【ネタバレ】おかしな刑事スペシャル25】武井の恋の行方と事件の犯人は!?

おかしな刑事シリーズ

最新作おかしな刑事・25作目が2020年12月24日夜8時から放送されます。あらすじとネタバレになります。

このドラマは、主人公の鴨志田刑事は警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らないという設定です。

2020年は1月、7月、9月に放送されています。ネタバレ記事はこちらになります。

おかしな刑事シリーズ | 刑事ドラマWalkers (arafifblues.com)

スポンサーリンク

おかしな刑事25・ネタバレ

真実の司法修習生時代の友達である理沙子(真飛聖)を武井弁護士(正名僕名)に紹介するところから始まった。

事件は70歳の1人暮らしの老人・三枝が何者かに殴られる。その犯人はなんと理沙子だった。

理沙子は三枝に弱みを握られてしまいずっと脅されていた。一方、タクシー運転手の女性が、息子をかばって一旦罪を自供するが、三枝が遺言書で自分にも分け前がもらえることを知って自供を翻がえした。

スポンサーリンク

おかしな刑事25・あらすじ

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

ある夜、鴨志田が帰宅すると、真実が“オンライン見合い”の準備をしていた。といっても自身の見合いではなく、弁護士・武井昭一(正名僕蔵)に、友人・葉山理佐子(真飛聖)を紹介するのだという。理佐子も同じく弁護士だが、テレビ番組にも度々出演しており、法曹界のマドンナ的存在だった。なんと理佐子は武井が初恋の相手に似ていると話し、唖然とする鴨志田

一人暮らしの老人・三枝信介が殺害

そんなとき、鴨志田の携帯電話に殺人事件発生の知らせが入る。自宅リビングで撲殺されていたのは、ひとり暮らしの75歳男性・三枝信介(目黒祐樹)。三枝は数年前まで複数の飲食店を経営していたが、現在は引退。最近ではほとんど自宅から出ない暮らしを送っていたらしく、個人タクシー運転手・成田忍(三輝みきこ)が頼まれた品物を購入して届けていたという。

現場には割れた花瓶と“エニシダ”という花が散乱しており、凶器は花瓶に間違いないと思われたが、花瓶に入っていたはずの水がどこにもこぼれていないのが謎だった。

刑事たちは第一発見者であり、被害者の3番目の妻・綾見(林田麻里)を疑う。綾見と三枝は半年前から別居していたが、事件の夜、彼女はなぜか三枝のもとを訪ねていたのだ。だが、鴨志田らが事情聴取に当たっていると――なんと理佐子が颯爽と登場。理佐子は、綾見は被疑者には該当しないと主張し、刑事たちをあざやかに論破する。

そんな中、三枝とタクシー運転手の忍がモメていたという目撃証言が浮上。さらに、忍が被害者のクレジットカードを無断で使い、10万円を引き出していた事実も発覚する。その上、忍のタクシーからエニシダの花粉が検出され、疑惑は一気に忍に集中! 

シングルマザーの忍は、大学生の息子・拓海(中村冠太)の入学金などで生活が追い詰められてしまったと打ち明け、キャッシングの件についてはすでに三枝に謝罪していると告白。殺人は否認し続けていたが、取り調べを重ねるうちに犯行を認め、送検される。

スポンサーリンク

公判で忍は犯行を否認、弁護人は武井

 ところが第一回公判で衝撃の事態が起きる。検察側が、被害者の三枝には遺言書があり、自分の死後、土地建物を忍に譲ると書いてあったのだ。それを聞いた忍は突然、「自分は殺していない!」と一転して犯行を否認したのだ。忍の国選弁護人を務めていた武井は、がく然としそんな武井に理佐子が手を差し伸べる。理沙子は三枝の裏の顔を暴き、忍を無実にすると息巻いていた。

 一方、真実は、いわゆる“半グレ集団”の新たな犯罪手口を調べるよう上司に命じられる。最近、彼らはSNSなどで募ったアルバイト希望の若者に、空き巣などの犯罪行為を強要しているらしい。特殊詐欺が減っている中、空き巣は増えていた。半グレのリーダーは、星崎奏で、理沙子も別件でこのリーダーを追っていた。

第二回公判で、大崎刑事の手袋が使いまわししてことで、証拠の信ぴょう性が疑われてしまい、2週間の謹慎処分になってしまった。鴨志田は大崎を心配し自宅へいくと別居していることがわかった。そのころ真実は、三枝の再捜査を王子署に指示する。

スポンサーリンク

忍の息子・拓海は半グレに脅されていた

そんな中、空き巣にはいられた夫妻の死体が、奥多摩で見つかった。全身骨折していた。遺体の右手にはステンレスの破片が握られていた。似たものが忍のタクシーの中からも見つかっていた。

第3回目の公判、息子の拓海が真実を話す。車が必要なアルバイトをするためにカフェバーにいったが、死体を運ばされた。それが奥多摩で見つかった死体だった。異変に気付いた母親にすべて話したため、忍は息子を守るために嘘の自供をしていたのだった。

半グレの星崎奏が殺人の罪で逮捕された。しかし奏は、自分はただのパシリで上には上がいる。しかしその御大は最近殺害された三枝だった。家出少女を覚せい剤漬けにして風俗嬢にしたりAVに出演させたり、裏で手を引いていたのは三枝だった。

鴨志田は武井事務所にいき、3番目の妻・綾見(林田麻里)が拘束されたことを理沙子に伝える。理沙子は綾見のカバンから運転免許証をコピーしレンタカーしていた。

三枝を殺害したのは理沙子だった。理沙子は三枝に弱みを握られていた。それは土地の売買でお金を着服していたことだった。三枝は風俗嬢で働いて自殺した少女がいあことを絶対に許せなかった。

理沙子が逮捕され真実が号泣

理沙子は三枝を殺害してしまった。アリバイを証明するためにオンラインお見合いに参加した。人を救いたいと言っておきながら、自分を守りたかっただけだと鴨志田は叱咤する。

そして真実もまたもう少し警察を信じて待っててほしかったと。。。2人は号泣してしまう。

大崎刑事の奥さんは妊娠していた。そして自宅に戻る。

武井はまた振られてしまった。。。(というか利用されてた)しかし、理沙子の弁護人となる。

 

スポンサーリンク

おかしな刑事・スペシャル・メイン登場人物

鴨志田新一・・・伊東四朗

岡崎真実・・・羽田美智子

葉山理佐子・・・真飛 聖

武井昭一・・・正名僕蔵

坂下純次・・・小倉久寛

三浦由紀子・・・田島令子

工藤 潔・・・飯田基祐

大崎裕子・・・真瀬樹里

三枝信介・・・目黒祐樹
 

おかしな刑事25・感想

まさかの弁護士が犯人でした。それも真実の友人でした。なんとなく真飛 聖さんが出演されるのにただの真実の友人では終わらないよな~、犯人じゃない?と予想してました(笑)武井弁護士はなかなか恋が成就しませんが、真実と一緒な感じで、2人がくっつけば?とも思ってしまいます(笑)

半グレって最近の刑事ドラマには必ずお目見えしますね。やくざよりも怖い印象があります。でもSNSで高額なアルバイトを募集していて、もしお金に困っていたら、同じ1時間働くでも高額のほうがいいと思ってしまうのは人間の性。だけど犯罪がどこに隠れているか分からない世の中です。

お互い気を付けましょう。。。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました