【ネタバレ】ネメシス第1話~アンナと尚希の凸凹コンビ

ネメシス

2021年4月11日夜10時30分~日本テレビ『ネメシス』第1話のあらすじとネタバレになります。

『ネメシス』とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神のことです。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所に集まりし、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬すずさん)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真(櫻井翔さん)が、お互いを(おもにアンナが風真を!)助け合いながら、難事件に挑んでいきます。

ネメシスの見逃し配信はHULUで見ることができます。

コナン

 

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
11.4%              

スポンサーリンク

ネメシス第1話ねたばれ

ネメシス探偵事務所に、上原黄以子(大島優子)が訪れる。自分の患者である”磯子のドンファン”=澁澤火鬼壱(しぶさわほきいいち)・伊武雅刀に脅迫状が届いた。

さっそく天才的ヒラメキで事件を解決に導く助手の美神アンナ(広瀬すず)と一見デキル男風だが実はかなりのポンコツ探偵=風真尚希(櫻井翔)が屋敷に向かう。その日は泊まることに。しかし翌朝遺体になって発見される。遺体のそばにはダイニングメッセージがあり、犯人は黄以子と書かれていた。

しかしダイニングメッセージは愛人たちがメッセージを付け足していた。本当の犯人は漫画家の桃だった。桃は借金があり遺産をアテにしていたが、黄以子も遺産相続者の1人にしたことから自分に遺産が回ってこないと思った。しかし遺言書には桃も含めて愛人7人に遺産を分配すると書いてあった。

アンナの天才的な推理力、しかし自分がでしゃばることはせずに風真尚希の手柄となる。

20年前、アンナの父親の始は突然行方不明になっていた。誰かに連れ去られた可能性がある。ネメシス社長の栗田一秋(江口洋介)と始は同じ刑事だった??

スポンサーリンク

ネメシス第1話あらすじ

【探偵事務所ネメシス】。横浜のさびれたビルの2階に居を構えるこの事務所のメンバーは、天才的ヒラメキで事件を解決に導く助手の美神アンナ(広瀬すず)、一見デキル男風だが実はかなりのポンコツ探偵=風真尚希(櫻井翔)、ネメシスの社長であり探偵歴30年の大ベテラン=栗田一秋(江口洋介)の3人.

記念すべき依頼者第一号は、美しき医者の上原黄以子(大島優子)。「ググったら一番近かったから」というだけの理由でネメシスに駆け込んできた黄以子の依頼は、ざっと以下のようなもの――大富豪にして自分の雇い主”磯子のドンファン”=澁澤火鬼壱しぶさわほきいち(伊武雅刀)の、80歳を祝うパーティーが今夜行われる。だがそのパーティーを中止しないと、火鬼壱の命の保証はないという物騒な脅迫状が届いた!

聞けば火鬼壱は莫大な資産を、自分の死後6人の恋人達に分けるという遺言書を作っていた。初の依頼を受け、意気揚々と火鬼壱の豪邸に乗り込むネメシス3人。恋人6人が全員美女揃いというモテモテな火鬼壱に、栗田は渋い顔。

そしてパーティ当日、黄以子だが遺産相続人の7人目だと火鬼壱は伝える。ただ財産をあげるのもつまらないから、「宝さがしゲーム」と称して、新しい遺言書を見つけたものが屋敷(10億円)をやるといきなり発表

スポンサーリンク

容疑者はアリバイのない7人の美女

だが、パーティーの翌日、火鬼壱は“密室となった自室”で死体となって発見されてしまう!

遺体のそばにはダイイニングメッセージがあり、『犯人は黄以子』だとはっきり書かれてしまっている。そして『遺伝子すっきり水』の段ボールがあり、執事は気絶していたため、誰が持ってきたのか?凶器は灰皿だった。

容疑者は依頼主の黄以子も含めたアリバイの無い7人の美女たち。そして全員に殺害の動機がある…。アンナはすぐさまダイニングメッセージを描いたのは森銀子だと言い当てるが、ダイニングメッセージは何人もの美女たちに書き足されていた。

犯人は漫画家の桃だった。借金があったためどうしても財産が欲しかった。遺言書には、7人の愛人たちの名前がしっかり書いてあった。

“20年前の回想”と“アンナの父親・始(仲村トオル)の姿”。アンナの出世の秘密とは?

そして社長の栗田は何の事件を調べようとしているのか?始は突然行方不明になっていた。

スポンサーリンク

ネメシス相関図とメインキャスト

相関図はこちらです。3月28日現在です。まだ発表されていない白い部分は、これから順次更新されます。

 

美神安奈・・・広瀬すず

新人の探偵助手、天才的なひらめき&推理力を怒り、風真を時に生き生きと、時に無鉄砲にサポートする。失踪した父を追い、いんどから帰国しネメシスに居候中

風真尚希・・・櫻井翔

自称、名探偵、颯爽としたルックスで正義感も強く、憎めないチャームがあるが、探偵としてはやや抜けたところも、助手アンナの推理をいかに自分の推理として話すのが得意

栗田一秋・・・江口洋介

 探偵歴30年ながら、現役を退き、自らCEO宣言し事務所の立役者。HIPHOPを愛するダンディ&ファンキーなイケオジ。20年前の事件を調べている

ネメシス第1話・感想

2人の黒いスーツの刑事が出場するのでえすが、あの伝説の『あぶない刑事』たか&ゆうじ風で、”たか”が千曲役の勝地涼さん、”ユウジ”が、四万十役の中村蒼さんです。本家は、タカが舘ひろしさんとユウジが柴田恭兵さんなのですが、一言でいうと『ワイルドさ』がないです(笑)でも憧れる気持ちはわかるってことで。

広瀬すずさんが、洞察力がすごい天才探偵・アンナで、櫻井翔さんはズレまくっているポンコツ探偵・風間尚希という設定なのですが、見た目は風間のほうが切れ者に見えるのですが。。。櫻井翔さん三枚目役ですね~。めずらしい(のかな?)

20年前、アンナの父親が行方不明になっていたことから、きっとこのドラマは父親を見つけるための伏せんが張られていくのもかしれません。

ドラマはテンポよく進んでいくのであっという間の1時間です。

次回、第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】ネメシス第2話~黄以子がネメシス探偵社の一員に!
2021年4月18日日本テレビ『ネメシス』第2話「HIPHOPは涙のあとに」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 『ネメシス』とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神のことです。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所に集まりし、天才的...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました