【金曜ドラマ・MIU404・第2話ネタバレ・感想】ナイフをもった逃亡者を追う

MIU404

2020年7月3日(金)放送されますMIU404の第2話のあらすじとネタバレになります。

第1話ではいきなり車を廃車にするほどのカーアクションがすごかったですが、第2話では、まだ新しい車は納車されておらず、メロンパンを販売する車で犯人を追いかけてました。

志摩(星野源さん)と伊吹(綾野剛さん)の掛け合いが絶妙ですね。伊吹が「陽」と志摩が「陰」で、今日の第2話は志摩の「陰」の部分が見え隠れしました。相棒を殺してしまった?

星野源さんは真面目で暗い役がぴったりですね。綾野剛さんの明るさが際立ちます。

第1話のあらすじ・ネタバレはこちらになります。見逃した方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

MIU404・第2話あらすじ・ネタバレ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

加々見は田辺夫妻の車に立てこもり逃げる

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。運転ができない。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。血の掌紋は一体誰のか?

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺う。

スポンサーリンク

田辺夫妻の奇妙な態度

検問を突破する田辺夫妻。犯人を「自分の息子の秀則です」と伝える。

田辺には13年前死亡した息子がいた。生きていたら犯人と同じ歳だった。「本当に人を殺したの?」妻は聞く。否定する加々見

志摩が田辺夫妻の車に近づき「バックドアに何か挟まっている」と声かけて、車内にボイスレコーダーを置いてくる。

加々見は実家を家でし東京で日雇いアルバイトでネットカフェで住んでいたころ偶然、岸にあった。岸に会社を紹介してもらい人間らしい生活ができるようになった。その岸が先週クビになっていた。従業員が専務にパワハラされていてそれを岸が庇ったらクビになった。

加々見は山梨に向かう

岸の実家は山梨だった。加々見は山梨に向かっていた。自分の無実を証明するためだった。

田辺夫妻の車を襲う防犯カメラが映像が確認された。マル秘を確保するよう本部から連絡が入る。

田辺夫妻は加々見と約束する。「君が行こうとしているところまで付き合うよ」

「僕はあなた達の息子じゃないですよ」と伝えると、田辺は、「息子は学校で財布が盗まれる事件があり信じてあげれなかった。秀則は無実だった。死んでからわかった。あの子にまた会うことができたら今度こそお前を信じると伝えたい」

志摩と伊吹は確保しようとするが、田辺夫妻はカラダを張って加々見を逃がしてしまう。

スポンサーリンク

加々見は専務を刺していた

岸は東京で女の家で寝ていた。「俺はやってない」と言うとき、自分のやってしまったことを信じたくないときにも言う。加々見は自殺するかもしれない。

下富士町にラウンドホームという雑貨屋があり、そこから歩いていくと言ってました。最終的にどこへ行くかは知らない。

現場にあった血の掌紋は加々見のものだった。

岸から加々見に電話が入る。

加々見「あいつを殺して俺も死ぬ。10数年ぶりの我が家にいた。こうなったのはすべて親父のせいだ!僕がこうなった責任をあいつがとるべきだ!!」

しかし父親は2年前、交通事故で死んでいた。父親へのあてつけのために専務を殺したのか?

専務に頭を押さえつけられ、それが父親からの虐待とオーバーラップし殺害してしまった。「こんなはずじゃない、こんなはずじゃない、なんでこうなった」

父親へのあてつけのために殺してしまった

志摩「加々見さん、あなたは人を殺した。命は取返しがつかない」

伊吹「おまえばかだな、どんなにくずでも殺したほうが負けだよ、無実でいてほしかったな」

田吹夫妻が現場にかけつける。「いつかまた3人でドライブしよう、うどん食おう、ごめんね、ごめんね」

加々見は頭を下げる。

スポンサーリンク

MIU404・相関図・登場人物

 

MIU404・登場人物

 

404号車・伊吹藍(いぶきあい)綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

 

志摩一未(しまかずみ)・・星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

 

 

桔梗ゆづる(ききょうゆづる)・・麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

 

 

九重世人(ここのえよひと)・・岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

MIU404・第2話感想

「お前は長生きしろよ」志摩が最後に伊吹にいいます。相棒を殺したために捜査一課から追いやられたみたいなことを九重は話してました。

伊吹役の星野源さんは何かを抱えている本音がわからない役回りがうまいですね。伊吹も天真爛漫な明るさがあって陽と、陰のバディですね。

富士山が綺麗だったな。。。まだ雪があったので3月ごろのロケだったのかもしれません。何か富士山がみれて得した気分になりました。

2020年7月10日のMIU404 第3話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました