【ネタバレ】オー!マイ・ボス!最終回〜潤之助と奈未は最後はやっぱり!?

オー!マイ・ボス

2021年3月16日(火)『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』最終回のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
11.4 11.3 11.0 11.6 10.8 11.8 11.4 11.8
第9話 第10話            
12.0 13.2            

このドラマは、ファッション雑誌編集部を舞台に、”人並み”に甘んじる安定志向女子の鈴木奈未役を演じる上白石萌音は、超ドS級の鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係を任せられます。さらに子犬系御曹司・潤之介(玉森裕太)に出会ったことで自分の夢を見つけて前進していくというドラマです。洗練されたファッションはもちろん、華やかだけではない編集部のリアルな裏側も見どころです。

奈未のことを最初はバカにしていたけど次第に惹かれていく編集者中沢涼太役に間宮祥太朗さんが演じます。亮太と潤之介と奈未の三角関係に注目です。

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】オー!マイ・ボス!第9話~潤之介にプロポーズされた奈未の返答は?
2021年3月9日(火)『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第9話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 ...

見逃された方はPraviで見ることができます。無料期間がありますので是非お試しください。

Paravi

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~最終回ねたばれ

潤之介 (玉森裕太) と別れた奈未 (上白石萌音) は、極度の“潤之介ロス”に陥っていた。そんな中、MIYAVIは、次号の表紙となる予定だった写真がネット上に流出していることが発覚。トラブルを乗り越え新生MIYAVIのゲラが出来上がり、奈未は麗子に持っていく。

麗子は新刊号のMIYAVIをみながら泣いてしまう。かつて父親に反対されたがファッションの道に進んだときのことを思いだす。そして麗子がMIYAVIの編集長にカムバック

奈未は潤之介に連絡し、1日だけ私の彼氏になってください、フリでいいので。。と誘い、奈未は潤之介にレンタル倉庫に連れていく。個展で飾ってあった写真がたくさんあり、「夢に蓋をして笑えなくなってしまったら意味がない。あなたの笑った顔が大好きです」伝える。

MIYAVIが落ち着き、麗子は退職届を副社長に出す。これからは好きな雑誌を作っていく。副編集長に「あなたを頼らせてください。私を支えてください。」悪魔の微笑みをしながら告白

そして潤之介はカメラマンとしてカンボジアへ行くことに。編集部にきた潤之介は奈未に告白し、奈未は「いつまでも待ってます」

3年後、MYAVIの編集長は和田になっており、そして奈未は、麗子と元副社長がいる会社に。麗子のアシスタントは自分だけだと。

そしてはじめて出会ったベンチに行く奈未、そこに潤之介がいて、2人は再会を喜ぶ

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~最終回あらすじ

潤之介 (玉森裕太) と別れた奈未 (上白石萌音) は、極度の“潤之介ロス”に陥っていた。中沢 (間宮祥太朗) をはじめ、編集部の仲間に心配される奈未。一方、潤之介は、父・勝之介 (宇梶剛士) と共に取引先との挨拶回りや商談など、多忙なスケジュールをこなす日々を送っていた。

あれから麗子 (菜々緖) が辞めたMIYAVIは、ブランドからの広告出稿の見送りが続出。責任を感じた麻美 (高橋メアリージュン) は、宇賀神 (ユースケ・サンタマリア) に編集長から退く意向を伝える。そこで宇賀神は麗子に備品管理部から編集部に戻るよう打診するのだが、麗子の気持ちは変わらなかった。

副編集長の半田が臨時で編集長となったが、そんな中、次号の表紙となる予定だった写真がネット上に流出していることが発覚。前情報は一切出していなかった極秘企画だったため編集部は大慌て。このピンチを乗り越えるべく、奈未らは麗子に助けを求め頭を下げる。

その夜、編集部員一同は最悪のトラブルを抱えつつも居酒屋に集まっていた。臨時で編集長となった半田 (なだぎ武) の就任祝いかと思いきや、そこに現れたのは潤之介だった。あまりに奈未が元気がないから編集部のみんなが呼んだのだが、潤之介はすぐに店を後にする。中沢も一緒にでてきて2人でラーメン屋へ

次号の表紙がネットに流出した事件、流出した写真を使って新たなサプライズを考えよう。それが私たちの仕事だ。編集部全員で力を合わす。

スポンサーリンク

麗子が編集長にカムバック

奈未は新刊号のゲラを麗子に持っていく。麗子は返しにくるが、奈未は自分が小さな記事を書いたことを伝える。

新刊号のMIYAVIをみながら麗子は泣いてしまう。かつて父親に反対されたがファッションの道に進んだときのことを思いだす。

そして麗子が編集長に戻ってきた。

「どれだけ時代が変わっても変わらないものがある、それは作り手の情熱、あなたたにはその力がある、そても素敵な時間だった、もう一度やらせて。あなたたちと一緒に」

そして「新生MIYAVI」が責了となった。

奈未は潤之介を1日のデートに誘う

潤之介は、理緒(倉科カナ)の手術に立ち会う。もうプロとしてやっていくことは不可能だった。

理緒は潤之介に「もっとわがままになっていいんだよ」

そんな中、奈未は潤之介に連絡し、「私の彼氏になってください、フリでいいので、明日1日だけ」2人は楽しく時間を過ごすが、奈未は潤之介が金沢帰る前に連れていきたいところがあった。

それはレンタル倉庫だった。潤之介の個展で飾ってあった写真がたくさんあった。「人のいた痕跡」を撮った写真がたくさんあり、夢に蓋をして笑えなくなってしまったら意味がない。

奈未「私は、あなたの笑った顔が大好きです」

奈未と別れた潤之介は翌日父親に会社を継げないことを伝える。写真の道に行きたい。

麗子も父親に説得する。父は2人を抱きしめる。

スポンサーリンク

それぞれの夢にむかって

麗子は退職届を副社長に出す。これからは好きな雑誌を作っていく。副編集長に「あなたを頼らせてください。私を支えてください。」悪魔の微笑みをしながら告白

麗子から潤之介が、カンボジアでカメラマンになると聞かされる。

潤之介が編集部に来る。

「カメラマンもう一度やってみる」カンボジアの広報カメラマンしながらもう一度目指してみる。

奈未は「いつまでも待ってます」

奈未に指輪を渡しカンボジアへ。

3年後、編集長は和田になっており、そして奈未がMIYAVIを退職することに。奈未が向かった先は、麗子と元副社長がいる会社に。麗子のアシスタントは自分だけだと。

渋谷のハチ公前、大きな写真、カンボジアの写真だが、それは潤之介が撮った写真だった。

はじめて出会ったベンチに行く奈未、そこに潤之介がいて、2人は再会を喜ぶ

座ったベンチはペンキ塗り立て。2人してお尻にペンキ・・・

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~相関図とキャスト

公式の相関図は、こちらになります。

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!別冊で~最終回感想

最後はハッピーエンド!なのは分かってましたが、奈未の仕事現場で潤之介が告白し、2人で抱き合うところは、仕事場でアリ?って思ってしまいました(笑)中沢が「幸せにな」と渋く言うところとか、麗子も温かく見守っていましたし、みんなに祝ってもらうことに意味があるのかもですね。

麗子も地味な制服姿から、華麗な赤のワンピース的なおしゃれな姿に戻ったとき「さすが!!!」華麗なる変身に見とれてしまいました。

このドラマで潤之介の笑顔(玉森裕太さん)にもだいぶ癒されましたが、麗子(菜々緒さん)の外見の美しさと、発するセリフにいつも見惚れてました。やっぱりボスは大事。この人のためなら何倍も頑張れる奈未の気持ちもわかります(笑)

最終回でさみしいですが、とても楽しませてもらいました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました