【金曜ドラマ・MIU404・第1話ネタバレ・感想】伊吹と志摩のバディ誕生!!

MIU404

ようやくMIU(みゅう)404・第1話が2020年6月26日(金)放送されました。あらすじとネタバレを紹介します。

カーアクションに度肝を抜かれました。志摩(星野源さん)と伊吹(綾野剛さん)の新しいタッグは、優等生的な志摩と野生のまま生きる伊吹2人のバディなようです。でも2人とも相通じるものがある感じです。まだ第1話ですけど車が何台廃車になるんだろう。と思うぐらいすごい迫力でした。

タイトル『MIU404』の“MIUみゅう”とはMobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字のことで、“404”はダブル主演となる綾野剛さんと星野源さんが演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインになります。パトカーの屋根の上に404とあります。

しかしこの404、インターネットで存在しないページのことを「404エラー」と出るのですが、それにも引っ掛けているっぽいです。

まだ仮の部署、第4機動捜査隊ですが、毎回ものすごいカーアクションと捜査本部よりも早くに犯人を捕まちゃうのではないでしょうか。楽しみですねー。

スポンサーリンク

MIU404・第1話あらすじ・ネタバレ

 

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。(3日に一度の出勤が4日の1度の出勤になる。)

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

志摩と伊吹の新バディ誕生

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩。

煽り運転する赤い車を追っているときお祖母ちゃんが倒れる

1台の赤い車が志摩たちの車に近づき、煽られる。志摩はこういうとき機捜は無視をすると伝えるが、伊吹はどんどん追っていく。そんな最中、煽り運転にびっくりしたおばあちゃんが道端で転んでしまった。

伊吹は車をとめて道交法違反で赤い車の運転手をつかまえようとする。志摩がおばあちゃんに話しかけるが、「千紗ちゃんのおもちゃのステッキがない。」

伊吹が運転手と揉めているため、おばあちゃんをその場にいるよう伝えて現場に戻る。煽り運転の赤い車の運転手と話をつけたあと、おばあちゃんの元に戻るが、すでにおらず、プレゼントの袋だけが残っていた。

赤い車の煽り運転の運転手が襲われる

襲われた現場に行き、初動捜査・目撃者の聞き込みを始める。

伊吹は聞き込みした内容をメモしてなかったが、志摩が伊吹にレコーダーを仕込んでいた。機動捜査隊は初動捜査が仕事であり報告書をつくるために必ずメモは必要だった。

襲われたのは赤い車で煽り運転をしていた水島だった。頭部打撲で救急車に運ばれた。志摩は、犯人は被害者のポケットから車の鍵を盗んだと推察。

近くの駐車場からあの赤のあおり運転の車があった。昼間の髭男が被害者だった。ドライブレコーダーがなくなっていた。機捜404のドライブレコーダーから白い車が跡を追っているのがわかった。

犯人は煽られたことを怒り、水島を襲った。自分が捕まらないようにドライブレコーダーを回収した。

スポンサーリンク

おばあちゃんが行方不明に。。。

昼間のおばあちゃんが家に戻ってないと警察に通報があった。孫のおもちゃを購入したお店にいくともう1つほしいと言われたがなくて深川通りのおもちゃキャプテンならまだあるかもと地図を渡していた。

志摩は生活安全課に任せようと伝えるが伊吹は納得がいかない。

そこに白い車が通った。伊吹は犯人の車だと伝えるが、志摩はナンバーが違うという。しかしその後の調べで容疑者の白い車は偽造ナンバーで煽り運転の常習者だとわかった。

伊吹はやっぱりさっきの白い車は犯人の車だと志摩に伝える。

理由は「なんとなく。。。」「感覚や勘で言うのは止めてくれ」と一蹴する志摩

伊吹は「エンジン音が同じだった」ということを思い出した。

4機捜で犯人を逮捕

いまの状況で緊急配備は無理。俺たちだけで白い車を探す。

犯人の車がみつかる。陣馬と九重が折っていた車が犯人の車だった。

逃走するのをおいかける志摩&伊吹だが歩行者をまもるために車を廃車にしてしまう。

志摩が逮捕した。伊吹は「よかったな、誰かを殺す前に捕まって」

行方不明になっていたおばあちゃんも見つかる。

スポンサーリンク

MIU404・相関図・登場人物

 

MIU404・登場人物

 

404号車・伊吹藍(いぶきあい)綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

 

志摩一未(しまかずみ)・・星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

 

 

桔梗ゆづる(ききょうゆづる)・・麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

 

 

九重世人(ここのえよひと)・・岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

MIU404・第1話感想

 

カーアクションがスゴ過ぎです。西部警察!?って思わせるほど。。。爆破はなかったのですが、1台廃車になってしまうほどの横転があり、それに乗っていたのは伊吹と志摩です。星野源さんと綾野剛さんがめちゃくちゃ体張ってます。大丈夫??と思ってしまいましたが、歩行者をまもるために暴走する犯人を止めるのが目的だったんです。

志摩(星野源)は、何か過去にあったっぽいですが、とても優秀な刑事ですね。伊吹(綾野剛)は危なっかしいですが正直・純粋で刑事っぽくないのですが、野生の感がすごそうです。逃げる犯人の車を走って追いかけてました。。。アンビリバボー

1日24時間、東京の街を守ってくれる機動捜査隊・命がけですね。

次回7月3日放送の第2話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました