【ネタバレ】モコミ第2話~「窓が泣いている」萌子美の助っ人はおじいちゃん

モコミ

2021年1月30日『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』第2話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、小芝風花さんが演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”の持ち主で、不思議な感覚を持っているため、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきましたが、あることをきっかけに、自分自身を狭い世界に閉じ込めていた彼女が広い世界に踏み出すことを決意。さまざまな経験を重ねながら、成長していく姿が描かれます。

第1話のあらすじとねたばれはこちらです。

【ネタバレ】モコミ第1話~人間ではなくモノの気持ちがわかる萌子美
2021年1月23日『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』第1話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、小芝風花さんが演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊...

スポンサーリンク

モコミ第2話ねたばれ

萌子美は、工場を辞めて、兄の花屋で働くことになった。

いままで母親に人と話すのが苦手、工場しか働けない、色々なことを決めつけられていた。毎年誕生日がくるのがいやだった萌子美は、自分で決めて辞めた。

工場のみんなが自分と話しをしたがっていたのを知って世界がひっくりかえった萌子美

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

モコミ第2話あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。

 千華子はさらに、萌子美の言った「窓が泣いている」という言葉が引っかかっていた。千華子は萌子美が幼い頃から、他の子とは違う言動を見せるたび心配を募らせてきたのだ。
 萌子美が観に打ち明けたのは、勤める工場の窓のことだった。窓が泣くのを見たくないという萌子美の気持ちを観はあっさりと受け止め、「俺に任せろ」と孫を安心させる。

 萌子美は通勤の行き帰りに、兄・俊祐(工藤阿須加)が父方の祖父から引き継いだ花屋に立ち寄るのを楽しみにしていた。この花屋で花たちとの会話をするのは、学校を休みがちだった小学生の頃から萌子美にとって心安らぐ時間だった。

萌子美は俊祐が初めて仕入れたというバラを見て、顔を曇らせる。あまり長くもたないことに気づき、そのことを兄に告げるが…。

 ある夜のこと。萌子美は家族に工場でのアルバイトを辞め、以前からやってみたいことに挑戦したいと伝える。しかし千華子は、人と接するのが苦手な萌子美にはいまの仕事が合っていると、娘の話を聞こうとしなかった。萌子美の父・伸寛(田辺誠一)はふたりのやりとりを聞いて、複雑な表情を浮かべる。実は伸寛にも家族に話があるのだが、まったく聞き入れてくれない。

スポンサーリンク

萌子美は工場を辞めて花屋で働くことに

観は、萌子美を連れてドライブに。ラーメン屋に入る。観は、工場の仕事を辞めるのは次が決まってからとか、千華子が決めたルールだから、気にしなくていい。他にもあるんだろうな。

萌子美はおじいちゃんに背中を押され、工場のバイトを辞めた。

案の定、千華子に激しく「なんで辞めるの?」追及されるが、萌子美は、

うるさい!なんで私が不安になることばかり言うの!お母さんはいつも私を隠そうとした。ずっと生まれてこないほうがいいのかなって思ってた。誕生日が嫌いだった。今年の誕生日はなんとかしたいから、バイト辞めた。

バイトを辞めることになり、工場のみんなが、萌子美と話をしたかったことがわかった。自分がみんなを避けていたことが分かった。わたしもう隠れていたくない。

 

翌日から萌子美はお兄ちゃんの花屋で働くことになった。

デリバリーの男の人には会えずにいた。

スポンサーリンク

モコミ・相関図とキャスト

 

清水萌子美(しみず・もこみ) / 小芝風花

清水俊祐(しみず・しゅんすけ) / 工藤阿須加

岸田佑矢(きしだ・ゆうや) / 加藤清史郎

依田涼音(よだ・すずね) / 水沢エレナ

桜井真由(さくらい・まゆ) / 内藤理沙

清水伸寛(しみず・のぶひろ) / 田辺誠一

清水千華子(しみず・ちかこ) / 富田靖子

須田観(すだ・かん) / 橋爪功

モコミ第2話感想

萌子美の母・千華子を演じている富田靖子さんですが、人の話をきかない母親を見事に演じてますよね。見ているほうが痛い・・・と思ってしまうほど・・・

育ってた環境で母親から言われる言葉は、娘にとっては結構影響受けると思います。私もそうですし。やっぱり母親は一番心配しているからこそ、ついつい口出してしまう。色々な母親がいると思うけど、自立するのは大事だな~と思います。責任も重いけど。

おじいちゃん役の橋爪功さん、最高ですね。愛情深い・・・萌子美は、アルバイトのデリバリーのお兄さんと早く会えるといいですね。

あとはお父さんですね。何か隠してますが、次回第3話で明らかになります。

【ネタバレ】モコミ第3話~フラワーアレンジメントに挑戦する萌子美
2021年2月6日『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』第3話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、小芝風花さんが演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました