【ミッドランナー未満警察・第4話ねたばれ・感想】本間の恋愛ベタがバレる

未満警察

2020年7月18日放送の未満警察ミッドナイトランナー第4話のあらすじとネタバレになります。

第2.3話で人身売買グループを本間と一ノ瀬がまだ警官ではなく警察学校の生徒なのに倒してしまいました。心技体が成長していってます(笑)

第3話のあらすじとネタバレはこちらになります。

スポンサーリンク

未満警察・第4話あらすじ・ネタバレ

ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。一方、男子校出身で恋愛に疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味に。

同期さやかは本間快に片思い

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。

そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。そんな中、午後からの体力トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。

同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になり声をかけるが。。。

スポンサーリンク

さやかがSNSで”死にたい”

その夜、自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿するさやか。すると、〝指友 指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライ(返信)があり、さやかはその男にDM(ダイレクトメール)を送る。

翌朝、さやかは寮から姿を消していた。同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せる。”ごく、まぐれで、す。にたい。すけてください”そこには助けを求めるS0Sのようなメッセージが書かれていた。

またさやかのアカウントには「私は警察に向いてない、死にたい、」と書いてあった。

野原のことを心配するカイ

さやかは本間にすきでしたとメッセージを残し消える

一ノ瀬は野原が本間に出したメッセージが、縦読みすると「す・き・で・し・た」に気づき、さやかに電話をするように指示。

すぐさま本間はさやかに電話をかける、すぐに会いにいくと伝えるが、彼女の目の前に指友指助(忍成修吾)が現れ、本間からの電話を切ってしまう。

「俺がなんとかしなきゃ」本間はさやかをさがす

しかし電話の向こうから”あげパン添え”という店員の声がきこえ、そのお店はさやかと田畑がデートしたお店のメニューだった。

4人目の刺殺体がみつかる

指友指助が殺害した4人目の死体がみつかる。

さやかは「なんんで指助という名前なんですか?」

「指殺人というのはインターネットで誹謗中傷して自殺に追いやることを言います。僕は反対で友達になり助けたい、みなさんは僕と話したあと、死にたいと思わなくなります」

そして本間がお店に到着し、指友指助の写真を警察仲間に見せるが、見たことがない顔だった。

指友指助はお店にスマホを置きぱなっしにする。

スポンサーリンク

指友指助が4人殺している犯人だと本間は知る

現在使っている指友指助のスマホに柳田が電話する。その電話に本間がでる。

「追え!その女の携帯の持ち主は女を4人殺害している」

指助とさやかは車でお店を出てしまう。本間は自転車で追う。

到着日した場所は団地だった。部屋がたくさんある。どの部屋がわからない。

本間は指友が忘れていったスマホのWIFIでつながるかもしれないとして部屋の前でスマホをかざすと1件の部屋でつながった。ここだ・・・

しかし部屋には誰もいない・・

その部屋に入るといままで殺害した女性のカウンセリングシートと写真が・・・

人が入ってくる・・・

死ぬまでにやりたいこと5つを教えるさやか

及川と片野坂だった。柳田から連絡を受けていた。

さやかが部屋の中で2人は困るといって、部屋の外に出ていた。

車の中でカウンセリングを始める指友

「死ぬまでにやりたい5つのこと教えてください」さやかが記入すると「この中から1つをやってみましょう」

本間は警察学校に戻るがさやかが危険だと気づく

及川と共に警察学校に戻る本間、片野坂にあとを任せる。

「大黒署にまかせているから大丈夫」同期に伝える本間

「ひとめぼれだった。ごはんを食事する姿が好きだった。野原さんがごはん食べるところまた見れるかな?俺らができることないの?」

限界がきても俺らができることをやればいい。本間は犯人の家でスマホの空き箱が多いことが気になっていた。

指助とさやかのSNSやりとりをみて本間は「まずい、このままだとさやかが助からない、犯人の正体は・・」

スポンサーリンク

さやかと指助はさやかの母校に・・

柳田は犯人の家に踏み込むが、そこには別人の女性と犯人がいた。

そのころ、さやかと指助は3月に取り壊されるさやかの母校・小学校にいた。

そこには「私の夢」とかいた絵があった。

5つ書いた死ぬ前にやりたいことの1は自分の描いた絵をみたいだった。

その絵をみたさやかは「わたしは死にたいわけではなかった・・・」と指助に伝えるがナイフをさやかにむけていた。

指助が3人とも捕まる

指助は1人だけではなかった。片野坂のファイリングによると絞殺体の

「指友の正体は1人ではない、合計で3人がいます」指友指助のカウントから3人の人格がみえる。

、、、・・・、。。。SNSの句読点がちがった。

指助は「心が折れた死にたいというやつが許せない!そんな弱い人間が大嫌いだ!!そんな連中を全員殺したい!!」

指助が絞め殺そうとすると「助けて・・・死にたくない」とさやかは

本間が現れ指助を倒す。本間に抱きつくさやか

さやかは警察学校を辞めることに・・・己の限界をしって自分ができること、できないことに気づいた。私は警察官に向いてない、あきらめるしかない。でも人の役には立ちたいの。だからカウンセラーになろうと思う。そういう人になる。限界に気づいたから新しい道が見えてきた。

 

スポンサーリンク

未満警察・相関図・キャスト紹介

公式が発表している相関図です。

 

未満警察・第4話・感想

本間快は男子校で恋愛ベタでしたが、さやかからの愛の告白で何か応えようとして気を遣っているところがかわいかったですね。最後さやかが警察学校をでるときなんか言いたそうでしたが、多分「きっとここを卒業するまでは恋愛できない・・・」的なことを伝えようとしましたがさやかからあのメッセージは過去形だと言われます。多分まだ好きだったに違いないですが。。。なんか純粋だな。。。

本間快は、第2話、3話で武道が成長してました。とても強かったです。指友指助をかっこよく倒してました!

次回第5話は一ノ瀬の番ですね。こちらも初恋の相手を助けるストーリーのようです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました