【ミッドランナー未満警察・第6話ねたばれ・感想】スコップ男を捕まえろ!長谷川京子さんがゲスト

未満警察

2020年8月1日放送の未満警察ミッドナイトランナー第6話「逆襲編」のあらすじとネタバレになります。

第6話は1話完結ではなく第7話へつながりますが、正直、ようやく本格的な警察ドラマになってきました。本間快は警察学校の生徒とは思えないぐらい頭キレています。次郎ちゃんは純情無垢な感じで心配になってしまいますが、第7話は次郎ちゃんにかかってますね。。

まずは第6話の事件のネタバレをご覧ください。

第5話のあらすじとネタバレはこちらになります。

スポンサーリンク

未満警察・第5話あらすじ・ネタバレ

とある公園で、女性の遺体が発見される。監視カメラの映像には、犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋め、その遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを刺して逃走する姿が映っていた。

憤りを隠せない刑事の柳田晋平(原田泰造)は、かつて現場の捜査官同士としてバディを組んでいた警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)に監視カメラの映像を送る。そして電話で「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と告げる柳田。

そんな中、教官室で映像を確認していた片野坂は、柳田との電話を切った後、近くにいた助教・及川蘭子(吉瀬美智子)の様子がおかしいことに気づく。

スコップ男の模擬捜査を行う本間と次郎

 

その頃、警察学校の寮のロビーでは、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がテレビで“スコップ男”事件のニュースを見ていた。“スコップ男”と呼ばれる犯人は、9年前にも同様の手口で3人を殺害。

当時警察はその被害者の1人の夫・天満暁生(佐戸井けん太)を犯人として逮捕したが、再び同様の殺人事件が起きたことで、別に真犯人がいる可能性が浮上。事件に興味を持った本間は模擬捜査をしようと一ノ瀬に提案する。

そして、さっそく同期の仲間たちと共に、過去の事件を再捜査し授業で発表する模擬捜査を行う。

スポンサーリンク

天満智也が及川助教を襲う

そんな折、警察学校の廊下で、コート姿の男・天満智也(柿澤勇人)から「及川蘭子、いる?」と尋ねられた本間と一ノ瀬。蘭子の居場所を伝えた本間は、その直後、智也が銃を隠し持っていることに気づく。急いであとを追い、教室内で智也が蘭子に銃を突きつけている姿を目撃した本間と一ノ瀬は、蘭子を助けようと教室に飛び込む。

するとそこに、智也の姉・天満直子(長谷川京子)がやってくる。智也は及川に本当のことを話すように強く攻めるが。。。

警察学校で立てこもり事件発生

資料室にバリケートを作って立てこもる智也、そこには及川助教授、次郎、本間快、智也の姉の直子の5人がいた。冷房がきいてない。

神奈川県警が銃発砲の準備をしている。本間は助教に本当のことを話せと伝えるが、、、。

県警の弓倉の電話を直子がでる。

直子は、「1週間前、要水門に9年前のスコップ男がまた現れた。その犯人を捕まえて!!もし捕まえなければ1時間置きに1人を殺していく。」

スポンサーリンク

スコップ男の犯人は天満暁生、立てこもり犯の父親だった

スコップ男の事件とは。。

9年前の7月1日、最初の殺人に及ぶ。被害者は国会議員の孫だった。そばにはスコップのようなものが立てられたいた。

2件目は、5日後、7月6日、当時50歳の女性、同じく公園の緑地に埋められ1件目の事件と同じようにスコップが立てられていた。防犯カメラに映っていたが、顔が全くわからなかった。

3件目は、事件を調べていた近藤修平警部補だった。同じく防犯カメラでは顔が全くわからない。

犯人は天満暁生、2人目の被害者の夫だった。しかし1番目と3番目の殺人も行うなんてしっくりしない。立てこもっている直子と智也は暁生の子どもだった。父親が母親を殺すわけがない。真犯人を見つけさせるのが立てこもりの目的だった。父親はアリバイがあった。スピード違反で見つかっていたのにその履歴が消されていた。

必死にスピード違反の控えの紙を探したが見つからず死刑がきまった。

その後、必死に探し、父親が古本屋で売った本から違反切符が見つかった。その担当警官は及川だった。

天満暁生は余命宣告されていた

国枝警視正から天満2人の兄弟の発砲命令がでる。そして警察学校に臨場する。

及川助教は当日のことは覚えてなかった。しかし国木田からしゃべるな!と口止めされていた。

父親が生きているうちに犯人を見つけたい。暁生は余命宣告を受けていた。

父は警察に無理やり犯人にされても、自分がいなかったのが原因だと自分を責めていた。殺人犯の子どもの話なんてこうでもしないと誰も聞いてくれない。

片野坂は捜査一課のとき、この事件を担当しており、天満は犯人じゃないと国木田に訴えていた。

スポンサーリンク

国木田の罠

及川は自分の筆跡に間違えないと認める。天満は殺人犯じゃない。

本間は天満暁生は犯人じゃないと信じることに。そして智也と直子に「俺たちが守ります!」と誓う。

国枝はお水を差し入れるとしてSATの特殊隊員を潜入させようとしていたが、本間は見抜いていた。

特殊隊員がお水を持って入ってきて乱闘になる。助教が撃たれる。

智也は硫酸をかけてしまう。

及川はけが人がいることは言わないよう口止めする。怪我人がいれば突入される。及川は「わたしはこの家族は見捨てない」

そして本間が電話に出る。発砲はあったが負傷者はいない。犯人グループは合計5人だと伝える。

本間快は、「俺たちが本物のスコップ男を見つけます。次郎ちゃんを開放させ片野坂にプロファイリングさせよう」

スポンサーリンク

未満警察・相関図・キャスト紹介

公式が発表している相関図です。

 

未満警察・第6話・感想

冤罪で連続殺人。。。。天満暁生の無罪をはらすためには真犯人を捕まえるしかない!天満暁生は余命宣告されており時間がない中、2人の兄弟が警察学校で立てこもります。本間も一ノ瀬も人質になってしまうのですが、天満兄弟が犯人じゃないと信じます。

来週はその真犯人を片野坂と次郎ちゃんが探し出せるのか?が見ものですね。

第5話までも十分楽しめたのですが、第6話からは急に発砲や硫酸をかけるなど過激にもなってきてとてもおもしろくなってきました。次回第7話でスコップ男の正体がわかります。

スポンサーリンク

コメント

  1. アバター ジュン より:

    国木田じゃなくて国枝です

  2. What’s up to all, since I am really eager of reading this
    weblog’s post to be updated daily. It includes good information.

タイトルとURLをコピーしました