【ネタバレ】ドラマお花のセンセイ2~永田町の丸子が絶体絶命の危機に!

2021年12月23日放送の沢口靖子さん主演『お花のセンセイ2』のあらすじとネタバレになります。

「この国に暮らす人の幸せを願う。。。それが国会議員の仕事ですよね。」みんなを笑顔にする公約をかかげる丸子ですが、いまの日本の国会議員にこんな気持ちを持っている人ってどれぐらいいるのだろう。。って思ってしまいました。

沢口靖子さん自体が、清廉潔白でお花の先生もドンピシャです。本当お花との画が絵になります。。。綺麗なものをみて癒されました。

2020年8月に放送されました『お花のセンセイ1」のあらすじとネタバレはこちらです。心が洗われましたよ。

【ドラマ・お花のセンセイ・ネタバレ・感想】沢口靖子主演マリコから丸子へ
2020年8月30日放送の沢口靖子さん主演『お花のセンセイ』のあらすじとネタバレになります。 2022年12月23日に第二段が放送されました。あらすじとネタバレはこちらです。 「この国に暮らす人の幸せを願う。。。それが国会議員の仕事...

 

スポンサーリンク

お花のセンセイ2あらすじ

華道“鳳流”の第4代家元の鳳丸子(沢口靖子)は、2期目をかけた衆院選で最多得票を獲得して見事、再選を果たす。ところが直後、公職選挙法違反疑惑を報じられ、いきなり苦境に立たされてしまう。すぐに対立候補のでっちあげと判明したからよかったものの、政策秘書・幸田光喜(八嶋智人)は2回生議員ならもっと賢く立ち回るべきと激怒。

2人はケンカになり、丸子は寺田にもう来なくていいと言い切ってしまい、政策秘書不在のまま国会を乗り切るハメに。その矢先、国民の不満を聞くため“駅頭”に立った丸子は、元大学院生・萩原大樹(鈴木仁)と知り合う。

大樹は、大学院で国家プロジェクトのシステム研究開発・スマートシティを手がけていたが、退学になってしまったと激白。自分は“終わった人間”だと嘆く。未来を担う優秀な若者が学びの場を絶たれたことに憤りを感じた丸子は、若い世代が希望を持てる国にしなければと考え、大樹の復学の道を探りはじめる。

そんな中、党の最高幹部・梅村幸之介(伊武雅刀)のはからいで、丸子は予算委員会で質問に立つこととなり、内閣府職員・萬屋吉康(山崎樹範)からレクチャーを受ける。

スポンサーリンク

丸子は国会議員辞職の危機

丸子は、萬屋を連れて萩原に合わせる。国家プロジェクト・スマートシティは、令和ユートピアによってデータが改ざんされていた。丸子はそれを公にするよう梅村に伝えるが一蹴される。

そんな中、蓮沼が詐欺容疑で逮捕された。丸子は蓮沼から違法していることは知らずに資金提供を受けていたこ。梅村が丸子を失脚させようと裏から手を回していた。スマートシティのデータ改ざんをこれ以上追及されないようにするためだった。

荻原もまた復学するために丸子を利用したとSNSでひどい誹謗中傷をうけていた。

丸子は多くの人を傷つけたと辞職しようとするが、そんな中、

令和ユートピアの講演会で荻原が人質をとって立てこもった。梅村に計画を断念し謝罪するようインターネットから訴える。しかし梅村はプロジェクトを守ろうとした。

丸子は萬屋に国会議員として最後のお願いをする。

スポンサーリンク

丸子は人質となり萩原を助ける

立て籠もっている荻原のもとに、丸子が現れた。人質の身代わりになるから無関係の人を釈放させた。丸子は、「令和ユートピアプロジェクトは必ずぶっ壊します。もう一度チャンスがほしい」伝える。

丸子は優しい社会を作りたい。みんなで作りたい。失敗したら叩くではなく、どうやったらやり直せるか考えたい。丸子は辛い思いしている萩原に寄り添い必死に説得する。

そしてデータを改ざんしていた教授は逮捕された。

丸子は国会議員を継続することに。

梅村は幸田が摘発した内部文書で失脚した。

逮捕された萩原の減刑を求める嘆願書が多く集まっていた。

スポンサーリンク

お花のセンセイ2登場人物

メインキャストの紹介です。

鳳 丸子(おおとり・まるこ) 沢口靖子

華道・鳳流の家元。生真面目で、少々融通のきかない頑固な性格。“誰もが笑顔の花を咲かせられる国づくり”を公約に掲げて衆院選で初当選。1期目では新人ながら議員立法を立案するなど、政界にさわやかな新風を吹き込んだ。最多得票数を獲得して2期目に突入したとたん公職選挙法違反疑惑を報じられ、秘書の幸田光喜とも大ゲンカしてしまう。

幸田光喜(こうだ・こうき) 八嶋智人

党幹部から丸子のお目付け役を命じられて政策秘書となるが、政治家らしからぬ言動ばかりの丸子に振り回されまくってきた。2回生となった丸子に気を引き締めるよう諭すが大ゲンカとなって…!?

萬屋吉康(よろずや・よしやす) 山崎樹範

内閣府職員。梅村に命じられ、予算委員会で質問に立つ丸子にレクチャーするが、幸田の代わりに何かと丸子の無茶ぶりを受けるハメに…。

萩原大樹(はぎわら・だいき) 鈴木 仁

元大学院生。国と大学が連携して進めてきたスマートシティ構想“令和ユートピアプロジェクト”でチームリーダーを務めていたが、大学院を退学となり生活にも困窮。そんなとき偶然、丸子と知り合う。

江ノ島 薫(えのしま・かおる) 伊藤修子

丸子のアシスタント兼お世話係。丸子のことを崇拝している。

福武不二雄(ふくたけ・ふじお) 梶原 善

大手新聞社社会部の遊軍記者。幸田とは大学の同期で、持ちつ持たれつの仲。最初は丸子を“お姫様議員”と軽視していたが、彼女のまっすぐさに心を動かされ、協力するように。

梅村幸之介(うめむら・こうのすけ) 伊武雅刀

自由新進党の最高幹部。大樹が関わっていた“令和ユートピアプロジェクト”の実験を握っている。何かと丸子に目をかけている様子だが、裏では丸子を利用しようと企んで…!?

加持勘三(かじ・かんぞう) 伊東四朗

丸子の叔父。丸子の父が早逝して以来、姪である丸子を温かく見守ってきた。
 

スポンサーリンク

お花のセンセイ2感想

丸子先生みたいな国会議員がいたら将来少しは夢を持てるなとおもいます(笑)いまは老後生活できるのか不安だらけです。

2021年は衆議院選挙がありましたが、コロナもあって選挙に関心はありましたが、残念に感じることもたくさんあり、萬屋が言っていたとおり、「政治家は国民に選ばれてこそだ。国民のために汗をかく政治家のためならいくらでも働く。」本当にそうあってほしい。

沢口靖子さんの笑顔と素敵なお花、そして国民に寄り添う言葉。すべて心地よかったです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました