【ネタバレ】女系家族第2夜~文乃は無事に子供を産めるのか?

警察入門編
2021年12月4日5日連続で放送されるテレビ朝日【女系家族】第2夜のあらすじとネタバレになります。
 
作家・山崎豊子の《不朽の名作》が宮沢りえさん&寺島しのぶさんの W主演で2夜連続のドラマスペシャルとして放送されます。

 『女系家族』の舞台は、大阪・船場。四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋『矢島商店』の当主・矢島嘉蔵が亡くなり、嘉蔵が遺した莫大な遺産を前に行われる三姉妹の壮絶な駆け引き、愛人・文乃が現れたことへの怒りと焦り――人間の欲望と嫉妬というものはこれほどまでに醜く、恐ろしいものなのかを赤裸々なまでに描いた『女系家族』。

いざとなると女性は強いですからね(笑)、どんなかけひきが行われるのか、とても期待します。

第1夜のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】女系家族第1夜~長女矢島藤代(寺島しのぶ)vs愛人文乃(宮沢りえ)
2021年12月4日5日連続で放送されるテレビ朝日【女系家族】、12月4日、第1夜のあらすじとネタバレになります。   作家・山崎豊子の《不朽の名作》が宮沢りえさん&寺島しのぶさんの W主演で2夜連続のドラマスペシャルとして放送されます...

スポンサーリンク

宇市は、探偵を雇ってまで弱味を握り、自分の取り分をとりながら、藤代、千寿、雛子に財産分与を認めさせていった。

そして文乃は男の子を産んだ。親族会前日に本宅へ行き、嘉蔵の子を産んだことを報告し、名前は『嘉夫』そして法律的証拠を持ってきた。それは認知届と嘉蔵の戸籍謄本だった。嘉蔵は半年前に胎児を自分の子だと認知していた。

認知された以上、本宅と同じ財産取り分となり、13億2500万円が嘉夫に相続される。

そしてもう1通、書き置きがあり、そこには詳しい財産分与が書かれており、宇市の横領がバレてしまった。そして、藤代と雛子は財産を持って家をでること、女系を重ねることは許さないと書かれてあった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

女系家族第2夜あらすじ

浜田文乃(宮沢りえ)が亡き当主・矢島嘉蔵(役所広司)の子どもを身ごもっていることが判明し、総領娘・藤代(寺島しのぶ)をはじめとする矢島家の人間たちは大騒ぎに。藤代は、父親の愛人の子どもという存在を知り、自らの相続分に不安を覚え始める。

一方、妊娠によるつわりがひどく、妊娠高血圧症候群による腎臓病にかかっていた文乃は、矢島家の大番頭・大野宇市(奥田瑛二)に「付添さんに来てもらいたい」と懇願。宇市は自分の愛人である小林君枝(余貴美子)に、しばらく文乃の付添をしてくれるように頼む。

宇市は藤代たちに文乃の病気のことを話すと、さっそく文乃の体調をみるために直接訪れた藤代は、ついに文乃に向かって「子どもを生むことは迷惑だ」と言い放つ!

千寿は自分が懇意にしている坂上先生を呼び診察させる。診察結果は死産の公算が高かった。

芳子(渡辺えり)は、雛子を養女にして財産を横取りしようとしたが、雛子はそんな気は毛頭ない。

スポンサーリンク

宇市は財産分与を次々に承諾させる

藤代は共同財産の山が欲しいと言い出すと、千寿も雛子も口をそろえて山が欲しいと言い出す。されに藤代は宇市の財産目録の策定に不正があると言い出した。

文乃は体調はよくなっていた、が、他人が変わったようになっていた。文乃は嘉蔵から白い封筒を預かっていた。

宇市は文乃は一筋縄ではいかないと判断し藤代から責めることに。藤代は日本舞踊の若師匠・梅村(伊藤英明)と付き合っている。梅村はいきなり藤代に500万円を無心する。自分の資本は独身であり結婚はしないと言われ、藤代は500万円を手切れ金として別れることに。

宇市は傷心の藤代に、梅村が家屋を安く査定させたことなどすべて探偵に調べさせたことを伝え山の分配は半々という条件を出した。さらに宇市は千寿と良吉に矢島商店を有名無実にして新会社を建てようとしていることを伝え相続を承知させる。

そのころ雛子は六郎といい仲になっていた。さらに宇市は芳子に雪舟の掛軸を渡すかわりに口止め料1/3で取引した。

スポンサーリンク

文乃は男の子を産む

文乃は男の子を産んだ。そして親族会前日に本宅へ行くと宇市に伝える。

文乃は本宅へ。名前は『嘉夫』そして法律的証拠を持ってきた。出目金がとってきた認知届と戸籍謄本を見せる。嘉蔵は半年前に自分の子だと認知していた。

胎児でも認知はできる。入籍日は9月19日、今日だった。認知届を早くに知っていたら本宅に何をされるかわからなかった嘉蔵の計らいだった。

認知された以上、本宅と同じ財産取り分となり、13億2500万円が嘉夫に相続される。文乃は裁判所に持ち込んでも嘉夫の相続だけはさせると自分の意思を伝える。

そしてもう1通、書き置きがあった。

藤代と雛子は財産を持って家をでること、女系を重ねることは許さない。

そして最後に、宇市と財産目録の差異があれば、宇市の不正だと書いてあった。代わりの遺言執行人は良吉だと使命があった。

スポンサーリンク

女系家族・相関図

相関図はこちらです。

女系家族キャストと役どころ

公式ホームページからの引用になります。

浜田文乃(はまだ・ふみの)……… 宮沢りえ

『矢島商店』四代目当主・矢島嘉蔵の7年来の愛人。年齢差を超えて深く愛し合っており、嘉蔵の今際の際には枕元に駆けつけ、「あとのことは心配ない」と告げられる。遺言状に「なにとぞよしなにお取り計らいを」と記されていたことで、矢島家を騒然とさせる。 “慎ましく情の深い女”という印象を抱かれていたが、初めて本宅(矢島家)を訪れたときに、嘉蔵の子を身ごもっていることを告白。その事実が、女たちを壮絶な相続争いへと導いていく。

 

矢島藤代(やじま・ふじよ)……… 寺島しのぶ

代々“女系の家筋”として栄えてきた、大阪・船場の老舗木綿問屋『矢島商店』の総領娘=長女。一度は結婚し嫁ぐも、3年で離婚。現在は矢島家に“出戻って”おり、妹の千寿からは「出戻りの穀潰し」と陰口を叩かれている。父・嘉蔵の死後、当主の座と遺産を巡り、2人の妹と静かな戦いが繰り広げられるものと思っていたが、愛人の文乃という思いもよらぬ伏兵が現れ、怒りと焦りを抑えきれずにいる。

 

矢島千寿(やじま・ちず)……… 水川あさみ

大阪・船場の老舗木綿問屋『矢島商店』の次女。婿をとり、家業を継いでいる。姉である藤代に劣等感を抱き、その思いから藤代を「出戻りの穀潰し」と揶揄。遺産相続争いでは、夫の良吉を操り、少しでも多くの取り分を、と暗躍する。

 

矢島雛子(やじま・ひなこ)……… 山本美月

大阪・船場の老舗木綿問屋『矢島商店』の三女。やや世間知らずで遺産相続争いにも疎く、「このままでは損をする」と叔母の芳子に焚き付けられ、相続争いの渦中へと身を投じていく。

スポンサーリンク

 

矢島芳子(やじま・よしこ)……… 渡辺えり

三姉妹の叔母。雛子を巧みに操りながら、相続分を手中に収めようとする。

矢島良吉(やじま・りょうきち)……… 長谷川朝晴

千寿の夫で矢島家の婿。

出目金(でめきん)……… 山村紅葉

文乃の家の近所にある薬局の奥さん。

梅村芳三郎(うめむら・よしさぶろう)……… 伊藤英明

日本舞踊の若師匠で、藤代とは恋愛関係にある。財産分与に関して藤代から相談を持ちかけられ、不動産業者を紹介するなど、裏工作に協力するが…?

小林君枝(こばやし・きみえ)……… 余貴美子

宇市とは長年にわたって内縁関係にある愛人。次第に矢島家の相続争いの渦に巻き込まれていく。

矢島嘉蔵(やじま・よしぞう)……… 役所広司(特別出演)

『矢島商店』四代目当主で藤代、千寿、雛子の父。数十億円相当の資産を遺しこの世を去るが、遺言状に7年来の愛人・浜田文乃の存在を記したことで、矢島家では遺産相続争いが展開。実は文乃のお腹には嘉蔵の子が宿っており、その事実が明らかになったことで、争いはさらに激化していくことになる。

大野宇市(おおの・ういち)……… 奥田瑛二

嘉蔵が亡くなり、遺言執行人として親族を前に遺言状を読み上げるが、その裏でさまざまな裏工作をし、相続問題をますます混沌とさせていく。実直そうに見えるが、実は狡猾な裏の顔が…。

スポンサーリンク

女系家族第2夜・感想

冒頭、坂上ドクターがきて、芳子(渡辺莉)の押さえつけ、本当に怖かった。。その前に4人の般若姿みたからかもしれません。すごい演出です。

「1人で生きていくことが一番強い」人間死ぬときは1人ですし何も頼らないで生きていくことができれば一番いいですけどね。

文乃(宮沢りえ)は自分のことだけではなく、息子のために化け物のような本家に挑んでいきました。見た目は弱いけど強い女性、藤代は男に頼ってしまう「女」で自分の夫になってくれると思ったけど振られてしまって、強そうに見えて弱い女、見事に演じてました。両者ともに素敵すぎました。

そして宇市、横領しまくってましたが、もっと認められていたら違っていたのかな。寂しい人だったように思います。嘉蔵の存在感も半端なかったです。

2日間、大変面白かったです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました