【金曜ドラマ・MIU404・第8話ネタバレ・感想】伊吹の恩師ガマさんが殺人を!?

MIU404

2020年8月14(金)MIU404の第8話のあらすじとネタバレになります。

伊吹(綾野剛さん)が警察官になるきっかけをくれた恩師のガマさん(小日向文世さん)がなんと奥さんをひき逃げした犯人を連続殺人を模倣して殺害してしまいます。伊吹がガマさんを「俺はいつだったら止められた?」と何度も声をかけるシーンはグっときました。。。小日向文世さんのボケてないのに、ボケたフリをするところや、奥様を殺害されたことによる恨みをはらす強い決意・・すごい迫真な演技で感動しました。

第7話のあらすじ・ネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

【金曜ドラマ・MIU404・第7話ネタバレ・感想】トランクルームで亡くなっている男性は自殺?
2020年8月7(金)MIU404の第7話のあらすじとネタバレになります。 菅田将暉さんが第3話で突然出てきましたが、今日また現れました。「久住」という名前で、第3話で逃げた成川岳の面倒をみてました。しかしドーナッツEPというドラッグ(第...

 

スポンサーリンク

MIU404・第8話あらすじ・ネタバレ

桔梗隊長の家に盗聴器が仕込まれた。お風呂のガス点検のときに志摩が立ち会ったが、ほんの少し目を離したときに業者に扮した犯人に仕込まれた可能性が高い。責任を感じる志摩

山中から堀内信也の遺体が見つかる

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場へ急行する。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となる。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事・刈谷(酒向芳)の手伝いに駆り出される。

刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で、伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)と出会う。

スポンサーリンク

堀内信也の担当刑事が蒲郡だった

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡(小日向文世)だった事を知る。さっそく蒲郡に会いにいく。連続殺人犯とされた堀内信也のギャンブルの情報を聞くが、、あまり思い出せなかった。

志摩は蒲郡が欠陥型認知症の薬を飲んでいることを見つける。

UDラボの解剖結果から連続殺人ではなく別の事件だとわかる

志摩は、UDラボの所長から呼び出された。過去2件の鑑定書を調べたところ不自然なところがあった。指3本が切断された向きが違うというのだ。手口がおなじようで違う。

刈谷刑事から蒲郡は認知症ではなく事故でボケてしまったことを聞いた。

志摩が伊吹の部屋に来る。伊吹はハムちゃんと蒲郡と3人で暮らすことを考えている。茨城で悪さしていたころに、ガマさんと知り合い警官になろうとしていたことを話す。

志摩「お前の勘は今何を感じている?ガマさんの家の歩行器の曲がり、今年4月に奥さんは自宅の前で交通事故で死んだ。そしてガマさんも頭を打ち、記憶障害になった。事故現場に残された車の塗料と堀内信也の車の塗料が一致した。ガマさんには動機がある。」

スポンサーリンク

伊吹は蒲郡の自宅へ、蒲郡は犯行を認める

奥さんの写真を見たいと蒲郡の家に行く。奥さんはキリストのネックスレをつけていた。退官してゆっくり妻と暮らすために家を買った。出所した堀内から連絡があった。

外国人労働者の支援をやりたいと言っていた矢先、妻と蒲郡は交通事故にあった。犯人は堀内信也。

事故後気づいたら、1週間経っていた。何があったかまるで思い出せなかった。二度と笑わない麗子・・・・。

ひいた証拠はあってもその事故は過失致死になるだけだ。あれは殺人だ。迫害されたキリシタンは指3本が切り捨てられ、荷札には獣の文字。今になってその気持ちがわかる。処刑人にも両親の呵責がある。

堀内は許してくれって何度も叫んだ。俺はなんども叫んだ「俺は許さない、許さない、許さない、刑事だった俺を捨てても、俺は許さない」

伊吹は、誰でもやり直せると俺に教えてくれたじゃないか!俺はどこで止められた?いつならガマさん止められた?いつだったら止められた?

堀内を殺したのは俺だ。これは自首ではない。逮捕しろ。そして早く死刑にしろ!!!

 

志摩「ガマさん、何があってもあなたは人を殺してはいけなかった。全警察官と伊吹のためにも。」

 

 

蒲郡は志摩に

「お前にできることは何もなかった。何もだ。。。と伊吹に伝えてくれ」

スポンサーリンク

MIU404・相関図・登場人物

 

MIU404・登場人物

 

404号車・伊吹藍(いぶきあい)綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

 

志摩一未(しまかずみ)・・星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

 

 

桔梗ゆづる(ききょうゆづる)・・麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

 

 

九重世人(ここのえよひと)・・岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

MIU404・第8話感想

蒲さん(小日向文世さん)は伊吹と再会したときには奥さんがすでに亡くなられていたんですね。誰にも何も言わずに犯人に復讐。。。志摩が全警察官のために殺してはいけなかった。。。と言ったシーンがありました。その通りですけど、やっぱり人間って絶対に割り切れないことってあるのかな。平和に暮らしているのが普通であることが有難いことなんだなって思いました。

伊吹(綾野剛さん)の悲しい気持ちと、相手を想うとても優しい気持ちが伝わってきて泣いてしまいました。警察官になるきっかけをくれたガマさんが殺人を犯してしまう。。。たくさん伊吹は泣いてました。痛々しかったけど志麻が相棒として支えていたところも感動しました。良いドラマだなぁ。

ハムちゃんとガマさんと3人で暮らす夢は壊れてしまいました。。。3人で暮らすところ見たかったなぁ。

第9話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました