【ミッドランナー未満警察・第7話ねたばれ・感想】スコップ男の正体は!?

未満警察

2020年8月8日放送の未満警察ミッドナイトランナー第7話のあらすじとネタバレになります。

第6話からの続きで警察学校に9年前の事件の加害者遺族が立てこもります。でもそれには理由があり父親の無実をはらしたいことが目的でした。でも今回の第7話でもその犯人はまだわかりませんでした。警察関係者だと本間と片野坂は見立てますが、まだわかりません。最終回までもつれそうです。すでにいままで登場している人なのか。。。超気になります。

第6話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ミッドランナー未満警察・第6話ねたばれ・感想】スコップ男を捕まえろ!長谷川京子さんがゲスト
2020年8月1日放送の未満警察ミッドナイトランナー第6話「逆襲編」のあらすじとネタバレになります。 第6話は1話完結ではなく第7話へつながりますが、正直、ようやく本格的な警察ドラマになってきました。本間快は警察学校の生徒とは思えないぐら...

スポンサーリンク

未満警察・第7話あらすじ・ネタバレ

警察学校の教室で、本間快(中島健人)、一ノ瀬次郎(平野紫耀)、助教の及川蘭子(吉瀬美智子)の3人を人質にとった立てこもり事件が発生。犯人の天満直子(長谷川京子)と直子の弟・智也(柿澤勇人)の目的は、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父・天満暁生(佐戸井けん太)の無実を証明することだった。

直子と智也の訴えを聞く中で、蘭子が3件目の事件の暁生のアリバイを証明できることが判明。真実を明らかにするため、本間はある作戦を立てる。

一ノ瀬は嘘の証言をする

犯人に開放された状態で教室の外に出た一ノ瀬は、立てこもり事件の指揮をとる警視正・国枝(木下ほうか)と管理官・弓倉(山口祥行)の尋問を受ける。そこで「犯人は5人。全員銃で武装。体には爆弾」と本間の指示通りに嘘の証言をし、警察がすぐに突入できないよう時間を稼いだ。そして教官の片野坂譲(伊勢谷友介)に本間からのメッセージを伝える。

スポンサーリンク

片野坂が人質になる

そんな中、指揮本部では、国枝が捜査員たちに狙撃命令を出していた。窓際に犯人が見えたら射殺するよう指示を出す国枝に、教室内でSATの隊員が重傷を負っていることを伝え「代わりに私が人質になります。狙撃命令はその後に」と訴える片野坂。

隊員が命を落とせば、この事件を外部に隠し通すことができないと危惧した国枝は、その要求を受け入れる。そして片野坂は、負傷したSAT隊員と入れ替わりに教室の中へと入っていく。

SATが狙っているため、天満智也に窓側に行くなと伝える。

天満暁生には9年前アリバイがあった

その頃、こっそり警察学校を抜け出した一ノ瀬は、2件目の殺人事件について暁生が無実だという証拠を持っていると直子に連絡してきた〝ムラタミキ〟と名乗る人物に、直子の代わりに会いに向かっていた。

港南ふ頭10で、15時

一ノ瀬はムラタミキに会う。

ムラタミキは9年前、天満暁生の愛人だった。妻が殺害されたときに暁生はその愛人と一緒だった。その写真をムラタミキは持っていた。暁生の無実を確実に証明する証拠だった。

スポンサーリンク

片野坂のプロファイリングが始まる

9年前、国枝は天満暁生に事情聴収をしていた。

スコップ男の1件目の殺害は、2件目、3件目と違って弱い力で殺害していた。最初の殺害は偶発的だった可能性があるが、2件目以降は強い力で殺害されていた。

捜査本部は天満暁生を犯人にするため、証拠を捏造していた!?片野坂は証拠ならいつでも捏造できる。犯行時間のアリバイが重要になる。

3件目の事件のときは及川が交通違反を取り締まっていたアリバイがある。

9年前の犯人は警察関係者か?

一ノ瀬は複数の男に襲われ気を失ってしまう。ムラタミキから入手した携帯は隠したが、見つかってしまう。一ノ瀬は間一髪のところで携帯を持って逃げるが、その携帯は落としたショックから画面が割れてしまっていた。本間から復元できる可能性があるため持って帰るよう伝える。

 

本間と片野坂が犯人のプロファイリングをする。

9年前、1件目は国会議員が殺された。3件目は捜査中の刑事が殺された。警察はすぐに犯人を見つけたかった。人間は必要以上に必死になるときもう一つ真実がある。

本間が出した答えは「警察の中に真犯人がいる。捜査本部はそれを隠すために天満暁生に罪をかぶせた。」

そして証拠を捏造した。

片野坂は当時、真犯人は他にいると伝えたが、相手にされず、警察学校に飛ばされた。

スポンサーリンク

スコップ男が見つかるが模倣犯だった

柳田が見つけたスコップ男の上着から指紋がみつかり、県内在住、20歳の男・松波だった。しかし9年前は11歳のため彼は天満兄弟の母親の殺害はしていない。

松波は模倣犯であり、9年前の犯人とは別人だった。

 

直子の電話に着信が。。。

暁生が危篤になったと連絡があった。直子は拳銃の銃口を自分の旋毛にあて自殺しようとする。いままで何度も自殺しようとした。

「こんな人生を生きる価値がある?」真犯人が見つかるまえに父親が死んでしまうことに絶望する直子

本間が説得する。「俺たちがやります。俺がお父さんの無実を証明します。2人のような人間を育てた父親が母親を殺すわけがない。お父さんもまだ死んでいない。あきらめてはだめだ。」

直子は拳銃を本間に渡す。そして片野坂含め人質全員出てきた。

天満兄弟が投降した。

一ノ瀬は天満兄弟に

「すいませんでした。僕と快君でお父さんの無実をはらしますから」

警察学校たてこもり事件は終わった。

 

国枝警視正が拉致された。

スコップ男の仕業か?

スポンサーリンク

未満警察・相関図・キャスト紹介

公式が発表している相関図です。

 

 

未満警察・第7話感想

 

第7話の終わり、橘冬美(↑)が怪しい動きをしてました。スーツケースからガラケーの携帯を取り出します。一体その携帯に何があるのか?スコップ男と関係があるのでしょうか?

第6話からの続きでしたが、第7話でもスコップ男の正体は分かりませんでした。警察関係者が犯人で国枝警視正はきっと誰だか知っているように思います。そのため最後何者かに襲われました。

本間も一ノ瀬はまだ警察学校の生徒なのに刑事か?って思う行動っぷりです。(笑)一ノ瀬を襲った男達は県警と名乗ってましたが、国枝の差し金ですが、最後に国枝はスコップ男と思われる男に拉致されてました。国枝の背後に黒幕がいます、きっと。謎がまだいっぱい。

本間は車いすで激しいアクションありませんでしたが、一ノ瀬は5人以上の刑事を巻くシーンがあり、高い壁を飛び越えるところがとてもかっこよかったです。

次回第8話のあらすじになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました