【未解決の女2・第6話ねたばれ・感想】ミスターパーフェクトが行方不明

未解決の女

2020年9月10日第6話『影の斜塔・前編』のあらすじとネタバレになります。

いよいよ来週が最終回ですが、2話にわたるストーリーになります。朋が憧れる富野(市原隼人さん)が拳銃を持ち出し古賀室長(沢村一樹さん)が撃たれてしまいます。しかし富野が本当に撃ったのか。。。上層部に黒幕がいるような気がします。

第5話のあらすじはこちらになります。

【未解決の女2・第5話ねたばれ・感想】銀行立てこもり事件・草加の娘が人質
2020年9月3日第5話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 朋の飛び蹴りが華麗に決まってかっこよかったです。草加の娘がいる銀行に12年前の未解決事件の関係者が立て籠ります。 第4話のあらすじはこちらになります。 未解決...

スポンサーリンク

未解決の女2・第6話あらすじ・ネタバレ

5年前、人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件があった。

2020年、成功のノウハウをまとめた自著『億りびと』を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。

被害者の干支にちなんだ梵字の入れ墨

その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、くるぶしに彫られた奇妙な刺青に目を留める。文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によると、その刺青は「梵字(ぼんじ・古代語)」。しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の刺青が彫られていた。その梵字は被害者の干支を表していた。

 2つの事件にはつながりがあると直感し、捜査に乗り出そうとする朋。その矢先、「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)を介し、警視庁刑事部のナンバー2である参事官・小野塚吾郎(筧利夫)から呼び出しがかかる。

朋の先輩ミスターパーフェクトが行方不明

なんでも、小野塚の肝いりで新設された「捜査情報係」に所属する刑事が、3日前から行方不明になっているため、朋に捜してほしいというのだ。

その刑事とは、朋が新人時代に世話になった富野康彦(市原隼人)。新人たちから「ミスターパーフェクト」と呼ばれていたエリート刑事で、朋も慕っていた人物だった!

 さっそく富野の自宅へ向かった朋は、鍵が開いたままで、室内も荒らされていることを疑問視。さらに、部屋の固定電話の留守録ボタンが点滅していることに気づく。そこに残されていたのは、楽器店に勤める富野の恋人・杉山貴子(北乃きい)からのメッセージ! 朋はすぐさま貴子に会いに行くが、付き合って3年は経つが、富野と3日ほど連絡が取れないことはよくあるそうで、貴子にも居場所などに心当たりがないという…。

警視庁の黒幕・牧野の存在

 一方、5年前の事件を洗い直していた第6係の草加慎司(遠藤憲一)国木田哲夫(谷原章介)は、入沢と西松がかつて年配者を狙った詐欺商法でつながっていたとの情報を入手。そのときに弁護担当した若林に会いにいった。あの2人は誰に恨みをかってもおかしくないとドライな発言をする。

弁護士事務所のパンフレットに元警視庁の牧野孝蔵がのっていた。警視庁退官後も警視庁人事にも口利きするなど権力を振りかざしていた。鳴海も牧野の関係する事件に関わっており、捜査妨害をうけた過去があった。

朋が富野の自宅に行った際、本の表紙に試し書き?した痕跡があった。しかしそれは富野を襲った犯人が書いていた。。しかし試し書きは文字ではなく、解読不可能だった。

富野は拳銃を持ち出していた。

西松文也の殺害の捜査線上に富野の名前があがった。西松が泊っていたホテルの防犯カメラに富野が映っていた。なんと富野は保管庫から拳銃を持ち出していた。

西松の重要参考人が逮捕された。加川啓介、5年前、詐欺殺人の仲間だった。

ぐにゃぐにゃ。。。富野の自宅にあった本の表紙にあったぐにゃぐにゃは、若林の弁護士事務所になった詐欺販売員のリストにもふにゃふにゃがあった。朋は、弁護士事務所をすぐに捜査するべきだ。

小野塚参事官はやぱり若林弁護士のことを知っていた。何かを揉み消そうとしている。

古賀室長が撃たれる、犯人は富野なのか?

古賀室長が文書管理人室で留守番していると電話がはいり、現場にいくと富野がいた。

拳銃を持っている富野、一発撃つ。。。

室長が撃たれた!!!その線条痕から、富野が持ち出した拳銃から撃たれたものだった。

はなまる接骨院にいくと富野が腕を脱臼していたことがわかる。その腕で入沢を殺害することは不可能だ。しかしなぜ拳銃を持ち出して室長を撃ったのか?

そんな中、小野塚参事官が富野の恋人の貴子に会いに行く。

古賀室長が。。。。。嫌な予感がする。

スポンサーリンク

未解決の女2相関図・メインキャスト紹介

 
 

矢代朋(やしろ・とも)(30)………波瑠

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。巡査部長。幼少期から刑事ドラマの刑事に憧れ、高校卒業後そのまま警察官になった。空手家である父親譲りの体力と柔術には自信がある。もともとは捜査一課の強行犯係に所属、犯罪捜査の最前線に身を置いていた。考えるより行動が先に出るたちで、上司から「熱血バカ」とか「単純バカ」と言われることも多々ある。「特命捜査対策室」第6係へ異動した後は、上司・鳴海理沙が膨大な捜査資料の中から見つけた手掛かりをもとに、未解決事件を次々と解決。今では、文字を糸口に謎を解く捜査方法のとりこになっている。

鳴海理沙(なるみ・りさ)(50)………鈴木京香

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の刑事。警部補。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てる類まれなる能力の持ち主。「人より文字が好き」と豪語し、ひっそりとした地下にある第6係の文書室にこもっており、周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれている。文書の解読によって未解決事件捜査の突破口を見いだす一方、心理学用語やそこから導き出される突飛な推理で周囲をあ然とさせることもしばしば。いつも冷静に見えて、予想外のことが起きると激しく動揺する可愛い面もある。クセ字が大好き。口癖は「文字の神様が下りてきた!」。

古賀清成(こが・きよなり)(52)………沢村一樹

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長。警視。全6係ある未解決専門の特命対策室を束ねる。叩き上げからの成り上がりで、刑事としてのプライドがものすごく高い。もとは捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜擢された。だが、本人は閑職に追いやられた屈辱感でいっぱい…。結果を残して再び一課の花形部署に返り咲こうと意欲を燃やし、いつも部下の刑事たちを怒鳴りつけている。特に第6係(文書解読係)を不要の係と見下し、矢代朋のことも大人げないほど嫌味たっぷりな態度で叱責する。

草加慎司(くさか・しんじ)(55)………遠藤憲一

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)の主任。警部補。愚直で真面目で超無口、ついでに超早飯。足を使った我慢強い捜査を厭わない刑事だったが、第6係に異動してからは現場に出ることも少なく、主に文書箱を運んだりしている。「倉庫番のフランケン」と呼ばれていたが、矢代朋が異動してきてからは、文書が武器の捜査熱心な“お遍路刑事”として復活し、朋を熱心に教育してきた。かつては捜査熱心すぎて、妻子に逃げられた過去も…。実は、鳴海理沙に密かに思いを寄せており、振り回されることに多少のときめきも感じている。

スポンサーリンク

未解決の女2・第6話感想

ミスターパーフェクトの名前にふさわしい、ゲストが市原隼人さんでした。誰かに襲われ、そして拳銃を署から持ち出し、そして古賀が撃たれてしまいました。古賀は死んでしまったの?と気になります。でも撃ったのは富野ではないと思うのです。

小野塚参事官、西松参事官、そして黒幕の牧野。。。。怪しい人がたくさんいます。一番怪しいのは西松だと思います。

富野はどうして狙われているのか。。。

あのふにゃふにゃのサインは一体だれのサインなのか。。。次回はいよいよ最終回です。

【未解決の女2・最終回ねたばれ・感想】富野の恋人が父親の復讐をしていた!
2020年9月17日第7話『影の斜塔・後編』のあらすじとネタバレになります。 前回、古賀が富野に射殺された?と思ったのですが、単なるかすり傷でした。よかった。。。富野は2012年に作成された証言記録をもって逃げてましたが、犯人は同じ警察組...

スポンサーリンク

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました