【金曜ドラマ・MIU404・第7話ネタバレ・感想】トランクルームで亡くなっている男性は自殺?

MIU404

2020年8月7(金)MIU404の第7話のあらすじとネタバレになります。

菅田将暉さんが第3話で突然出てきましたが、今日また現れました。「久住」という名前で、第3話で逃げた成川岳の面倒をみてました。しかしドーナッツEPというドラッグ(第3話)をドリンクにいれて飲んでました。ということは成川はドラッグに手を出してしまったのですね。。久住は元締めなのかもしれません!!最終回には志摩、伊吹との闘いになる可能性がありますね。

第3話のあらすじ、ネタバレはこちらになります。成川岳の事件がわかります。

 

第6話のあらすじ・ネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

MIU404・第7話あらすじ・ネタバレ

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。

一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。しかし3人とも本名を教えてくれない。

トランクルームの死体は指名手配犯だった、陣馬も指名手配犯を追いかける

伊吹は”隣”に誰かいると気づき、違法にトランクルームに住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、退職金詐欺にあってしまいここに住んでいた。隣の人は、けんさん、”きんぴら”という猫を飼っていた。ケンさんが殺害されたと思われる一昨日、”きんぴら”

免許証になった山中は、12年くらい前、銀行口座を売っていた。”ケンさん”は自分の名前でトランクルームを借りられない人物だった。伊吹は思い出した。”けんさん”は強盗致傷で指名手配されていた人物だった。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、無賃タクシーしながらも追いかける!

スポンサーリンク

指名手配犯2人は9年前の強盗致傷事件の犯人

平成21年の杉並区の強盗致傷事件、犯人は2人組、トランクルームで亡くなっていたのは梨本だった。もう1人の犯人は大熊邦彦、なんと陣馬が追っている指名手配犯だった。

2人は、同じトランクルームで別なルームに住んでいた。”けんさん(梨本)”を殺害したのは、大熊だった。けんさんが、「俺たちは死んでいるのと同じだ、もしあのとき自首していたら、今頃出所して自由になっていた。もし時効がきても俺たちは自由になれない」と責められ言われ逆上した。

大熊はこの9年間、鍛えていた。

手強い大熊を逮捕

 

出前太郎(KingGnu 井口)が襲われる。

大熊は出前太郎の自転車とジャンパーを盗み逃げたが、神馬、伊吹、志摩によってとらえられる。

強盗致傷の定年は10年から15年に延びていた。

大熊は捕まった。

陣馬は息子の食事に駆けつけて無事に挨拶をすることができた。九重から指名手配犯を手配したとメールで連絡されていた。

スポンサーリンク

成川岳は久住(菅田将暉)とドーナッツEP

成川岳は久住(菅田将暉)に世話してもらっていた。

久住は新しい仕事を指示する。「浜田さんっていう人がいて、この会社に電話して仕事手伝ってあげて。」大金を渡す。「これからなんぼでも稼げる。」

そしてドーナッツEPが入っているドリンクを2人で飲む。

ドーナッツEPはドラッグだった。

 

同じころ、隊長の家に盗聴器が仕込まれていたのがわかった。ハムちゃんを狙われているのか。。。

スポンサーリンク

MIU404・相関図・登場人物

 

MIU404・登場人物

 

404号車・伊吹藍(いぶきあい)綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

 

志摩一未(しまかずみ)・・星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

 

 

桔梗ゆづる(ききょうゆづる)・・麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

 

 

九重世人(ここのえよひと)・・岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

MIU404・第7話感想

 

りょうさんがドラマに出演してました。それもコスプレマニア?だけど弁護士だったんです。

最後は歌を歌ってました。。。いつもクールな役が多かったのでこのギャップにびっくりでした。

トランクルームで殺害されている男性がいて、その同じトランクルームでコスプレ関係の衣装とかを置いてあったようです。

陣馬が息子の結婚相手の家族に挨拶していた場面が感動でした。「自分の誇りです!!」と宣言していました。なんかいいですよね~。

ところどころ感動するセリフやシーンが散りばめられているドラマです。見逃せないです!!

次回8月14日放送の第8話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました