【ネタバレ】オー!マイ・ボス!第1話~プラダを着た悪魔か??

オー!マイ・ボス

2021年1月12日(火)夜10時から放送スタートの『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、ファッション雑誌編集部を舞台に、”人並み”に甘んじる安定志向女子の鈴木奈未役を演じる上白石萌音は、超ドS級の鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係を任せられます。さらに子犬系御曹司・潤之介(玉森裕太)に出会ったことで自分の夢を見つけて前進していくというドラマです。洗練されたファッションはもちろん、華やかだけではない編集部のリアルな裏側も見どころです。

早くも「プラダを着た悪魔」を彷彿させるとトレンドになってました。映画のストーリーは下記になりますが、まさしく、菜々緒さんと上白石萌音さんの役柄はぴったりですね。

(Wikiより)名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、なぜか幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事、ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。しかもその編集長で、ファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。だが、ミランダは自分の身の回りの世話を、アシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。その中でファッションとアシスタントの仕事の面白さに目覚めていく。

またドラマを見逃した方は、こちらのParaviで視聴可能です。2週間は無料です!Paraviは他のドラマもたくさん見れますし、おすすめです。

Paravi

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~第1話ねたばれ

地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。普通、人並み、安定が一番と考える普通の女の子。出版社の面接前にペンキ塗り立てのベンチに座ってしまい、そこで知り合ったのが潤之助(玉森裕太)

面接は無事に受かるが、新たに創刊するファッションモード誌「MIYAVI」の編集長・麗子の雑用係だった。毎日のように振り回される中、片思いしている幼馴染の健也からお誕生日パーティに誘われるが、婚約者を紹介され振られてしまう。

潤之助に再会し千葉までツーリングするが、同僚から連絡があり、創刊号でバラが必要だと分かり一生懸命集めるが、とても足りなかった。そこでバラ園でロケすることになり、無事に創刊号の表紙ができあがった。

奈未は潤之助にお礼を伝えるが、潤之助から1日だけ彼女のフリをして姉に会ってほしいと言われる。その姉がなんと鬼の編集長・麗子だった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~第1話あらすじ

東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。普通、人並み、安定が一番と考える奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。

面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。なんと奈未はペンキ塗り立てのベンチに座ってしまい、スカートにしっかりペンキがついてしまった。潤之介は近くのブティックに連れていき、出版社に似つかわしい洋服を見立てる。値段は23万円・・・自腹を切ることに。

なんとか面接を乗り切った奈未は、無事に採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

張りきって初出社する奈未だが・・・

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった副社長の宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。

奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。麗子は2か月後に創刊し30万部を目指す。事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事だった。

スポンサーリンク

奈未は潤之助と再会

初日からファッション用語もわからず、とてつもなく忙しい1日だった奈未だが、幼馴染の健也の誕生日パーティに誘われる。

ケーキを持って行ってみると、健也から、婚約者のサリを紹介される。そして自分は幼馴染だと紹介されショックはすぐその場をあとにする。そこに鬼編集長の麗子からタクシーを呼ぶように頼まれ、うっぷんをはらすかのようにこれは仕事ではなく、召使いじゃないですか!と文句を言ってしまう。もう辞めます!と口走ってしまった。

麗子から、「根気すらないのね。」と一蹴される。

いつのまにかあのペンキ塗り立てのベンチに来てしまった奈未、そこに潤之助が現れた。健也に買ったケーキをペロっと食べてしまう。しょっぱいもの食べに行こうと誘われバイクに乗る奈未

創刊号のバラを集める編集部

千葉の海岸まできてしまった2人。夢がないという奈未に潤之助は別になくたっていいじゃない?と励ます。そこに和泉遥から電話が。

麗子が渡したスケッチにバラの花があり、それが創刊業には必要だと分かったが、もう今の時間だと集められない、わたしはクビだ・・・

奈未は急いで東京に戻り、その道中、花屋によりバラを集める。会社にもどると集まったバラは少しだけ。。。奈未は遥の代わりに自分が責任を被る。

奈未はバイクでバラ園の看板をみていた。バラは持ってこれないが、ロケにすれば・・・

翌日バラ園に行くが、園長はかつて撮影でバラ園を荒らされた過去があり断られる。そこに現れたのが麗子、なんと土下座して撮影許可をとる。

スポンサーリンク

潤之助は奈未に1日だけ彼女になってほしいと頼む

創刊号のモデルは冨永愛、そしてメディア嫌いの有名な染織家である泊東吾の帯をつかった表紙が出来上がった。

奈未も感動し「この表紙の雑誌が本屋に並ぶところ見てみたい。辞めるのはやめた。」しかし感動したと伝える奈未に対して麗子は、あの表紙1枚で広告料は5000万円、私の土下座もやすいもの。と悪魔の微笑み

奈未は潤之助にお礼を伝えると、潤之助は「俺の彼女になってほしい、フリでいいんだけど、1日だけ、お見合いを断る口実で彼女がいるって言ってしまった。俺の姉ちゃんとあって」

奈未は1日だけならとOKしてしまう。しかしそのお姉ちゃんが、鬼編集長・玲子だった。

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!恋は別冊で~相関図とキャスト

公式の相関図は、こちらになります。

スポンサーリンク

オー!マイ・ボス!別冊で~第1話感想

上白石萌音さん、本当、普通に就活している女子大生に見えました。でも元気いっぱいであいさつするところとか、そういう普通なことが自然で好感がもてます。

菜々緒さん、今回まさにはまり役ですね。本当いじわるな鬼の編集長そのもの(笑)上白石萌音さんと正反対すぎる。本当綺麗な人ですね。古い話ですけど、漫画キャンディキャンディのお蝶夫人を連想させるのですが、古すぎるか。。

奈未が口癖のように普通が一番!というのは理解できるのですが、なかなか普通が難しいんですよね。石の上にも3年とはいうけど、意外と人間って慣れていってしまうんですよね。でも雑用できる人は仕事できる!というのは本当だと思います。

奈未は最終回までにファッションに詳しく、ベテランの雑用係になってそうですね。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】オー!マイ・ボス!第2話~奈未のけん玉と麗子の英語スピーチが神!!
2021年1月19日(火)『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第2話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、ファッション雑誌編集部を舞台に、”人並み”に甘んじる安定志向女子の鈴木奈未役を演じる上白石萌音は、超ドS級の鬼編集長・宝来麗子...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました