【ネタバレ】オールドルーキー第4話~新町はJリーグの加入テストを受ける

オールドルーキー

2022年7月24日『オールドルーキー』第4話のあらすじと放送後にネタバレと感想を追加します。

このドラマは主人公・新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)は、底抜けに明るく、サッカーに人生をかけてきたプロサッカー選手。”記録より記憶に残る男”だった。しかし37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう。サッカー以外のスキルが全くない新町に襲いかかる「現実」――。

夢が破れてもなお、自分をあきらめず、自らの人生を生きようとするストーリーです。主演を演じるのは綾野剛さんでサッカーをプレイするのも初めてとの事です。

相関図とキャストの紹介はこちらのサイトをご覧ください。

37歳というのが絶妙ですね。セカンドステージをどのように新町亮太郎がつくり上げていくのか楽しみです。

第3話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】オールドルーキー第3話~日本マラソン界のエースを復活できるか?
2022年7月17日『オールドルーキー』第3話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは主人公・新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)は、底抜けに明るく、サッカーに人生をかけてきたプロサッカー選手。”記録より記憶に残る男”だった。...

スポンサーリンク

オールドルーキー第4話あらすじ

公式の発表になります。

新町(綾野剛)は、未だに現役への未練が捨てられず毎日ランニングをしていた。その未練は日に日に募っていた。
そんな新町の姿を見ていた妻の果奈子(榮倉奈々)は、ある行動に出る。
そんな中、「ビクトリー」では梅屋敷(増田貴久)が横浜DeNAベイスターズ2軍選手の北芝謙二郎(板垣瑞生)に、マネージメント契約が間もなく終了することを告げていた。
北芝はベイスターズに入団して6年目を迎えたが、ずっと2軍のまま。まだ24歳だが、待っていたのは今季限りでの戦力外通告だった。
あっさりと北芝を見限ろうとする梅屋敷にいたたまれなくなった新町は、北芝の最後のマネージメントを名乗り出る。
そして、彼と接するうちに、新町はある決意を固める。それは、自身の現役復帰。
家族の理解も得て、新町は動き出す。
そんな中、Jリーグの1チームだけ加入テストを受けさせてくれるという話が持ち上がり、新町はラストチャンスに挑むべく向かう。果たして・・・?

 

オールドルーキーキャスト

新藤亮太郎・・・綾野 剛   ビクトリー・社員/元サッカー日本代表

深澤塔子・・・芳根京子  ビクトリー・社員

新藤佳奈子・・・榮倉奈々  亮太郎の妻

城 拓也・・・中川大志  ビクトリー・社員

高柳雅史・・・反町隆史  ビクトリー・社長

梅屋敷聡太・・・増田貴久  ビクトリー・社員

葛飾五郎・・・高橋克実  ビクトリー・社員

糸山留美・・・生田絵梨花   果奈子の妹

真鍋かほり・・・岡崎紗絵   ビクトリー・社長秘書

新町 泉実・・・稲垣来泉   亮太郎の長女

新町明紗・・・泉谷星奈

オールドルーキー第4話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました