【ネタバレ】7人の秘書5話~都知事が煽り運転!?

7人の秘書

『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助けその人の人生を救ってくれる7人の秘書は元気をもらえますよ!7人のメンバーは、銀行の常務秘書を務める主人公・望月千代を演じるのは、木村文乃さん、頭取秘書・照井七菜役には、広瀬アリスさん。また、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子を演じるのは、菜々緒さん。大学病院の病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)役は、日韓で活動中のシム・ウンギョンさん。ホテルオーナーの令嬢でありながら都知事の秘書を務める風間三和を演じるのは大島優子さん。そして秘書たちとともに悪を斬る家政婦・鰐淵五月役に室井滋さんそして、秘書軍団が夜な夜な集うラーメン店の店主で、彼女たちの裏稼業の元締め・萬敬太郎役には江口洋介さんが演じます!

こちらの記事は、2020年11月19日(木)『七人の秘書』第5話のあらすじとネタバレになります。

第4話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書4話~七菜(広瀬アリス)が盗撮される!!
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

七人の秘書第5話ねたばれ

三和は都知事・勝子の秘書。東京都で進めていた児童養護施設の新設を中止したことにより今ある養護施設の子どもたちがバラバラになってしまう。勝子になんとか方向転換してもらうために、秘書軍団は動きだす。それは勝子は車の運転をすると人が変わる。それを利用して車を運転する勝子をわざとイライラさせ暴言を吐いたところの動画を拡散させた。勝子は名誉挽回するために予定通り児童養護施設が新説することにした。

くわしくはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

七人の秘書第5話あらすじ

東都銀行の常務秘書・望月千代(木村文乃)は、幼い兄妹が東京都知事・南勝子(萬田久子)の乗った車に泥だんごを投げつけながら「僕たちの家を返せ!」と怒鳴っているところに出くわす。

それを制止し、2人を家まで送っていくことにするが、着いたところは児童養護施設だった。千代が職員に話を聞くと、以前、勝子が老朽化した施設を“ハイクオリティーな児童施設”に新設すると公約したものの、突然その計画を撤回。しかし土地はすでに都のものになっているため、子どもたちはこの施設で暮らせなくなるという。しかも、どうやらこの決定には裏で財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)が絡んでいるようで…。

スポンサーリンク

三和と喧嘩してしまう千代

 富裕層だけが得をして、子どもたちが泣きを見る、そんな都知事のやり方に憤った千代が秘書軍団にこの話をすると、都知事秘書・風間三和(大島優子)は、「そんなのよくあることでしょ?」と一蹴。三和の追い打ちをかけるような余計なひと言にカッとした千代と険悪ムードに…。さらに三和は、子どもたちを助けたいというほかのメンバーとも対立してしまう。三和は借金がないのに秘書グループにいるのか?4年前、萬のラーメン屋を訪れる三和。子供のころからずっとおかしいと言われてきた。それが個性だと萬に慰められていた。

そんな中、ラーメン店「萬」に粟田口がやって来る。表情を一変させた店主の萬敬太郎(江口洋介)に千代らの緊張感が高まる中、粟田口は自分の知り合いたちの悪事を暴き、世間から葬っているのが萬ではないかと疑いの目を向ける。萬は半年間刑務所に入っていた。

三和はボス勝子をぶっ潰す決意をする

一方、裕福な家庭に育ちながらも闇を抱えて生きてきた三和は、そんな自分を認めてくれた萬のために、粟田口と自分のボス・勝子をぶっ潰す決意を固める。

秘書軍団は手始めに勝子の弱点を探し始める。千代は以前、「月子」の名前でナンバーワンホステスだった。そのツテを頼って、以前ホステスだった勝子の弱点を聞きだす。

勝子の飼い犬ハッピーが緊急手術することになった_______秘書の逆襲が始まる

スポンサーリンク

勝子は児童養護施設の建築を再考

都知事はドライバーをつけずに1人で車に乗って病院へ駆けつける。その途中で七菜が通せんぼする。五月ものらりくらり~バイクに乗って邪魔すると、だんだん本性を現す。

「南勝子はハンドルを持つと人格が変わる・・・・」暴言を吐きまくる。。。勝子

その動画をツイッターで拡散するサラン

勝子はハッピーを迎えに動物病院に到着すると、ハッピーは何ともなかった。

そして勝子の動画は拡散しまくり、批判が相次ぎ、記者会見を行う。児童養護施設も建築することになった。

 

スポンサーリンク

七人の秘書メインの登場人物

 

主な登場人物の紹介です。

木村文乃(望月千代 役)

「東都銀行」常務秘書。
兄が営むラーメン店を手伝っていたが、食べていくために銀座のクラブでホステスとして働き、ナンバーワンにまで上り詰める。しかし、未曾有の不景気で店は潰れてしまう。そんな時に再会したのが、司法書士の萬だった。現在は派遣の秘書として働きながら、兄と親友だった萬が買い戻したラーメン店の2階で暮らしている。理不尽なできごとを経験し、不公平な世の中に憤りを感じている。兄は失踪中。

広瀬アリス(照井七菜 役)

「東都銀行」頭取秘書。
東都銀行の正社員。秘書になりたかったわけでもなく、仕事もできないため怒られてばかりの、のんびりしたタイプ。ほかの秘書にはない素朴な人柄を気に入られ、人知れず頭取と密会を重ねている。千代の完璧な仕事ぶりを見るうちに、プロ意識が芽生え始める。

菜々緒(長谷不二子 役)

「警視庁」警務部長秘書。
警察組織という男社会の中で悪戦苦闘している。正義感が強く、男勝りな一面がある。しかしそれは、過去のある事件がキッカケになっている…。空手の有段者で、運動神経にも優れている。

スポンサーリンク

シム・ウンギョン(朴四朗〈パク・サラン〉役)

慶西大学病院」病院長秘書。
母が韓国人、父が日本人のハーフ。医療の知識がずば抜けており、専門知識を必要とする医療秘書として従事している。韓国で生まれ育ち医者を目指していたが、ある事情で断念しなければならなかった過去がある。SEのエキスパートでハッカーの才能もある。

大島優子(風間三和 役)

東京都知事秘書。
ホテルオーナーの令嬢だが、家庭は崩壊している。周囲からは裕福な環境をうらやまれているが、人知れず闇を抱えている。留学経験のある優秀なバイリンガル。

室井滋(鰐淵五月 役)

家政婦。
かつては政治家の私設秘書をしており、全力でボスをサポート。伝説の秘書として名をはせていた。しかし、ある事件を起こして刑務所に入っていたという過去をもつ。秘書たちとともに暗躍する。

江口洋介(萬敬太郎 役)

ラーメン店「萬」店主。副業は司法書士。
誰にも知られず、影の秘書軍団の元締めをやっている。わずかな報酬で、5人の秘書、五月とともに人助けを請け負う。政治家の秘書だったが、清廉潔白な信念があだとなり、解雇された過去をもつ。

 七人の秘書第5話感想

三和こと大島優子さんがクローズアップされた第5話でした。「貧乏が移るから寄らないで」と三和が他の秘書軍団に言い放ち、険悪になるところがあって心配でしたが、関係はすぐに元に戻ってよかったです。

次回第6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書6話~サランと父親(リリ・フランキー)が再会!
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

スポンサーリンク

 

マグノリア・トレンドストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました