【家政婦のミタゾノ傑作選5/22あらすじ・ネタバレ】ド根性ねじの秘密

家政婦のミタゾノ

2020年5月22日放送の家政婦のミタゾノは傑作選で、2018年4月29日に放送された再放送になります。

剛力彩芽さんがミタゾノの同僚(助手に近い)で出演されていたシリーズですね。とてもかわいかったのを覚えてます。今回の再放送はミタゾノと新人・真琴(剛力彩芽)がはじめて2人で派遣される派遣先になります。下町〇ケットを彷彿させる話でしたが、ミタゾノの蹴りがゴジラを上回りました(笑)

スポンサーリンク

家政婦のミタゾノ・傑作選5/22・あらすじ・ネタバレ

 

むすび家政婦紹介所の“伝説の”家政夫・三田園薫(松岡昌宏)――消息不明になったと噂されていた“彼女”は、実はロケットの発射現場にいた・・。しかし何やらロケットが失敗に終わった原因になったようで・・・。

その頃、むすび家政婦紹介所では新人の五味麻琴(剛力彩芽)が、平野らむ(椿鬼奴)、早坂倫子(内藤理沙)から三田園の噂話を聞かされていた。らむの話によると、“三田園が派遣された家は必ず壊れる”らしい…。

ド根性ネジの開発をする花沢ねじ製作所

その後、所長の結頼子(余貴美子)から、『花沢ネジ製作所』という小さな町工場に派遣された麻琴は、そこで社長の花沢進助(橋本じゅん)と妻の美千代(森脇英理子)と出会う。

進助のネジ開発にかける思いと、彼を献身的に支える美千代の姿、そして社員たちとの絆に胸を打たれた麻琴は、花沢たちのために尽力することを決意。しかしその矢先、工場にやってきた銀行の融資担当者・岡田(是近敦之)が融資の打ち切りをほのめかしにやってくる。

バニラアイスにコーヒー、醤油をかけた“特製アイス”で岡田をもてなそうとする麻琴。しかし頑なに「いらない」と言う岡田と押し問答になり、シャツに醤油を飛び散らせてしまう! 激怒した岡田は麻琴を即刻解雇しろと息巻くが、そこに買い物袋を下げた三田園が登場。おもむろに大根を取り出し、真っ二つに割った大根の断面で醤油のシミを消し去ってしまう!

スポンサーリンク

銀行の融資担当と付き合っていた妻・美千代

 思いがけず“伝説の家政夫”三田園とペアを組むことになった麻琴。しかし三田園が花沢家の引き出しやクローゼットを片っ端から開け、中のものを確認していく様子に衝撃を受ける!

『花沢ネジ製作所』の従業員たちを「誠実な人たち」と絶賛する麻琴に、三田園は「油の汚れの下に素顔を隠した人もいたりして…」クローゼットの中から東京中央銀行の粗品がたくさん見つかる。

妻の美千代は金策に走り回っていると見せかけて、なんと融資担当の岡田とできていた。岡田の部屋へいくミタゾノ・・・追加資料を持ってきたが、さすが鼻がきくミタゾノ

花沢社長は金策をしてこいと妻を脅していた

ある日、ひどく汚れた作業着を捨ててしまったミタゾノ。それを知った花沢社長は「汚れた服は勲章」だとして必至にゴミ捨て場から取り返す。

花沢社長は美千代に「俺はお前のためにこの会社継いで頑張ってきた」金策はどうなっているのか?強く脅していた。

折れないねじができた!?

そして折れないネジができた。

祝賀会をしているとミタゾノが「商工会から鏡開きが届いた」と樽を持ってくるが、その中身はド根性ねじをライバル会社に売る書類だった。「今日でこの会社は畳むことにした」といきなり方向展開する社長。魂は一度死ななきゃ魂にならないだろう。。もうこの下町で汗まみれ働くなんてまっぴらなんだよ!豹変する社長夢より金に決まっているだろうが・・・。会社を裏切っていた社長

すべての嘘が明らかに・・・

工場が煙だらけになったー。

そんなところに皆の携帯に美千代が銀行員とキスした写真が送付される。私が脅されていたのは社長よ!

そして一番の古株の”げんさん”は、足を引きづっていたが会社から労災をもらうための嘘だった。また工場で働いていた若い従業員は、全員社長の隠し子だった。

こんな人達と一緒に暮らしたくない・・・必死にみんなは逃げようと戸をあけるが、扉はド根性ねじで封鎖されている。

ゴジラが踏んでも開かない。

ミタゾノがド根性ねじを折る!

しかしミタゾノの一発の蹴りで扉は開く。火事は発煙筒だった。

ミタゾノがすべてを暴くために仕掛けた嘘だった。

ド根性ねじが成功したと思っていたが、従業員によってデータを改ざんされていた。社長によってもてあそばれた母親の復讐だった。

すべて仕組んだのはミタゾノ、発煙筒の実行犯は銀行員だった。

服にこびりついた汚れは重曹と一緒に洗うことで綺麗になる。そこに従業員が全員戻ってくる。

「会社を売るのは辞める」夢をみていたことを思い出した社長は再発する。

 

 

今日の家事ネタ

① バニラアイスに醤油をかけると和風になる。

② 醤油などで汚れた染みは大根で落とせる

③ お米のとぎ汁は床のワックスになる

 

スポンサーリンク

2020家政婦のミタゾノ・登場人物

 

三田園薫(みたぞの・かおる)……… 松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に、なぜか女装をしている謎多き人物。家事のスキルはプロ級。驚異の身体能力も併せ持つ。
ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

村田光(むらた・ひかる)……… 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

 

霧島舞(きりしま・まい)……… 飯豊まりえ

むすび家政婦紹介所に新しくやってきた家政婦。趣味は人間観察。人間性を見抜くことが得意で、依頼人の“秘密”を覗かずして勘付いてしまう。忖度とか嘘が苦手で、歯に衣着せぬ物言いがトラブルを引き起こすことも…。今までに会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうと…。若い割に人生経験が豊富。

 

 

式根志摩(しきね・しま)……… しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

 

阿部真理亜(あべ・まりあ)……… 平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物である。

 

結頼子(むすび・よりこ)……… 余貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。またしても脱税疑惑をかけられ、業務停止に追い込まれていたが、土日を挟んだだけで営業再開。本当に脱税していたかどうかはグレーゾーン。

家政婦のミタゾノ・傑作選5/22・感想

「ド根性ねじ」ってすごいネーミング・・本当おもしろい。

今回のドラマで印象深いのはド根性ねじができて祝賀会をあげているときにミタゾノが鏡開きの樽を持ってきますが、その名前が三田園の一字をとった園々だったのがおもしろい!!

 

細かいところが丁寧にできているのがこのミタゾノの良いところです。また一つの家族が立ち直りました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました