唯織は、日本に帰国し、甘春総合病院への復帰を望んでいた。だが、甘春総合病院は、院長だった大森渚(和久井映見)の後を引き継いだ新院長の灰島将人(高嶋政宏)が病院の合理化を実施。「放射線科医はいらない」と言い出し、読影はすべて外部の「遠隔画像診断センター」に委託してしまう。

それに伴い、ラジエーションハウスも規模が縮小され、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は、甘春総合病院を辞め、それぞれ別の病院などに転職していた。

そんなある日、ヴァイオリニストの宝生真凛(田中みな実)がリサイタル中に倒れるという事態が起きる。客席にいた灰島は、彼女を甘春総合病院へ救急搬送することに…。

しかし真凛の精密検査の結果は原因不明だった。左手に力が入らない症状は改善されない。

一方、裕乃(広瀬アリス)は、最近様子がおかしかった小野寺が認知症予備軍と診断されたことを知り、たまきや軒下らに助けを求める。小野寺が今まで通りに仕事を続けていくためには周りのサポートが必要、と考えたからの行動だった。しかし、たまきたちの反応は冷たく……。

同じころ、唯織は、杏の父親でもある元院長の甘春正一(佐戸井けん太)を訪ねていた。そこで唯織は、杏がすでに甘春総合病院にいないことを知る。

スポンサーリンク

唯織と杏の再会

仕事を終えて帰路についた杏は、妊娠中の森迫由美(森カンナ)が腹痛に襲われ苦しそうにしているところに遭遇する。由美は、かつて五十嵐たちがその命を救った世界的な写真家・菊島亨(イッセー尾形)の娘だった。そこに唯織が現れ、一緒に甘春病院へ搬送する。

久しぶりに五十嵐は甘春病院を訪れるが、ラジエーションハウスは真っ暗だった。そして杏も違う施設で読影だけしていることを伝える。

さっそく森迫由美の股関節のMRI画像を撮ると骨髄浮腫という妊娠後期にみられる症状だった。そんな中、由美が出血し倒れてしまう。赤ちゃんを取り出したあと、IVRで止血する必要がある。杏が五十嵐を制し自ら行い止血に成功した。

スポンサーリンク

医者の免許を持っているレントゲン技師の再来

五十嵐は宝生真凛の症状は脳梗塞の前触れだと指摘するが、灰島は否定するが唯織は適切な画像がなければ判断できないと自ら撮る。

ワレンベルク症候群だった。延髄に発生する脳梗塞の一部だった。

一方、五十嵐は小野寺の頭部を造影剤をつかったMRI検査するとウェルニッケ脳症だった。ビタビンB1が不足していたのが原因だった。

ラジエーションハウスにかつての五十嵐、たまき、軒下、威能、悠木が戻ってきた。

そして最後に杏も戻ってきた。

スポンサーリンク

ラジエーションハウス2相関図とキャスト

公式の相関図になります。

スポンサーリンク

キャスト紹介

五十嵐唯織(いがらし・いおり)・・・窪田正孝

主人公の天才放射線技師

甘春杏(あまかす・あん)・・・本田翼

父親が院長を務めていた甘春総合病院の放射線科医で、窪田さん演じる唯織に人知れず思いを寄せる持ち前の努力で成長を遂げた若手放射線技師

広瀬裕乃(ひろせ・ひろの)・・・広瀬アリス

唯織にひそかに恋心を抱いている。

軒下吾郎(のきした・ごろう)・・・浜野謙太

脳のMRI検査が得意で、いじられキャラの中堅放射線技師

威能圭(いのう・けい)・・・丸山智己

Ai(死亡時の画像診断)が得意で、ナルシストの中堅放射線技師

悠木倫(ゆうき・りん)・・・矢野聖人

ややコミュ障気味ですが、医療機器の“メカヲタク”の放射線技師

黒羽たまき(くろはね・たまき)・・・山口紗弥加

ドSでかなり毒舌ですが仕事はとことん完璧を追求する中堅放射線技師

小野寺俊夫(おのでら・としお)・・・遠藤憲一

一見テキトーに見えながらも、仕事に対するプライド・技術はピカイチで、部下思いの放射線技師長

辻村駿太郎(つじむら・しゅんたろう)・・・鈴木伸之

父親が大手大学病院の教授で“ボンボン”のイケメン整形外科医

鏑木安富(かぶらぎ・やすとみ)・・・浅野和之

院長になることが目標で、地位と名声をほしがる副院長

大森渚(おおもり・なぎさ)・・・和久井映見

“ラジハ”メンバーのよき理解者で、甘春総合病院の前院長

ラジエーションハウス2第1話感想

ラジエーションハウス1で、五十嵐がアメリカ留学するときに杏と交わした2年前の約束「あなたが手だしできないぐらい優秀な放射線科医になります」でしたよね。2年はあっという間ですね。

肩が痛い、腰が痛いと病院へ行ったとき、必ずレントゲン撮りますよね。もしその画像で見えてないものがあったら治療にもならないし、医者の腕次第と思っていたのですが、技師の方達の才能のおかげなんですよね。医者はリモートで診断できるけど技師の人達は、患者と向き合って対応してくれる。やっぱり医療関係者の方達は尊いです。

全員またラジエーションハウスに戻ってきました。五十嵐は相変わらずキレキレで杏はとてもかわいいです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】ラジエーションハウス ドラマ2第2話~12歳の小学生の病気とは?
月9フジのドラマ、2021年10月11日(月)夜9時『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじとネタバレになります。 第1話では前作のメンバーが全員ラジエーションハウスに戻ってきました!やっぱり仲間は大事ですよね...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました