【未解決の女2・第1話ねたばれ・感想】文字フェチの鳴海と熱血刑事矢代のバディが戻ってきた!

未解決の女

2020年8月6日未解決の女2第1話あらすじとネタバレになります。

5年前に発生した弁護士殺人事件で残っていたダイイニングメッセージがまた再び、焼死体の家から見つかります。片言のようなメッセージでしたが、まさか!?そんな意味があったなんて。。。

文字とか言葉って同じ字でも意味が全く違ったりして難しいですよね。未解決の女は、そんな文字から色々なことが紐解いていくのがおもしろいです。

詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

未解決の女2・第1話あらすじ・ネタバレ

テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。それは…「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった! 
警察はすぐさま、有田の家族や勤務先の法律事務所、そして愛人だった女優・遠山夏希(黒川智花)への聴取を開始。だが、有力な容疑者は特定できず、時は過ぎていったのだった――。

焼死体で見つかった被害者から同じダイイングメッセージ

 
この未解決事件の発生から5年。警視庁捜査一課「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)が、つい先日係長に昇進した桑部一郎(山内圭哉)の依頼を携え、未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪問。ある新事件の文書を解読してほしい、と頼みに来る。
 
被害者は建築現場の日雇い労働者・幸坂達治(宮川一朗太)。現場から逃亡した男に火をつけられたと思われる幸坂は、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかった上、彼の部屋にはなんと「もーいちど ころす しょーしたい」と書かれた紙が落ちていたのだ!このメッセージは非公表だった。

焼死体は古賀の高校生の同級生

 
話を聞いて、5年前の事件との関連性を疑う矢代朋(波瑠)と鳴海理沙(鈴木京香)ら「文書解読係」の面々。すると、いつもは「文書解読係」を見下している「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)が珍しく、直々に捜査を許可する。なぜなら、古賀と幸坂は高校の同級生だったからだ。
古賀の許しを得た朋は、大手を振って捜査を開始。幸坂殺害事件の発生時に「サイレントなんとか」という“謎の叫び声”が何度も聴こえた、との情報を入手する。

香坂と琥珀座の関係は?

一方、5年前の事件と共通する一文を見直した理沙は「しょーしたい」という表記が、どうも引っかかる。『ショーしたい』という意味にもとれる。
 
だが、2人の被害者、有田と幸坂の接点は一向に見つからず、捜査は難航。そんな中、香坂の自宅へ行くと、幸坂の本棚を洗い直した朋は、劇団琥珀座のチケットがあった。その劇団には5年前に亡くなった有田の愛人・遠山夏希が所属していた。事情聴収すると、香坂は劇団琥珀座の事務員だった。
香坂の部屋には不自然に大きな水槽があった。

香坂達治の奥さんも焼死体で亡くなっていた

 
まもなく、幸坂の従兄だという岸川登(石丸幹二)が、わざわざ静岡から遺体を引き取るため、警視庁にきた。
達治(焼死体の被害者)は、妻の克子が5年前の冬、火事で亡くなっていた。克子は、頚椎不全損傷で右半身に麻痺が残ってしまっており火事が起きたときに逃げることができなかった。克子は琥珀座の看板女優だった。
火事の原因は克子の煙草の不始末だとされていたが、達治は絶対にありえないと消防にも訴えていたが、検証結果が覆ることはなかった。達治は家事の後、琥珀座を退職していた。
 

火事当日、遠山夏希が克子の家にいた

5年前火事の日、遠山夏希が克子の家に行っていた。克子が回復しているかどうかを確認したかったからだ。その時に自分の台本を置き忘れてしまった。鳴海は、殺害現場の写真に台本と通し番号が写っていてそれが夏希のものだと気が付いた。
 
夏希は克子の家で1本だけ煙草を吸った。しかし火の始末はしっかりしたのに、火事だと聞いて怖くて言い出せなかった。
 
夫の達治は出火原因は電化製品が原因だと思っていた。遠山夏希は恋人だった有田を紹介していた。もし出火原因がわかったら、電化製品の会社を訴えようとした。
 
達治は家に電化製品が多かったのは火事が発生した原因を調べるために実験をしていた!?
 

サイレントチェンジが火事の原因か?

 
達治のいとこで死体を引き取りにきた岸川は、お金の無心を何度もしており克子も困っていた。
 
サイレントチェンジ、部品の仕様を勝手に変更してしまうこと。ひそかに部品の質を落とすことで不正に利益をあげること。
 
有田弁護士が5年前、部品の調査を依頼していた民間の業者を調べる。田口調査会社に行くと、有田はサイレントチェンジは知っていた。しばらくして有田は殺された。
 

容疑者・高柳直哉を事情聴収

香坂が亡くなった川の傍の防犯カメラに、部品供給メーカーの資材課の高柳直哉が防犯カメラに映っていた。高柳は共栄パーツという部品メーカーに勤めていた。
有田は不正を暴くのではなく、金が目的で5,6回、お金を支払ってた。しかし突然殺された。
 
しかし最近になってサイレントチェンジに気づいた男から電話があった。
川に呼び出された。製品の苦情も出てきたしお金で解決して終わらせようとおもった。
それなのに、自分がきたら自ら火をつけた。目の前で火だるまになった。
その男は香坂達治だった。
 
共栄パーツの高柳直哉が逮捕された。5年前の家事はエアポンプのショートによる火事だと認めた。

「コロス」は劇の名前だった

古賀室長のことを伝えたとき、岸川は動揺し字が乱れていた。
 
鳴海が「文字の神様が下りてきた。」
 
「コロス」
もーいちど ころす しょーしたい」は、「もう一度、「コロス」のショーがしたい。」だった。それは香坂達治の妻・克子が字の練習で書いていた夢だった。
 
「コロス」というのは克子が初めて演じた舞台の名前だった。

達治といとこの岸田は入れ替わっていた

達治のいとこと名乗る岸川が、実は香坂達治だった。そして河川敷の遺体はいとこの岸川自身だった。
岸川は余命いくばくもなかった。岸川は「この命、復讐の材料で使ってくれよ。。。」と岸田に伝えた。
 
実は克子が右半身不随になった原因をつくったのは岸川が克子をつき飛ばしたからだった。
克子はそれは違うと否定していた。
 
そして岸川は香坂達治になって高柳に殺されるシナリオを作った。克子と達治の恨みをはらす。
「お前はどこか遠いところへいって、ろくでもない人生を生き直してくれ。」
岸川が達治に残した最後のことばだった。
 

財津係長はリタイヤし、国木田が新しい係長に・・・

 

国木田は京都府警から異動になった。

 

 

スポンサーリンク

未解決の女2・第1話相関図・メインキャスト紹介

 
 

矢代朋(やしろ・とも)(30)………波瑠

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。幼少期から刑事ドラマの刑事に憧れ、高校卒業後そのまま警察官になった。空手家である父親譲りの体力と柔術には自信がある。もともとは捜査一課の強行犯係に所属、犯罪捜査の最前線に身を置いていた。考えるより行動が先に出るたちで、上司から「熱血バカ」とか「単純バカ」と言われることも多々ある。「特命捜査対策室」第6係へ異動した後は、上司・鳴海理沙が膨大な捜査資料の中から見つけた手掛かりをもとに、未解決事件を次々と解決。今では、文字を糸口に謎を解く捜査方法のとりこになっている。

鳴海理沙(なるみ・りさ)(50)………鈴木京香

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。警部補。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、ひっそりとした地下にある第6係の文書室にこもっており、周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれている。文書の解読によって未解決事件捜査の突破口を見いだす一方、心理学用語やそこから導き出される突飛な推理で周囲をあ然とさせることもしばしば。いつも冷静に見えて、予想外のことが起きると激しく動揺する可愛い面もある。クセ字が大好き。口癖は「文字の神様が下りてきた!」。

古賀清成(こが・きよなり)(52)………沢村一樹

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。全6係ある未解決専門の特命対策室を束ねる。叩き上げからの成り上がりで、刑事としてのプライドがものすごく高い。もとは捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜擢された。だが、本人は閑職に追いやられた屈辱感でいっぱい…。結果を残して再び一課の花形部署に返り咲こうと意欲を燃やし、いつも部下の刑事たちを怒鳴りつけている。特に第6係(文書解読係)を不要の係と見下し、矢代朋のことも大人げないほど嫌味たっぷりな態度で叱責する。

草加慎司(くさか・しんじ)(55)………遠藤憲一

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、ついでに超早飯。足を使った我慢強い捜査を厭わない刑事だったが、第6係に異動してからは現場に出ることも少なく、主に文書箱を運んだりしている。「倉庫番のフランケン」と呼ばれていたが、矢代朋が異動してきてからは、文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活し、朋を熱心に教育してきた。かつては捜査熱心すぎて、妻子に逃げられた過去も…。実は、鳴海理沙に密かに思いを寄せており、振り回されることに多少のときめきも感じている。

スポンサーリンク

未解決の女2・第1話ゲスト

初回は2時間拡大バージョンです。

岸川登………石丸幹二

 

 

 

 

焼死体となって見つかった幸坂達治の従兄で、幸坂にとっては唯一の身寄り。静岡に住んでいるが、幸坂の遺体を引き取るためにわざわざ上京し、警視庁を訪問。幸坂の非業の死を深く悲しみ、遺体を前に泣き崩れる。しかも、幸坂の事件と、弁護士・有田賢太郎が撲殺された5年前の未解決事件を結ぶ“新事実”を知っているようで…!?

 

幸坂達治………宮川一朗太

 

 

 

 

建築現場の日雇い労働者。「特命捜査対策室」室長・古賀清成とは高校の同級生だった。何者かに火をつけられたと思われ、指紋も取れないほど無残な焼死体で見つかる。事件発生時は一人暮らしをしていたが、その自宅から事件後、弁護士・有田賢太郎が撲殺された未解決事件の現場にも残っていた「もーいちど ころす しょーしたい」という文言が書かれた紙が発見される!

 

遠山夏希………黒川智花

 

 

 

 

老舗の有名劇団「琥珀座」の看板女優。まだ無名の若手女優だった5年前、弁護士・有田賢太郎との不倫が発覚したことで脚光を浴び、そのスキャンダルを逆手に劇団の公演で大役を獲得。有田が何者かに撲殺された後は、“悲劇のヒロイン”として同情を集めた。焼死体で見つかった幸坂達治と有田の接点を探る朋らの捜査にも協力するが…。

未解決の女2・第1話感想

鳴海と萌コンビがまた戻ってきました。鳴海は萌と一緒だったら外に捜査しにいくところがかわいいですよね。そして自分は決して表にでは出ずに、萌に色々言わすところが、変わってませんでした。

あと沢村一樹さん演じる古賀係長もどSぶりが懐かしかったです。

何かと古賀係長から邪魔される鳴海と萌ですけど、信頼されているのも事実です。

これからの事件、どんな文字がでてきて、どんな謎があるか1話ずつじっくり見ていきたいと思います。

第2話のあらすじはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました