【ネタバレ】未来への10カウント第1話~どん底に落ちた男が希望を取り戻す

未来の10カウント

2022年4月14日(木)夜9時スタート『未来への10カウント』の第1話のあらすじとネタバレ、感想になります。

キャストの紹介はこちらをご覧ください。

【相関図・キャスト紹介】未来への10カウント
2022年4月14日(木)夜9時スタート『未来への10カウント』のキャスト紹介になります。相関図はまだ公式発表されてから更新します。 このドラマは木村拓哉さんと満島ひかりさんが12年ぶりに共演します。高校時代にボクシングで4冠を達成後、生...

このドラマは木村拓哉さんと満島ひかりさんが12年ぶりに共演します。高校時代にボクシングで4冠を達成後、生きる希望を失った桐沢(木村拓哉さん)が、母校でボクシング部のコーチとして高校生たちと向き合い、再生していく青春ドラマです。

満島ひかりさん演じる葵は、シングルマザーの教師で部の顧問です。桐沢とは反発しつつ、次第に好意を抱くようになります。

実力派女優の満島ひかりさんと木村拓哉さんの恋愛・・・早く見たいです。また他キャストの方達もとても豪華です。どんなドラマになるんだろう。。

スポンサーリンク

未来への10カウント第1話あらすじ

高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。
そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。
 
だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の元監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。
 
松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策!
 

スポンサーリンク

正式に臨時コーチに採用される桐沢

そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。
熱意がまったく感じられない新コーチと新顧問を目の前に、さまざまな思いに駆られるボクシング部の面々。その矢先、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長・伊庭海斗(髙橋海人)は何を考えたか、いきなり公開スパーリングを申し込む。
 
桐沢は了承し、1ランド2分の公開スパーリングが行われる。伊庭は真剣に向かっていきボクシングができる喜びをかみしめるが、肋骨にヒビが入ってしまう。
葵は校長に報告するというが、あかりたちは指導者がいないと困ると必死に止める。
 
翌日、桐沢は学校に行くと校長室に呼び出される。コーチ料の打診であり、伊庭のことではなかった。

スポンサーリンク

未来への10カウント第1話感想

あおはる(青春)ですね~。木村拓哉さんのヤサグレ感も新鮮ですし、キラッキラの満島ひかりさんも見ていて明るい気持ちになります。

廃人のように生きてきた桐沢にとって「必要です!!」と必死に言われたら、気持ちは嬉しいですよね。挫折を味わった人は自分が傷つかないように人から離れることもありますが、でも癒されるのも人なんですよね。

若い高校生の純粋な気持ちと桐沢とのやりとりが楽しみです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】未来への10カウント第2話~2カ月後のインターハイ予選
2022年4月21日(木)『未来への10カウント』の第2話のあらすじとネタバレ感想になります。 キャストの紹介はこちらをご覧ください。 このドラマは木村拓哉さんと満島ひかりさんが12年ぶりに共演します。高校時代にボクシングで4冠を達...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました