【未解決の女2・第4話ねたばれ・感想】5年前に殺害された棋士未解決事件

未解決の女

2020年8月27日第4話のあらすじとネタバレになります。

大岩捜査一課長と朋のコラボがありました。同じ警視庁内にいるのかな。。不自然ではなかったです。。

第3話のあらすじはこちらになります。

【未解決の女2・第3話ねたばれ・感想】国語教師の授業で一体何が!?
2020年8月20日第3話・『高校体育教師殺害編』のあらすじとネタバレになります。 3年前に未解決になったしまったバスケットの顧問教師ですが、その犯人が判明します。 第2話のあらすじはこちらになります。 未解決の女2・第3話あ...

スポンサーリンク

未解決の女2・第4話あらすじ・ネタバレ

5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。なんでも今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間も経たぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。

話を聞いた矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに! まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。

17年前、反則負けした西川が行方不明

 朋が向かった先は、一番弟子・桜木歩(永井大)に伝統を継承しながら、将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野武彦)の工房。

実は、出品された駒は17年前、「毎朝杯」決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥)に勝った佐田に贈られたもので、正村の作品だったのだ。オークションの画像を見て、自分が作った駒で間違いないという正村。

しかしオークションに出品したアカウントの持ち主は10万円で代行したため事件とは関係なかった。

しかもよくよく話を聞くと、この対局で「二歩」を打って反則負けした西川が、同日夜に暴力団員を殺して行方をくらます事件が起こっていたことも明らかになる!

スポンサーリンク

2つの未解決事件の接点とは。。

 5年前の「居飛車のプリンス」殺害事件と、17年前の「千駄ヶ谷の虎」が起こした殺人事件――将棋界の頂上決戦…その勝者と敗者が絡む2つの未解決事件の接点を求め、朋たちは捜査を続行。

まもなく、幼い頃から良きライバルとして切磋琢磨してきた佐田と西川が、プロになってからは同じ女性に惚れてしまったことで関係がギクシャクしていたことが判明した。その女性は佐田の妻になった。授かり婚だった。

その矢先、佐田の娘・彩子は父に宛てられた差出人不明の手紙の束を発見する。しかも妙なことに、どの手紙にも“謎の3文字”が記載されていた。それは手紙将棋ではないかと疑う。

後援会長だった山井が殺害される

そんな中、第6係の鳴海理沙(鈴木京香)国木田哲夫(谷原章介)は17年前の対局を再現。気になる点が見つかる。2人とも負けようとしていたのではないか?

そのころ、彩子の亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊が反社会的勢力とつながりがあることがわかった。

しかし山井は何者かに殺害されてしまった。自宅から5年前盗まれた将棋の駒がみつかった。山井の腕時計から血液反応がでて被害者佐田のと一致した。

しかしオークションに出品したのは山井なのか?

山井の自宅からみつかった将棋は、5年前盗まれたのとは別だった。

スポンサーリンク

正村の弟子・歩美が西川だった

矢代朋は、再度、山形の職人・桜木正村に会いに行く。何故自分の将棋だと嘘をついたのか?確認するが誤魔化される。

そして弟子の歩は、5年前行方不明になっている西川ではないか?顔を変えてここにいるのではないか?問い詰めるが、何も言わない。

直接西川に話を聞こうとしたが、部屋にいなかった。

正村は、5年前ある男が訪ねてきて将棋をみて泣いていた。そして弟子にした。その後、佐田が訪ねてきたことがあった。西川と顔合わせしたが、何も話さなかった。しかしそれから手紙が届くようになった。また西川は夏に必ず毎年東京に行っていたとの事。

彩子の本当の父親は西川だった

西東京市にあるひまわり畑で彩子がいた。そして彩子は西川に声をかける。

「毎年ここにきてますよね?」亡くなった父との約束で、母親が亡くなった日にこのひまわり畑で来ようねと言われていた。あなたは私の本当のお父さんですよね?

中学のとき父、佐田から血はつながってないと聞いた。父親は別にいるんだって聞いていた。

17年前、毎朝杯で山川は八百長を佐田に頼んだ。佐田はわざと負けることで西川と由貴子とお腹にいる彩子を守ろうとした。

しかし5年前、山川は佐田にまた賭け将棋を持ち掛けた。それを断ったために佐田は山川によって殺害された。

西川は賭け将棋をやめさせようとオークションで出品し、山川をおびきよせた。

山川と対峙し、揉み合いとなり突き飛ばしてしまった。

西川は1年に1回、このひまわり畑で彩子と会えることが生きがいだった・・・。

彩子は必ずまたここで会おうと伝える。

スポンサーリンク

未解決の女2相関図・メインキャスト紹介

 
 

矢代朋(やしろ・とも)(30)………波瑠

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。幼少期から刑事ドラマの刑事に憧れ、高校卒業後そのまま警察官になった。空手家である父親譲りの体力と柔術には自信がある。もともとは捜査一課の強行犯係に所属、犯罪捜査の最前線に身を置いていた。考えるより行動が先に出るたちで、上司から「熱血バカ」とか「単純バカ」と言われることも多々ある。「特命捜査対策室」第6係へ異動した後は、上司・鳴海理沙が膨大な捜査資料の中から見つけた手掛かりをもとに、未解決事件を次々と解決。今では、文字を糸口に謎を解く捜査方法のとりこになっている。

鳴海理沙(なるみ・りさ)(50)………鈴木京香

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。警部補。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、ひっそりとした地下にある第6係の文書室にこもっており、周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれている。文書の解読によって未解決事件捜査の突破口を見いだす一方、心理学用語やそこから導き出される突飛な推理で周囲をあ然とさせることもしばしば。いつも冷静に見えて、予想外のことが起きると激しく動揺する可愛い面もある。クセ字が大好き。口癖は「文字の神様が下りてきた!」。

古賀清成(こが・きよなり)(52)………沢村一樹

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。全6係ある未解決専門の特命対策室を束ねる。叩き上げからの成り上がりで、刑事としてのプライドがものすごく高い。もとは捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜擢された。だが、本人は閑職に追いやられた屈辱感でいっぱい…。結果を残して再び一課の花形部署に返り咲こうと意欲を燃やし、いつも部下の刑事たちを怒鳴りつけている。特に第6係(文書解読係)を不要の係と見下し、矢代朋のことも大人げないほど嫌味たっぷりな態度で叱責する。

草加慎司(くさか・しんじ)(55)………遠藤憲一

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、ついでに超早飯。足を使った我慢強い捜査を厭わない刑事だったが、第6係に異動してからは現場に出ることも少なく、主に文書箱を運んだりしている。「倉庫番のフランケン」と呼ばれていたが、矢代朋が異動してきてからは、文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活し、朋を熱心に教育してきた。かつては捜査熱心すぎて、妻子に逃げられた過去も…。実は、鳴海理沙に密かに思いを寄せており、振り回されることに多少のときめきも感じている。

スポンサーリンク

未解決の女2・第4話感想

いま話題の将棋、、、まったくルールを知らないのですが、真剣勝負なのは伝わってきます。賭け将棋って言葉嫌ですね。

鳴海が「文字の神様がおりてきたわーー」とともに倒れこんでいました。オーバーリアクションが印象に残りました。

次回第5話のあらすじはこちらになります。

【未解決の女2・第5話ねたばれ・感想】銀行立てこもり事件・草加の娘が人質
2020年9月3日第5話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 朋の飛び蹴りが華麗に決まってかっこよかったです。草加の娘がいる銀行に12年前の未解決事件の関係者が立て籠ります。 第4話のあらすじはこちらになります。 未解決...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました