【おかしな刑事2020・ネタバレ・感想】鴨志田と真実の前で人気マジシャンが劇中に毒殺される!

単発スペシャル

最新作おかしな刑事・22作目が2020年7月19日(日)あらすじとネタバレになります。

このドラマは、主人公の鴨志田刑事は警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らないという設定です。

マジシャンが毒殺される事件が発生しますが、背景にあるのは3年前の女子大生の殺害事件でした。しかしその犯人がなんとマジシャンの娘!!父親が殺害されて警察署にある霊安室にきた娘をみてちょっと異常だなって思ったのですが、当たってました。。。しかし犯人はまだ別にいたんです。くわしくはネタバレ記事をご覧ください。

前回が京都で豪華だったのですが、今回はしっぽりと王子の下町情緒があふれる2時間スペシャルでした。

23作目が2020年9月20日に放送されました。あらすじとネタバレ記事はこちらになります。

【おかしな刑事23京都スペシャル2ネタバレ・感想】真実はプロポーズされるが。。。
最新作おかしな刑事・23作目が2020年9月20日に放送されました。あらすじとネタバレになります。 前回が2020年7月19日(日)でしたので放送の回転が速いです。さすが人気作です。このドラマは、主人公の鴨志田刑事は警視庁東王子署の警部補...

 

スポンサーリンク

おかしな刑事スペシャル・あらすじ・ねたばれ

 鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

マジックショーでマジシャンが毒殺される

鴨志田は、姉小路行人の叔母・三浦由紀子(田島令子)と弁護士の武居昭一(正名僕蔵)に誘われて、地元・王子出身の人気マジシャン・我妻弘樹(宮本大誠)の公演を観に行くことに…。我妻はイリュージョンマジックでは日本で第一人者らしく、アメリカに進出するため今回の公演は地元での“さよなら公演”なのだという。

なかなかのプレミアチケットらしくドレスアップしたセレブたちでにぎわう会場の中で、鴨志田はバッタリ真実と遭遇。真実は、高校時代の後輩であるネットニュース記者・皆月純子(前田亜季)にチケットを取ってもらったという。

ところが、ステージのクライマックス、イリュージョンの最中に我妻が倒れ、そのまま絶命してしまったから会場は騒然! その後、死因は毒物による急性心不全と判明し、小道具の剣から微量のトリカブトが検出された。我妻は死の直前、その剣を飲み込んでみせるイリュージョンを披露していた。犯人は剣を触れる人物だと特定するが。。。

スポンサーリンク

防犯カメラに本宮の姿が・・・お金の無心をしていた

我妻の娘で大学生の玲奈(阿部純子)から、涙ながらに父を殺した犯人を突き止めてくれと頼まれた東王子署の刑事たちは、捜査に奔走。まずは我妻と共に出演しているマジシャンたちを疑うが、小道具はアシスタントにさえ触らせないほど徹底していた。

会場の防犯カメラ映像の中に、怪しい男の姿を発見する。その男は開演前に我妻の楽屋を訪ね、追い出されるようにして会場を去っていた。鴨志田は、その映像の男に見覚えがあった…。

毎月のように鴨志田が購入している、地元タウン誌“田端文士村通信”の編集長・本宮公一(石倉三郎)だったのだ。さっそく鴨志田は会いに行くが本宮はタウン誌への広告掲出を我妻に頼みに行っただけだと話す。ラスベガスに行くことをきっかけに援助を打ち切ると言われて交渉したのだった。

純子と本宮編集長は父娘だった

そんな中、純子が産業総務大臣・池谷昇(加納竜)の妻・良美(原久美子)と我妻の不倫関係を匂わせるネットニュースを発信し、世間の注目を集めていた。激怒した池谷から圧力をかけられた真実は、自分が責任を持って真実を明らかにすると宣言し、鴨志田とともに捜査を開始。池谷大臣は時期総理候補だった。

本宮と純子が実の父娘だったことを突き止める。本宮は3年前まで大手新聞社の社会部デスクを務めていたが、女子大生ストーカー殺人に関する誤報の責任を取って職を辞したことも判明。被疑者は西沢智也だったが、拘置所で自殺したためその事件は被疑者死亡で捜査されていない。

そしてその事件の被害者が、我妻の熱狂的なファンだった。

スポンサーリンク

3年前のストーカー事件との関わりは?

被害者は19歳の女子大生だった。公園から転落死していたが、わき腹に刺傷があった。我妻のファンだったが、2人はできていた。自分の娘と同じ歳の娘と付き合っていた。だが我妻にはアリバイがあった。大阪公演に出演していたたえ鉄壁のアリバイだった。

そしてストーカー西沢が逮捕された。逮捕の決め手は犯人で証拠となる戦利品を持っていた。

そのころ真実は純子に会って父親のことを確認する。純子は3年前の板橋の事件を真実に調べるよう提言する。

鴨志田と懇意している弁護士・武井は、加害者家族の支援をしているが、西沢智也のアリバイ探しに協力をしていた。

西沢は志望者の死亡推定時刻に公園で自転車に当て逃げされた年配の女性を助けたと供述したが年配した女性は見つからず西沢の作り話だと言われた。その後、その女性は見つかったが、西沢は拘置所で自殺した後だった。

捜査本部によると西沢は戦利品を持っており、それで逮捕に踏み切った。

3年前のネットで西沢を拡散した発信者は我妻だった

我妻を訪ねた理由は3年前のストーカー事件ではないか?と鴨志田は本宮にきく。

本宮は3年かけて板橋の事件直後、ネットで拡散された情報を調べていた。ネット世論に押される形で西沢を逮捕し毎朝がスクープした。西沢は無地を訴えるメモを残していた。

本宮の調べによると発端となる情報を流したのは我妻だった!そのことを問いただそうとして本宮は公演当日に我妻を訪ねた。

「どんなトリック使ったんですか!?」という問いに反応していたとの事。

スポンサーリンク

我妻は西沢智也のピアスをすり替えていた?

板橋北署にある調書を確認しにいく真実

逮捕の決め手となった西沢がもっていた戦利品はイヤリングだった。俺がしていたのはピアスだ!イヤリングじゃない!と証言していたが。。。

我妻のDVDをみている鴨志田と真実、ピアスをイヤリングにすり替えるのが我妻の持ちネタだった。客席からピアスの客をステージにあげて瞬時にピアスにすり替えるのが得意だった。しかし3年前からやらなくなったそうだ。

3年前我妻は西沢のピアスをイヤリングにすり替えていた?しかし我妻にはアリバイがある。

なぜ我妻はすり替える必要があったのか?

我妻の娘と被害者は同じ大学だとわかった純子だが拉致される

板橋の被害者と我妻の娘は同じ麗華女子大学だった。

そのころ純子は本宮の事務所を訪ねて、我妻の娘が麗華女子大だと知った。純子は我妻の自宅へ向かった。

純子は「あなたがいまつけているイヤリングは好美夫人もしている。お父様の手作りだとおっしゃいましたよね?3年前、西沢がつけていたイヤリングは事件当日被害者の女性がつけていたイヤリングと同じだった。」

玲奈「結衣のことは覚えてます。パパに近づいて。。。」

玲奈は純子に「この話の続きは仕事場でどうですか?」と案内した振りして部屋に閉じこめてしまう。

玲奈「あなたが初めてよ、アシスタント以外でここに入るのは」

純子をギロチン?の枠の中にいれようとするが、そこにピンポン誰かがきた。だれ!?

スポンサーリンク

玲奈に鍵を出すよう説得する鴨志田

訪ねてきたのは鴨志田と真実だった。「3年前の女子大生殺害事件で結衣のことを知ってますよね?」と聞くが、玲奈は「あまり話したことがないと伝える。」

真実は、「被害者の女性は父親の大ファンでレナがいましているイヤリングと同じものをしていたと伝える。」玲奈はイヤリングは市販されておらず手作りだった。父にできないことなんてありませんでした。と話すが。。。

真実はテーブルの下にスティック砂糖の純子が丸めたと思われるゴミが落ちていた。同じタイミングで本宮から鴨志田に「純子と連絡がとれない」と電話かけてきた。

この家に純子がいることを察知する真実

玲奈は父親を崇拝していた。「娘にとって父親は永遠の恋人ですよね?子供のころの夢はパパのお嫁さんだったな・・・」

鴨志田は玲奈に「鍵をだしなさい!」

純子を助け出す!

我妻麗奈は監禁容疑で逮捕された。

我妻は娘のためにピアスをイヤリングにすり替える技を封印

河村結衣を殺したのは娘の玲奈だった。玲奈は結衣が父親に近づくのが許せなかった。殺害後、父親にあの子は私が殺したと伝えた。

持って帰ってきた結衣がつけていたイヤリングを父親に見せると「これがあれば救えると」言ってくれた。そして西沢智也が逮捕された。

このことで我妻はピアスからイヤリングにすり替える技を使えなくしてしまった。

事件当日、我妻の車が軽井沢にいっていた。純子に軽井沢に心当たりがないか?聞くと池谷大臣の妻・芳美が軽井沢に毎月通っていた。

スポンサーリンク

我妻を殺害したのは純子の上司・橘

産業総務大臣・池谷昇の妻である良美は我妻と付き合っていた。かれは必ず別荘近くのお店でチーズやワインを買ってくれた。そのお店の防犯カメラを確認していると純子の上司の橘が映っていた。

「リレーアタック」車泥棒の手口だった。スマートキーのそばでデータを盗めばそれをリレーすれば離れたところから車を盗むことができる。誰かが我妻と接触していれば可能だ。

我妻と接触していたのは、純子の上司・橘だった。立花は3年前西沢智也が逮捕されたときのスクープ写真を撮った人物だった。

鴨志田は本宮の事務所に訪ねる。3年前の事件はやっぱり西沢智也が無実だった。本宮はあの事件は難航しており、本宮の部下がスクープ写真をとったため、目の前に判断を早まってしまった。

橘は我妻にそそのかされスクープ写真を撮った

我妻は「橘さん、あなたにスクープをとらせてあげましょうか?」ピアスからイヤリングのすり替えなんて簡単だ。

警察が智也を確保するところをカメラでとらえた。それが毎朝のスクープとなった。

それから3か月後週刊誌が冤罪を報じた。俺たちの報道が1人の男性を自殺に追い込んだ。本宮が退職した。

4か月前、橘は我妻に偶然あった。橘はようやく掴んだチャンスだった。3年前のスクープの捏造がバレルのが怖かった。しかし我妻がピアスをイヤリングにすり替えたのは橘ではなく娘のためだったと伝えると、知っていたらこんなことしてなかった!!と訴える。

スポンサーリンク

おかしな刑事・スペシャル・メイン登場人物

 

 

 

 

鴨志田新一(伊東四朗)

 

 

 

 

岡崎真実(羽田美智子)

 

 

 

 

武井昭一(正名僕蔵)

 

 

 

 

坂下純次(小倉久寛)

 

 

 

 

我妻弘樹(宮本大誠)

 

 

 

 

本宮公一(石倉三郎)

 

 

 

 

皆月純子(前田亜季)

 

 

 

 

池谷昇(加納竜)

おかしな刑事・まとめ・感想

かわいいおじさま3人組ですね。本宮さんと鴨志田さんと武井さんです。

マジックをしようとしています。昔真実が小さいとき、お誕生日パーティに鴨志田さんはマジック一式用意して真実を喜ばせようとして張り切ってましたが、事件が入ってしまいマジックはお蔵入りになってしまったというエピソードがありました。良い父さんですよね。

今回のドラマは昨年12月に撮ったのかな。。。カレンダーがあったのですが12月だったんです。コロナ渦の前だったのか後だったのかちょっと気になりましたが、マジシャンを殺害したのは記者の橘という男でした。でもそれまで冤罪事件とか、純子が女性に監禁させられるなど、ストーリーがたくさんあって絡み合ってましたので2時間あっという間でした。

今回もとても満足でしたーー。

スポンサーリンク

コメント

  1. I do not even know how I ended up here, but I thought this post was great.
    I don’t know who you are but certainly you’re going to a famous blogger if
    you aren’t already 😉 Cheers!

  2. Hello I am so glad I found your site, I really found you by
    accident, while I was browsing on Aol for
    something else, Regardless I am here now and would just like to say thanks a lot for a remarkable post
    and a all round exciting blog (I also love the theme/design),
    I don’t have time to look over it all at the moment but
    I have saved it and also added your RSS feeds,
    so when I have time I will be back to read more, Please do keep up the awesome work.

タイトルとURLをコピーしました