【ネタバレ】モコミ第1話~人間ではなくモノの気持ちがわかる萌子美

モコミ

2021年1月23日『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、小芝風花さんが演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”の持ち主で、不思議な感覚を持っているため、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきましたが、あることをきっかけに、自分自身を狭い世界に閉じ込めていた彼女が広い世界に踏み出すことを決意。さまざまな経験を重ねながら、成長していく姿が描かれます。

小芝風花さんといえば、特撮オタク、妖怪になってしまうなど、個性的な役を行うことが多かったのですが、今回は繊細な役のようです。どんな感じなのでしょうか!?

スポンサーリンク

モコミ第1話ねたばれ

清水萌子美(小芝風花)はモノの気持ちがわかる少し変わった子、不良品を選別するバイトをしているが、高いところにある窓が汚れていて、泣いているように思った萌子美は脚立をもってきて拭こうと思ったが、脚立ごと倒れてしまう。

そのことが気になって萌子美は誕生日にバイトを休んでしまう。家族中、とても気になるがバイトのことは聞けないでいた。誕生日パーティを開こうとしたとき、おじいちゃん(橋爪功)が15年ぶりに訪ねてきた。一緒に暮らしたい。。。母・千華子(富田靖子)は大反対するが、萌子美はおじいちゃんが好きだった。おじいちゃんは自分のことを嘘つきをいわなかった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

モコミ第1話あらすじ

小さな工場で不良品のチェックをしている清水萌子美(小芝風花)。仕分ける速度が他の従業員に比べて速く、黙々と仕事をしていた。

 ある日のこと。萌子美は他の従業員が仕分け終わった部品に不良品があるのを見つけ、思わず「その子、ケガ――」と言いかけてしまう。

実は萌子美には、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”があったのだ。幼い頃はこの感覚を隠すことが出来ず、モノの気持ちを“代弁”することで、周囲との間に波風を立てることも少なくなかった。

 工場でもどこか周りから浮く萌子美は、工場内の高い位置にある窓を見て、突然チーフ従業員に、あの窓を掃除した方がいいのではないかと言い出す。しかし清掃業者が当分来ないとの返事に、自ら脚立を使って掃除しようとしたが、脚立ごと共に倒れてしまう。

萌子美の母、千華子(富田靖子)は娘が工場で問題を起こしたと知らされ、頭を痛める。萌子美がほかの子どもたちとどこか違うことに長年悩み、何事もなく暮らしてほしいと願いつつ、それすら叶わないことに不安を抱き続けていた。それでも夫の伸寛(田辺誠一)や、萌子美の兄で長男の俊祐(工藤阿須加)とともに、自分なりに娘をサポートしてきたのだった。

スポンサーリンク

萌子美の誕生日

窓を吹けなかった萌子美、窓が泣いている。

萌子美は22歳の誕生日を迎えるが、工場に行きたくないと言い出す。この日だけ穏便に過ごしたいと、千華子は娘の言うことを聞くことに。

その夜、家族揃って萌子美の誕生日のお祝いをしていると、訪問者がやって来る。それは千華子の父(萌子美の祖父)だった。

ここに住まわせてほしい。。。

萌子美はおじいちゃんは私のことを嘘つきと言わなかった。

脚立から落ちたのは窓が泣いていたから。泣いていたから綺麗にしようとした。

それを誰も信じてくれない。

スポンサーリンク

モコミ・相関図とキャスト

 

清水萌子美(しみず・もこみ) / 小芝風花

清水俊祐(しみず・しゅんすけ) / 工藤阿須加

岸田佑矢(きしだ・ゆうや) / 加藤清史郎

依田涼音(よだ・すずね) / 水沢エレナ

桜井真由(さくらい・まゆ) / 内藤理沙

清水伸寛(しみず・のぶひろ) / 田辺誠一

清水千華子(しみず・ちかこ) / 富田靖子

須田観(すだ・かん) / 橋爪功

モコミ第1話感想

萌子美の母親・千華子(富田靖子さん)が強烈ですね。全く人の話をきかない。。。夫は何回も話しかけてますけど、まったく聞く耳を持たない。こういう上司もいますよね(笑)

小芝風花さんはオタクとか妖怪とか普通の女の子の役をみたことがなかったので、今回、モノの気持ちがわかる不思議な萌子美を演じてますが、風花さんらしいですよね。いつも、モノを大事にしてそう。

でも植物もはなしかけるとよく育つっていうし、あまり極端だと周りから怪訝な目で見られてしまうのかもしれませんが、モノを大事にするのは良いことだと思いました。そういう気持ちを思い出させるのに良いドラマかもしれません。

このドラマ自体は、萌子美がモノの気持ちをどうやって折り合いつけていくかが見どころですね。あと橋爪功さんがおじいちゃんなので、萌子美とのやりとりが楽しみです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】モコミ第2話~「窓が泣いている」萌子美の助っ人はおじいちゃん
2021年1月30日『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』第2話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、小芝風花さんが演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました