【ネタバレ】NHKオリバーな犬第1話~警察犬係の青葉とオリバーの事件簿

2021年スペシャル

2021年9月17日(金)夜10時から『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ!』第1話あらすじと放送後にネタバレを追加します。このドラマは、オダギリジョーさんが脚本・演出を手掛ける初めての連続ドラマです。9月17日、24日、10月1日の全3回放送されます。

ストーリーは、警察犬係の主人公と相棒の警察犬が事件に挑む姿とともに、謎めいた町で繰り広げられる様々な人間模様になります。

スポンサーリンク

オリバーな犬、このやろう~第1話あらすじ

鑑識課警察犬係に所属する警察官で、この物語の主人公である青葉一平(池松壮亮)と、彼の相棒である警察犬オリバーが次々と発生する不可解な事件に挑んでいくのだが、様々な思惑が入り乱れ・・・。ある日、いつものようにオリバーと朝のトレーニングを終えた一平。出勤すると、先輩である漆原(麻生久美子)から、優秀なオリバーの足を引っ張らないよう釘をさされてしまう。

一平が所属する狭間県警の鑑識課警察犬係は、課長(國村隼)以下、同僚で同じハンドラーのユキナ(本田翼)と、後輩の三浦(岡山天音)がメンバーだ。そんな彼らのもとに、出動の要請が。

漆原のおばあちゃんがオレオレ詐欺にあってしまった。漆原、ユキナ(本田翼)は警察犬ラッキー、そして青葉はオリバーを連れて自宅へ行く。

身辺を調査すると、『エロいの、きているぞ。。』鼻炎なのにオリバーが探し当てたのは木の下に埋まっていた缶からの中に拳銃だった。一方ラッキーは犯人が立ち寄ったコンビニを見つけたと思ったが違った。ユキナはショックを受ける。

裸足のチョウスケ(榎本明)に聞きにいくが、「押忍」しか言わないが地図みたいのを書く。青葉はオリバーとともにその地図にあるマンションに行くと美人でボインの女性が出てきた。後をつけてみるとバーのホステスだった。オリバーはホステスの1人が詐欺の受け子だと青葉に教える。ホステスのロッカーを探ると白い粉と預金通帳等が見つかる。

そのバーは半グレがバックにいてホステスに詐欺まがいなことをさせていた。オリバーの大金星!!しかし青葉だけは単なる偶然だと見抜いていた。

11年前に失踪した女児・北条かすみの事件を追い続けているフリーの記者・溝口(永瀬正敏)は、狭間県を牛耳るヤクザ「関東明神会」の若頭、龍門に会いに行く。

スポンサーリンク

オリバーな犬、このやろう~キャスト

公式の発表です。

青葉一平(池松壮亮)

大学の同期からすすめられた警察犬の漫画に影響を受け鑑識課のハンドラーに。 もてあますほどの正義感にあふれているが、よく空回りする。相棒は伝説の警察犬の血を引くオリバー。

溝口健一(永瀬正敏)

11年前に失踪した女児の事件を追い続けているフリーの記者。どうやら漆原とは深いつながりがあるようで…

漆原冴子(麻生久美子)

一平の上司。仕事のできる女(自称)。仕事そっちのけで、隙あらば職場で前髪を切っている。警察犬係のムードメーカー。

柿崎ユキナ(本田翼)

一平の同僚のハンドラー。相棒の警察犬ラッキーとの絆は深い。マイペースな一方、一平×オリバーコンビのよきライバル。

スポンサーリンク

三浦(岡山天音)

一平の後輩ハンドラー。物事を冷静かつ、合理的に考える現代っ子。

タイトルとURLをコピーしました