【ドラマスペシャル陰陽師2020年感想】佐々木蔵之介の呪(しゅ)が見どころ!

単発スペシャル

2020年3月29日にドラマスペシャル陰陽師がテレビ朝日で夜9時から2時間枠で放送されました。あらすじ・ネタバレを追加します。

やっぱり陰陽師は奥が深いですね。いまから1000年前はいまでいう国家公務員のように存在していた陰陽師。安倍晴明はやっぱり特別な陰陽師だったのですね。源博雅を市原隼人さんも佐々木蔵之介さんも平安時代の衣装がとても似合ってました。

もう少し安倍晴明の呪をかけるシーンがたくさんあってもよかったなぁと思いました。

この記事はドラマのあらすじ・ネタバレ・陰陽師道についての簡単な説明を紹介しています。

スポンサーリンク

【ドラマスペシャル陰陽師2020年3月29日】あらすじ・ネタバレ

陰陽師の安倍晴明(佐々木蔵之介)と友人の源博雅(市原隼人)は、“盗らずの盗賊”の話を肴に、酒を酌み交わしていた。博雅によると、夜中に小野好古おのよしふる(川野太郎)の屋敷に、白い被衣(かつぎ)をまとった女と黒覆面の男たちが押し入り、「雲居寺の浄蔵(寺田農)からの預かりもの」を捜し回ったあげく、何も盗まずに去っていったという。

平貞盛の顔に人の目玉が・・・

二人がその不思議な話に首をひねっていると、そこに晴明の兄弟子にあたる賀茂保憲(橋本じゅん)がやってくる。保憲は、20年前の平将門の乱の際に、手柄をあげた平貞盛たいらのさだもり(酒向芳)の顔にあるひどい瘡(かさ)は誰かに呪われたもののような気がするので、様子を見てきてほしいと頼みにきたのだ。

貞盛の屋敷を訪れ、医者の祥仙(升毅)と助手の如月(剛力彩芽)から説明を受けた晴明と博雅は、目の当たりにした貞盛の瘡に衝撃を受ける。晴明が額に手を当てると、その瘡の隙間から目玉が現れる。目玉は「医者や陰陽師がこの傷を治せるわけない」とつぶやく。

晴明は博雅に、あれは瘡ではない、貞盛は何者かに乗っ取られ始めていると語る。

平将門と敵対していた人が狙われている

小野好古、平貞盛、俵藤太はみんな平将門に敵対していた者ばかりだた。 とはいえ、将門は20年前の平将門の乱で没している。20年前の謀反だった。将門は自分を新皇と名乗った。元来は欲のない気性のない男だった。

藤太は、名刀黄金丸を持っていた。この刀は平将門を切った刀であり20年の間ふさがらないとされている刀だった。

スポンサーリンク

将門の灰が盗まれていた

雲居寺の浄蔵から、過去に将門の首を2カ月もの間焼き続けた灰を何者かに盗まれたという話を聞いた晴明は、白い被衣の女が探しているのがその灰で、将門を復活させるために必要なものだと確信する。半分は盗まれたが、一握りの灰は浄蔵がもっていた。

20年前、将門は興世王に操られていた。愛妾の桔梗が殺されていた。将門はその恨みも藤太にぶつけて亡くなった。

小金丸で刺された将門は20年後、傷がふさがり復活した

小金丸できられたきずは20年ふさがらない。しかし20年後のいま傷がふさがり生まれ変わせることができる。

貞盛が屋敷からいなくなった。瘡はよくなったとどころか、どんどんひどくなっていた。

医師の祥仙も助手の如月も姿を消していた。

清明は呪をかけ貞盛の居場所をみつけた。

貞盛の顔が将門の顔に変わった理由は!

医師の祥仙は興世王だった。如月も興世の仲間だった。19年前、清明は如月に会っていた。そのとき鬼たちが運んでいたがのが将門の体だった。

如月は将門のご息女、瀧子だった。「桔梗殿の娘瀧夜叉なり、藤太よ、父のみならず、母までも、我が一族を滅ぼした恨みを晴らしてやる。」鬼の形相になっていた。

19年間の間、祥仙が貞盛の顔に塗りこんでいたのは将門の灰だった。外法の術をかけていた。

スポンサーリンク

新皇・将門が復活した!

平将門の首がくっつき、復活した将門

「我らが新皇よ。よみがえった。」瀧子は喜ぶ

藤太は清明にいままで誰にも言わずにいたことを打ち明ける。

「将門が蛇が森へむかった。桔梗殿は将門の後をつけた。呼んでいたのは殺された妻と子供の名前。抱いていたのは妻と子供の骨。その骨を食らっていた。7日通ったあと、体に活力がやどり、将門は生きながら鬼になった。死霊でも生霊に」

清明は興世王は蟲毒を行ったのではないか?興世王は共食いさせた可能性がある。将門という最強の式神を作った。

瀧子を殺す興世王

興世王は蟲毒はまだ完成していない。完全なる形になるために瀧子姫を殺す必要があった。

そしてよみがえった平将門

将門と藤太が戦っている。

笛を吹く博昌

瀧子は将門に「あなたは騙されている。あの夜、母様を切ったのは、興世王、興世王はあなたに呪をかけ藤太が殺されたと騙していた」

瀧子姫を刺す興世王、これで興世王のかけた蟲毒が出来上がってしまった。

清明が藤太の小金丸に将門の骨の粉をまき将門を元の姿にする。

将門は興世王を斬った。

昔の将門の姿に戻った将門は瀧子と一緒にまた森の中へ消えた。

おわり

スポンサーリンク

【ドラマスペシャル陰陽師2020年3月29日】キャスト

メインキャストのみのご紹介になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
安倍晴明(あべの・せいめい)佐々木蔵之介
式神を操り、怨霊をはらう陰陽師。中世・陰陽道の第一人者で、母が稲荷のキツネの化身といわれている。人と交わることを好まず、名声も望まない。式神と戯れる以外では、源博雅が唯一の友人。その博雅に誘われて内裏に赴いた際に、陰陽道を用いて怨霊退治をした力を見込まれ、天文・暦・時などを管理する役所・陰陽寮に召喚された
 
 
 
 
 
 
源 博雅(みなもとの・ひろまさ)市原隼人
晴明が“人間”の中で、唯一心を許しているよき相棒。醍醐天皇の孫だが、臣籍に下り、源氏を名乗っている。武家の出でありながら、武芸よりも風雅を好む笛の名手。まっすぐで邪気のない人柄が晴明にやすらぎを与え信頼を得ているのだが、博雅本人は晴明にからかわれているような気がしている。瘡を患う平貞盛の元を訪れた際、美しい如月にひとめぼれする。
 
 
 
 
 
 
 
如月(きさらぎ)剛力彩芽
19年前から原因不明の瘡(かさ)に苦しむ平貞盛の治療を担当している医者・祥仙の助手。美しく、凛としていながら、優しい雰囲気もあわせもつ。その一方で、複雑な事情と深い闇を抱えている。
 
 
 
 
 
 
 
 
蘆屋道満(あしや・どうまん)竹中直人
陰陽師で、晴明と互角の力をもつ修験者。藤原氏に強い恨みを抱いている。朝廷が陰陽道ばかり用いることにも恨みを募らせており、何かと言うと晴明と敵対する。退屈しのぎで人をからかう一面も。

陰陽師と陰陽道とは・・・

さて「陰陽師」ですが、平安時代(令和2年から約1000年前)に実在してます。今でいう『国家公務員』だったのです。国が管理している公式な職業でした。

【陰陽道】は、陰陽五行思想とその他の『天文、暦、時、易』などの自然観測が合わさって、自然界の変化から人間界の吉凶を占う技術のことだそうです。その陰陽道に通じた人物を【陰陽師】と呼ぶようになりました。安倍晴明はその陰陽師の有名な実在する1人だったのです。

陰陽五行思想とは、万物は『火、水、木、土、金』の5つから構成されていて、さらに万物は『陰と陽』に分類できるという【陰陽思想】と合わせた思想のことです。

陰陽師は天文観測などから、人間界の吉凶を読み解く『占い師』的な存在で、なんと明治維新後まで存在していたそうです。

陰陽師は『不思議な力を持つ術者』で描写されることが多いですね

スポンサーリンク

陰陽師の呪術①九字

おそらく、今回のドラマの安倍晴明(佐々木蔵之介)もこの九字を手で唱えて空気を切るはずです!手で印を結びながら唱えるのが九字印。あらゆる厄災から身を守る最強の印です。

この九字を唱えるだけで、結界をはる事ができて自分自身の身を守る事ができたのです。九字の漢字とは以下の事を表します。

「臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前(りんびょうとうしゃかいじんれつざいぜん)」

出典:wikipedia

陰陽師の呪術②式神

陰陽師の呪術の中でも有名なのが「式神符」のようです。

「式」は用いるという意味で、「式神」は神を用いるということだそうです。陰陽師の召喚に応じて神が無生物のものに宿り、指示に従うとされています。

人形に模した紙に呪文を唱えてそっと息を吹きかけるという秘儀により魂が宿ります。鬼神などを召喚する事で陰陽師の思い通りに動いてくれます。

 

陰陽師の簡単な基本知識を紹介しました。呪術かける佐々木蔵之介さんが楽しみですね。

【ドラマスペシャル陰陽師2020年3月29日】感想

1000年前の平安時代、本当にあんな世界だったのかなぁと不思議になりますね。陰陽師は魔法がつかえる人達ですよね。奥が深いです。明治維新前までは陰陽道があったらしいのでそれだけ長く続いてきたということは実際に権力を持っている人に受け入れられてきたんでしょうね。

佐々木蔵之介さんは魔術を扱う安倍晴明を浮世離れした、つかみどころがない感じで演技されてました。呪をかけるところはばっちり決まってました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました