【ネタバレ】家政夫のミタゾノ2022年最終回~三田園の出生の秘密とは!?

家政婦のミタゾノ2022

2022年6月10日「家政夫のミタゾノ2022年」最終回のあらすじとネタバレ、感想になります。

このドラマは女装した大柄な家政夫・三田園 薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくドラマです。

松岡昌宏さん主演のドラマとして2016年10月クールにスタート。1年半後の2018年4月クールに第2シリーズ、翌2019年4月には第3シリーズ、そして2020年4月に第4シリーズを放送し、今回が第5シリーズになります。

全シリーズみてますが、本当に面白いです。金曜日の夜ということで平日の仕事の疲れが笑いで吹き飛ばされるような、元気がでるドラマですよ。松岡さんのミタゾノ最高です。

第7話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】家政夫のミタゾノ2022年第7話~悪魔のような子供たちと闘う
2022年6月3日「家政夫のミタゾノ2022年」第7話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは女装した大柄な家政夫・三田園 薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッ...

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ2022年最終回あらすじ

 ある日の退勤中、突然数名の男たちによって連れ去られてしまった三田園薫(松岡昌宏)本仮屋素子(山本舞香)。目を覚ますとその部屋にはなぜか、素子の父・靖男(飯田基祐)と母・佐和子(片岡京子)、そして靖男が勤める会社『ゴラク堂エンタープライズ』の専務・山本克己(小須田康人)や社長の川嶋明夫(小浦一優)らが同じように家族とともに閉じ込められていた。

そこに1人の初老の女性が現れる。川嶋や靖男たちから「総帥」と呼ばれるその女性は、『ゴラク堂エンタープライズ』の創業者にして最高責任者の堀之内花子(萬田久子)。花子は、自分の後継者を決めるためのゲーム『GORAKUDOU ENTERPRISE SURVIVAL OFFICIAL GAME』、通称『GESOゲーム』を開催するため、ここにいる面々を”招待”したのだと話す。

最後まで勝ち残ることができたら、ゴラク堂が所持する施設の全経営権と花子の個人資産800億を相続、しかし脱落した者はその場で即解雇した上、退職金も没収し社会的にも抹殺――とんでもなく過酷なルールに、家族のことを考えた靖男は辞退しようとするが、なぜか素子はやる気満々で参加を表明してしまう!

しかも、素子の”姉さん(姐さん)”と勘違いされて連れてこられた三田園は、なぜか花子に気に入られてしまい、ゲーム終了まで家政婦として花子のもとで働くことに。報酬は200万円。

そして椅子取りゲームからはじまった。現社長が素子に負けて脱落。

素子は三田園に自分は本当に娘じゃないことを明かす。

花子の部屋を物色した三田園は、花子に死に別れた子どもがいたことを知る。

スポンサーリンク

素子の本当の親は?

2ndステージからミタゾノが進行役に。2つ目のゲームは双六。

専務・山本克己はギャンブルで負けたお金を返済するために会社のお金を横領していた。妻も投資詐欺に引っかかっており、本仮屋親子が買ってしまった。

そして最後のゲームは家族ごっこだった。そこにミタゾノ、総帥も参戦する。総帥は、「素子ちゃんをちょうだい、わたしはこの子が気に入ったの。50億でいいわ。」ミタゾノは「これはゲームよ。」というが、父は「いくら遊びでもお金で娘を渡すことはできない」いくら1000億積まれてもお断りだ!父親は「誰が何といおうと俺たちの娘だ!」

素子は本仮屋の家族を選ぶ。父は実の娘だと、昔素子がきいた「本当の娘じゃない」というのは素子の知らないところで犬のモトコを飼っていて死んでしまったから。。。

だが本当のところ素子は総帥の娘だった(っぽい)。

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ2022年キャスト

三田園薫(みたぞの・かおる)……… 松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に、なぜか女装をしている謎多き人物。家事のスキルはプロ級。驚異の身体能力も併せ持つ。
ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

 

村田光(むらた・ひかる)……… 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

 

本仮屋素子(もとかりや・もとこ)………山本舞香

むすび家政婦紹介所に新しくやってきた家政婦。ヤンキー同士の抗争の場で“たまたま”出会ったミタゾノさんに惚れ込み、「姐さん」と慕って家政婦紹介所にやってくる。ヤンキーらしく、仁義を重んじる素子は、何があってもミタゾノさんに“地獄の果てまで”ついていくという熱い正義感と情熱を持つ一方で、一人称は「あたい」服装も個性的なもので揃え…と、言葉の端々、行動の端々にこれまたヤンキーらしい香りを隠すことができない。

 

式根志摩(しきね・しま)……… しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

スポンサーリンク

阿部真理亜(あべ・まりあ)……… 平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物である。

結頼子(むすび・よりこ)……… 余貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。またしても脱税疑惑をかけられ、業務停止に追い込まれていたが、土日を挟んだだけで営業再開。本当に脱税していたかどうかはグレーゾーン。

家政夫のミタゾノ2022年最終回感想

最終回は萬田久子さんも出演されてなんだか豪華でした(笑)まさかの素子の出生秘密が明らかになるとは。やっぱり素子は総帥の娘?だったっぽいですね。

「イカゲーム」見たことがないのですが「ゲソゲーム」少しオマージュしているんでしょうね。正直者はバカをみるかもしれませんが、でも幸せそうな本仮屋親子でした。

ミタゾノの家事情報のなかで「頑くなって開かなくなった瓶の蓋があける場合、ガムテープを巻きつけてとる。」はちょうど開かなくて困っていたのがあって試したら本当に開きました。ラッキーです(笑)

今度は舞台ですね。「お寺座の怪人」最終日にオンライン配信してくれないかな。。。遠くていけないのです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました