【ネタバレ】鎌倉殿の13人第19話~義経・果たせぬ凱旋

鎌倉殿の13人

2022年5月15日「鎌倉殿の13人」第19話「果たせぬ凱旋」のあらすじとネタバレ、感想になります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第18話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第18話~壇ノ浦で安徳天皇没す
2022年5月8日「鎌倉殿の13人」第18話「壇ノ浦で舞った男」のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に...

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第19話あらすじ

鎌倉入りを許されず京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、源頼朝(大泉洋)と義経との関係修復を模索し伊予守とするが、後白河法皇(西田敏行)は検非違使の任を解かなかったため鎌倉には戻れない。頼朝はそのような状況は知らず義経が自分の申し出を断ったと怒る。

京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。静は懐妊していた。

義朝の供養のために義経を呼び戻そうとした。法皇は鎌倉に戻ることを一旦許したが、しかし仮病を装って義経を足止めさせた。

義経が賊に襲われる。源行家(杉本哲太)は義経に頼朝が兵を挙げたとして後白河天皇が10月18日頼朝への挙兵を許す。

頼朝は全軍で京へ攻めるよう命ずる。梶原(中村獅童)が総大将を名乗りでる。頼朝は自ら軍勢を率いて出陣する。義経軍は500人にも満たない。頼朝は1万もの大群だった。

義経は失踪し、頼朝は鎌倉へ引き返す。後白河天皇は頼朝に義経追討の宣旨を与えた。

北条時政と義時は、義経と京で会う。義経は何がいけなかったのか?尋ねると義時は「人を信じすぎる」そして雪の中に消えていった。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第19話感想

義経は平家を滅ぼしたのに京から追われてしまうなんて、良いときは一瞬で終わるんですね。やっぱり安徳天皇のような幼子が亡くなってしまった戦に幸せなことはないように思います。

それにしても後白河天皇と頼朝はどちらが残酷なんですかね。この2人が欲を捨てれば、死なないでよい命がたくさんあったように思います。

第20話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第20話~帰ってきた義経
2022年5月22日「鎌倉殿の13人」第20話「」のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました