【ネタバレ】桶狭間~織田信長覇王の誕生~市川海老蔵親子3人初共演

2021年スペシャル

2021年3月26日夜9時から放送の市川海老蔵主演のスペシャルドラマ『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』のあらすじとネタバレになります。

このドラマには海老蔵さんのお子様、堀越勸玄君と市川ぼたんちゃんも出演します。親子三人、映像作品では初共演はこちらのドラマが初めてになります。十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画となりますが超豪華な共演者とともに、海老蔵さんが織田信長をどのように演じるのか必見です。

『桶狭間の戦い』は、とても有名な話ですが、1560年(永禄3年)織田信長軍はわずか2千の兵で、今川義元の2万の大軍を打ち破ったのが、「桶狭間の戦い」です。この戦いによって織田信長は戦国の表舞台に立っていきます。

今川義元役に三上博史さん、信長の正室・濃姫役に広瀬すずさん、堀田道空役に竹中直人さん、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)役中尾明慶さん、信長の父・織田信秀役に北村一輝さん、柴田勝家役に松田龍平さん、信長の生母・土田御前役に黒木瞳さん、斎藤道三役に佐藤浩市さんが出演されます。

また信長の少年期・吉法師役を堀越勸玄くん!そして、濃姫の少女期・帰蝶役を市川ぼたんちゃんが演じます。二人にとっては初めての映像作品です。見どころ満載です。

スポンサーリンク

桶狭間織田信長『覇王の誕生』あらすじとネタバレ

1560年、清洲城。27歳の織田信長(市川海老蔵)が「敦盛」を舞っている。

同じ時、今川軍の先鋒・松平元康(後の徳川家康)は織田軍の砦(とりで)の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上博史)が織田家の領地・尾張を我が物にするべく、二万五千の大軍をもって進攻してきたのだ。

前夜、今川軍に対し籠城策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった五人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木瞳)に対して、濃姫(広瀬すず)は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。

信長は木下藤吉郎(中尾明慶)など信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田信長軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢とともに到着したが、その数は二千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。

津島道空(竹中直人)の口添えで美濃のマムシ斎藤道三と信長が会うことに。信長は道三の後ろ盾を得ることができた。

道三の息子が謀反をおこした。

今川義元の本陣は一体どこにあるのか?

中島砦では佐々と千秋が今川に乗り込み250の兵が全滅した。

スポンサーリンク

信長は義元を撃つ

そして戦の好機が訪れる。

藤吉郎が桶狭間に義元がいるのを確認した。

信長は、兵を二手にわける。柴田勝家は鎌倉から桶狭間山の上へ回り込むよう命令し、小平太には、「桶狭間に着いたら種子島を鳴らせ!それが合戦の合図だ。種子島を濡らすのではないぞ!」

信長は善照寺を出て、中島砦へ向かった。

一触即発になったとき、大雨に!!信長はこの雨を待っていた。雷が落ち、大粒の雨は足音を揉み消す。今川義元はこの雨は信長をいさめていると言うが、逆だった。

義元ら信長本陣を見逃した、その瞬間、小平太が銃で本陣を撃つ。そして信長勢が攻め入った。

信長と義元が対峙する。

信長が勝つ

スポンサーリンク

桶狭間織田信長覇王の誕生・相関図

相関図はこちらになります。

 

桶狭間織田信長覇王の誕生・感想

市川海老蔵さんの織田信長、何もかも完璧だった。。というのが感想です。刀の所作もそうですが、謡(能?)や乗馬など、美しくて強い信長。誰もが惚れてしまいますよね。。信長は家臣の力を信じて自分の手柄は家臣のもの、理想の上司だったんですね。

印象に残ったシーンはいくつかあるのですが。まずは

斎藤道三と信長が初めて会う時、信長が正装して現れたのですが、うつけなんて、滅相もない感じです。

信長が義元を倒すところ。三上博史さんには悪いのですが、海老蔵さんの迫力はすごかったです。

信長のようなリーダーはこれからの日本に現れるのでしょうか?

広瀬すずさんはちょっと若い感じがしましたね。堀越勸玄君と市川ぼたんちゃんの2人ですが、セリフは結構難しくてまた長かったように思うのですが、しっかり演技していました。セリフも落ち着いて喋っていて、度胸が据わっているんですね~。すごいな。。。

桶狭間の戦いは、日本史上とても有名で誰もが結果が分かっていると思います。でも今回のようなドラマで再現というかドラマ化されると全然違った印象になりますね。

もう一度ゆっくりみたいと思います(笑)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました