【ネタバレ】推しの王子様第4話~航は初給料何に使う!?

推しの王子様

2021年8月5日『推しの王子様』第4話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”のように、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくドラマ・オリジナルストーリーです。

相関図とキャストの詳しい役柄の紹介はこちらの記事をご覧ください。

【相関図】推しの王子様~キャストの紹介
2021年7月15日放送スタートの『推しの王子様の相関図とキャストの紹介です。 このドラマは、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”のように、まばゆいほどの胸キュンと...

第3話のあらすじはこちらをご覧ください。

【ネタバレ】推しの王子様第3話~航は限界?ランタンの目的は何だ!?
2021年7月29日『推しの王子様』第3話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”のように、まばゆいほどの胸キュン...

視聴率の推移はこちらになります。

第1話 第2話 第3話 第4話            
6.0% 5.0% 4.1% 4.4%            

見逃された方はFODで見る事ができます。トライアル期間がありますよ!

FODプレミアム

スポンサーリンク

推しの王子様第4話ネタバレ

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作の乙女ゲームに関して、十蔵(船越英一郎)の会社『ランタン・ホールディングス』から出資を受けられることになり、士気が上がる。

その中で、芽衣(徳永えり)は、早退して推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くために必死になっていたが、そんな推しに熱愛が発覚しそして結婚、引退することになった。推しに裏切られた気分が拭えず、千秋楽も行かないと言い出し・・・

航は初めて給料をもらい全額引き落としてしまう。

ある日、航は泉美に付き合って出かけるがギャラリーで開催されている絵画展に興味を持った。幼馴染の杏奈によると航は中学のとき絵を描いていて美術部だったと分かる。
 
芽衣は泉美に説得され三上の千秋楽をみて元気になった。

航は幼馴染の杏奈に誘われて夜ごはんを一緒に食べ、その帰り杏奈にずっと好きだったと告白される。

くわしいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

推しの王子様第4話のあらすじ

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作の乙女ゲームに関して、十蔵(船越英一郎)の会社『ランタン・ホールディングス』から出資を受けられることになった。士気が上がり、プロトタイプの制作にも力が入る有栖川(瀬戸利樹)らスタッフたち。

その中で、芽衣(徳永えり)は、早退して推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くため、物凄い勢いで仕事を片付けている。チケットを取るために、普段から善行を続けて徳を積んでいるという芽衣は、全公演を見に行く予定だという。その思いに共感し、“推し活”も推奨している『ペガサス・インク』の社風に改めて魅力を感じる杏奈(白石聖)。だが、航(渡邊圭祐)だけは、同じ内容なのに金がもったいない、と、いまひとつ芽衣の思いが理解できないようすで……。

その夜、航は、振り込まれたばかりの初めての給料を全額引き出して帰宅する。だが航は、特に欲しいものがあるわけでもないらしい。初めての給料を何に使ったのか、と問われた泉美は、覚えていないと返しつつ、推しができてから金の使い方が変わった、と答える。泉美は、金の使い道は物質的なものだけではなく、形に残らなくても価値があるものもあるし、航も夢中になれるものが出来たら変わるかもしれない、と告げた。だが、どうにもピンとこない様子の航。
 
ある日、泉美が勉強のために休日を利用して舞台やコンサートを見に行くと知った航は、同行することにする。そんな中、泉美は、とあるギャラリーで開催されている絵画展に興味を抱き、立ち寄ろうとした。だが航は、何故か足が止まってしまい……。
 

スポンサーリンク

航は絵に興味をもつ

そんな中、、芽衣の推し三上悠太に熱愛が発覚し、結婚して引退することに。。。芽衣は落ち込み仕事もミスしてしまう。

杏奈によると航は中学のときに絵がうまくて美術部だった。どうして絵を描かくなったのか?泉美は聞くが答えない。高校1年のときに離婚し父親についていったが、父親は1年後再婚したのをきっかけに東京に来たが、何も変えられなかった。絵を描く余裕なんてない。

三上悠太の舞台の千秋楽、芽衣はやっぱり裏切られた感があっていけないはずだった。泉美は「推しがいたから幸せな時間があったじゃない?その時間を否定しないで」芽衣は千秋楽に向かった。

そして航が芽衣の代わりに絵のデッサンをおこない光井に採用される。久しぶりに絵を描いたら楽しかった。。。航は初めてのお給料でケーキを買って泉美にお礼する。

芽衣は三上の千秋楽をみて元気になっていた。

航は幼馴染の杏奈に誘われて夜ごはんを一緒に食べ、その帰り杏奈にずっと好きだったと告白される。

スポンサーリンク

推しの王子様相関図とキャスト

相関図はこちらです。

 

日高 泉美・・・比嘉 愛未
五十嵐 航・・・渡邊 圭祐
光井 倫久・・・ディーン・フジオカ
古河 杏奈・・・白石  聖
渡辺 芽衣・・・徳永 えり
有栖川 遼・・・瀬戸 利樹
小原 マリ・・・佐野ひなこ
織野洋一郎・・・谷  恭輔
藤井  蓮・・・藤原 大祐
水嶋 十蔵・・・船越英一郎

スポンサーリンク

推しの王子様第4話感想

推しのために活動するために『推しごと』って言うそうです。初めて知りました。第4話は「推しとは!?」でしたね。たしかに推しがあれば夢中になって人生が豊になった気分になるのは分かります。チケットをたくさん買って全国にコンサート行ったり、そのお金を稼ぐために食べるものは質素だったりと。。。やっぱり推しがいるのといないとでは、違うかなと思います。

それにしても航はだんだん社会人っぽくなってきましたね。一度注意したことは習得しているようですから、これからどんどん『ケント様』に近づいていくように思います。

光井は泉美に片思いしているっぽいですね。航に嫉妬しているのがわかります。そして幼馴染の杏奈が航に告白してますから、典型的な恋愛パターンになってきました(笑)

第5話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】推しの王子様第5話~航は好きの気持ちがわからない・・・
2021年8月12日『推しの王子様』第5話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”のように、まばゆいほどの胸キュンととも...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました