【金曜ドラマ・MIU404・最終回ネタバレ・感想】久住を逮捕!?陣馬がひき逃げされる!

MIU404

2020年9月4(金)放送されますMIU404の最終回のあらすじとネタバレになります。

前回の久住のフェイク爆弾テロの迫力がすごい中、最終回はもっともっと驚かされました。志摩が銃殺されたかと、ガーーンと思っていたら、それは2人がドーナツEPよりもっと強力なドラッグの影響で気を失い2人で見ていた夢でした。よかった2人とも無事でした。

でも伊吹が、屋形船にいる久住をダッシュ追っていくところは、あまりのスケールの大きさに「すごい」しか、言葉がでません。2人は久住を逮捕することができました。

久住演じる菅田将暉さんも、初めて登場したのは第3話からだと思いますが、まさかこんな恐ろしい役だったなんて。。最後まで何者か?は明らかにされませんでした。

くわしくはネタバレ記事をご覧ください。感想も最後に載せてます。

第10話のあらすじ・ネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

【金曜ドラマ・MIU404・第10話ネタバレ・感想】久住の正体は!?
2020年8月28(金)放送されますMIU404の第10話のあらすじとネタバレになります。 今回のMIU404はものすごいフェイクがありました。久住(菅田将暉)が都内に10か所に爆弾を落とした!!ニュースやSNSでもたくさんの書き込みがあ...

 

スポンサーリンク

MIU404・最終回あらすじ・ネタバレ

陣馬が意識不明になってから10日が経過していた。。

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。

志摩と伊吹の関係がギクシャク

別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。あのとき久住ではなく病院を選んだ。昔の俺なら人に頼らず迷わず久住を追っていた。そのせいで久住はあれから行方不明、そして爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまい、陣馬も重体になってしまった。

九重(岡田健史)も次の配属先が決まらず、有給消化していた。陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。

スポンサーリンク

RECが釈放され志摩と組み久住を追う

RECが釈放された。『コジマユカイ』本名まで晒されてしまった。RECのパソコンから爆弾テロの予告がされたが、志摩が一連のやりとりを録音していたため無実が証明された。志摩はRECに久住を追うことを協力してもらう。

久住にバレずに注目を集める方法。。。久住の似顔絵を晒すことにした。しかしその似顔絵は似ても似つかなかった。

伊吹は久住を殺しかねない勢い

久住を指名手配したいが証拠がない、EP工場は他人名義、陣馬を撥ねたトラックは偽造ナンバー、伊吹は久住に、刑事を捨てても俺は許さない。。

桔梗は1機捜と4機捜の隊長を下りた。志半ば、私の志はみなさんが引き継いでくれると信じている。と挨拶する。4機捜の存続も危ない。

似顔絵を晒したのは志摩ではないかと、桔梗と伊吹が疑う。桔梗は、伊吹が心配、久住を殺す勢いだと忠告を受けた。

志摩は伊吹に、「新しい隊長がきたら適性がないから奥多摩に戻す」と伝え、伊吹は怒って殴る。

久住の居場所がわかった

久住の変わったスマホケース、ロンドンから送付されていた。志摩は九重に警察庁からロンドンに捜査してもらい発送場所をつきつめると、その中に東京湾マリーナのG11宛に発送されたのがあった。これが久住ではないか?

志摩と九重の会話を、伊吹は盗聴していた。

志摩は、「伊吹の判断で久住を取り逃したとき信じなければよかった。うまくいっているときは最高の相棒、ミスしたときは相手のせい、、、」伊吹はここまでの会話を聞いて、イヤホンを外す。

そのあと志摩は、続けて「勝手だよな。伊吹は危なっかしいけど正しいやつで、あいつにはそのままでいてほしい。助けられる人がたくさんいる。」と話していた。

警察官として動くか、一人で動くか。。。悩んでいるとき、志摩は盗聴器を仕掛けられているのを見つけた。伊吹に電話すると志摩はすでに東京湾マリーナにいた。

スポンサーリンク

2019年10月16日の最悪の夢・・・

伊吹は久住を見つける。1対1で話す。しかしクルーザーでドーナツEPの精製場所で伊吹は閉じ込められてしまう。

志摩が到着し救出するが、閉じ込められてしまう。

志摩が目を覚ます。拳銃で久住を追い込むが、背後から久住の仲間が拳銃で志摩を撃つ。。。。その直前、志摩は、伊吹が目をさまして俺が死んでいるのをみたら、お前を絶対に許さない。

 

伊吹が目をさます。。久住は志摩のことをしらばっくれる。。。しかし志摩が撃ち抜かれているのを発見する。志摩は伊吹に「(久住を)殺すな。。。。」

しかし伊吹は久住を射殺してしまう。。。志摩も久住も殺害された?

これは気を失った2人がみた夢だった。

2019年10月15日現実に戻る

 

陣馬が意識を取り戻した。

そしてクルーザーに閉じ込められていた伊吹が目をさました。志摩も生きていた。。。

2人はクルーザーから飛び降り、他船に助けを求めた。

久住は外海(海外)に出ようとしていたが警察が包囲する。桔梗は指揮をとる「久住をここで逃がしたらまた新たな被害者が生まれる、未来を捨てるんですか?」

クルーザーで海外にでることをあきらめた久住は、金持ちのプライベートジェットを持っている知り合いにあうために屋形船にいた。

スポンサーリンク

久住は自ら?橋に頭をぶつけて確保される

久住を発見した伊吹、歩道橋から屋形船に飛び乗る。

久住を追い詰めるが、久住は逆に歩道橋によじ登って地上に出た。

地上では志摩が追う。。。

そしてまた追い詰められた久住はUターンしてきた伊吹がいる屋形船に飛び乗る。

久住は橋に頭を打ってしまう。血が出ているところを警察の暴行されたとして仲間に証人になってもらおうとしたが、全員ドーナツEPでラリッていた。

こんな世界にしたのは久住自身だ。。生きて俺たちとここで苦しめ。。。。

1か月後、久住の身元は分からず完全黙秘

 

1か月後。。。。

陣馬が退院した。

久住の身元が分からない。完全黙秘。。雑談にも応じない。

久住は志摩と伊吹に「俺はお前達の物語にならない。」

官公庁、警察の内部システムに入り込んでいたら。。。戸籍を消すこともできる。

 

2020年夏。。。

ゼロ地点から向かいます。。。

 

スポンサーリンク

MIU404・相関図・登場人物

 

MIU404・登場人物

 

404号車・伊吹藍(いぶきあい)綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

 

志摩一未(しまかずみ)・・星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

 

 

桔梗ゆづる(ききょうゆづる)・・麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

 

 

九重世人(ここのえよひと)・・岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

MIU404・最終回感想

最終回はすごい細かいところまでフォローされていて、たとえば、伊吹は恩師・蒲郡に面会、差し入れと面会を申し出ますが、拒否されてしまいます。伊吹は蒲郡さんと何を話したかったんだろうな。。陣馬さんが意識不明になって不安だったに違いないなって思ったり。。

今日一、伊吹が一番かっこいいなって思ったのは、志摩が伊吹を機捜の資質がないと奥多摩に戻すと伝えたときの伊吹の渾身の一発パンチ!!と「ふざけんな!!!」って怒ったところ、、、実際は糸巻(スパイダー班)に盗聴器を仕込ませるための演技?だったのかもしれませんが、奥多摩に戻すと言われて相棒としてはショックだったのかな、伊吹の怒りが伝わってきました。

志摩が本当に無事でよかった。。。あそこで背後からの変な外人に射殺されていたら、悲しいドラマになってました。志摩の伊吹を思う本当の気持ちが伊吹に伝わらなかったのは残念。

MIU404は、毎回、”感動”ではなく、”意想外(想像もしてないこと)”で驚きぱなっしのドラマでした。

コロナも意想外ですけど、こちらは何かが失われる。。。恐ろしさがあるけど、MIU404は明るい未来が待っているような、こんなことできるんだ〜そんな気持ちにさせられました。

是非今度は映画でみたいです!このスケールの大きさと迫力は映画向きです。大きなスクリーンで志摩と伊吹をみたいな。。。あまり映画館行かないですが絶対に観に行きます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました