【ネタバレ】ネメシス第8話~アンナはゲノム編集ベイビー!?

ネメシス

2021年5月30日日本テレビ『ネメシス』第8話のあらすじとネタバレになります。

『ネメシス』とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神のことです。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所の所長は栗田一秋(江口洋介)、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬すずさん)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真(櫻井翔さん)の3人がいます。

アンナの父親の始(仲村トオル)が20年前に行方不明になり失踪しています。栗田と風真はこの事件を追っています。信頼していた始の同僚大和猛流(石黒賢)が、菅研究所側の人間だとわかり、始は誰に拉致されているのか?アンナは「ゲノム編集ベイビー」??どのような秘密があるのか?が気になります。

第7話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】ネメシス第7話~美しきコンフィデンスマン緋邑晶の登場!
2021年5月23日日本テレビ『ネメシス』第7話のあらすじとネタバレになります。 『ネメシス』とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神のことです。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所に集まりし、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬す...

ネメシスの見逃し配信はHULUで見ることができます。

コナン

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
11.4% 9.5% 8.9% 8.9% 7.8% 7.9% 7.4% 7.8%

スポンサーリンク

ネメシス第8話ネタバレ

美神アンナ(広瀬すず)は、世界初の≪ゲノム編集ベイビー≫として生まれたが、父親の始(仲村トオル)が失踪しており、風真(櫻井翔)と栗田一秋(江口洋介)がすべてを話す。

20年前、始は世界トップの遺伝子研究室の教授であり、風真は研究員だった。ある時、ゲノム編集された受精卵が消えてしまった。表沙汰になる前に高校の親友だった栗田(江口洋介)に誰が犯人か調べさせる。栗田は内部の人間だと伝えるが、始は自分の責任だとして幕引きした。

盗難事件から1年後、美馬芽衣子から始に連絡があった。芽衣子は盗まれた受精卵で妊娠していた。アンナは無事に生まれるが、母親はその時の事故で亡くなってしまった。

始は、母親が亡くなったことをきっかけに日本に戻るが、葬式後、失踪してしまう。栗田は、始の研究室にいた菅容子を追っている。1998年以降、消息がなかった。そして大和猛流(石黒健)が管研とつながっており、20年前、受精卵盗み、始の拉致にも関係していた。

アンナの親友の朋美(橋本環奈)は、菅容子の娘、菅朋美だった朋美はアンナを拉致する。

アンナが目を覚ますと、実験台の上に寝ていた。始の姿がそこにあった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ネメシス第8話あらすじ

ついに明かされた〈カンケン=菅研究所〉の正体――。信頼していた大和猛流(石黒賢)が、〈カンケン〉側の人間だったと知りショックを受ける風真尚希(櫻井翔)だったが、それ以上にショックを受けたのが美神アンナ(広瀬すず)。自身が父・美神始(仲村トオル)の手によって、世界初の≪ゲノム編集ベイビー≫として生まれてきたことを知らされ、「全部話して!」と風真と栗田一秋(江口洋介)に詰め寄る。

20年前、始は世界トップの遺伝子研究室の教授であり、風真は研究員だった。そこには、神田凪咲、大和猛流もいた。ある時、ゲノム編集された受精卵が消えてしまった。表沙汰になる前に高校の親友だった栗田(江口洋介)に誰が犯人か調べさせる。栗田は内部の人間だと伝えるが、始は事件を公表し自分の責任だと幕引きした。その後、風真は受精卵盗難事件の犯人を捜すために栗田の探偵事務所に入った。

盗難事件から1年後、美馬芽衣子から始に連絡があった。芽衣子は盗まれた受精卵で妊娠していた。始は黒い車に追われ、事故を起こしてしまうが、アンナは無事に生まれるが、その事故で風馬の同僚の水帆、代理出産した芽衣子は亡くなってしまった。始はアンナの身を案じ、2人で平和で暮らすことを選んだ。

始は、始の母親が亡くなったことをきっかけに日本に戻る。風間と栗田は空港まで始を迎えに行く。始の母親の葬式後、始は行方不明になってしまった。菅研に拉致されたに違いない。そして栗田は事務所の名前をネメシスに変え、始を探すことに。

スポンサーリンク

アンナが拉致されてしまう

栗田は、始の研究室にいた菅容子を追っている。1998年以降、消息がない。最後に辿りついたのが、大和猛流(石黒健)だ。20年前、受精卵盗み、始の拉致にも関係しているに違いない。

アンナは自分が生まれてから色々な人が死んでいる、何故今まで言ってくれなかったのか?怒りが爆発し事務所から出ていってしまった。アンナは菅研に狙われている。

アンナは親友の朋美(橋本環奈)と一緒にいた。いきなり豹変し、朋美は、栗田達が追っている菅容子の娘、菅朋美だった。アンナが飲んだドリンクには睡眠薬が入っていた。朋美はアンナのネックレスが無くなっていることに気づく。

そして朋美は風真に電話する。風真は自分がネックレスを持っていることを電話口で言ってしまったために襲われネックスレスは奪われてしまった。

アンナが目を覚ますと、実験台の上に寝ていた。始の姿がそこにあった。

大和猛流と朋美は、アンナの検査を始める。

スポンサーリンク

ネメシス相関図とメインキャスト

相関図はこちらです。3月28日現在です。まだ発表されていない白い部分は、これから順次更新されます。

 

美神安奈・・・広瀬すず

新人の探偵助手、天才的なひらめき&推理力を怒り、風真を時に生き生きと、時に無鉄砲にサポートする。失踪した父を追い、いんどから帰国しネメシスに居候中

風真尚希・・・櫻井翔

自称、名探偵、颯爽としたルックスで正義感も強く、憎めないチャームがあるが、探偵としてはやや抜けたところも、助手アンナの推理をいかに自分の推理として話すのが得意

栗田一秋・・・江口洋介

 探偵歴30年ながら、現役を退き、自らCEO宣言し事務所の立役者。HIPHOPを愛するダンディ&ファンキーなイケオジ。20年前の事件を調べている

ネメシス第8話・感想

twinkle twinkle little star ♬が流れて、始(仲村トオルさん)と小さい頃のアンナが歌っているシーンがあって、童話のワンシーンのようでした。

ようやく仲村トオルさんが回想ではなくリアルタイムで登場してきましたが、髪の毛が、伸びていて老けてました。拉致されていたので致し方ありませんが。。やっぱり朋美は裏切り者でした。アンナは実験台の上にいてゲノム編集ベイビーの研究をされてしまうのでしょうか。

栗田と風間の2人は探し出せるのか?アンナがいないとちょっと頼りがないのですが。。アンナのネックレスに隠された秘密は何なのか気になります。

次回第9話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】ネメシス第9話~アンナは裏切者の朋美から逃れられるか?
2021年6月6日日本テレビ『ネメシス』第9話のあらすじとネタバレになります。 『ネメシス』とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神のことです。そんな名前が付けられた謎多き探偵事務所の所長は栗田一秋(江口洋介)、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました