【ネタバレ】競争の番人ドラマ第2話~打倒!天沢雲海

競争の番人

2022年7月18日(月)『競争の番人』第2話のあらすじと放送後にネタバレと感想を追加します。

このドラマは坂口健太郎さんと杏さんがW主演で、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる“競争の番人”として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していきます。

原作は「元彼の遺言状」と同じ新川 帆立さんで『競争の番人』(講談社)になります。

実際に公正取引委員会で撮影を行うなど、公正取引委員会全面協力のもと、作品が作られているそうです。「公取」って聞いたことがありますが名前のとおり取り締まる政府の機関なんだと思いますがドラマを通して知っていきたいと思います。法律とか出てくると難しい、、、イメージがありますがこの世の中、詐欺も横行してますし興味あります。

第1話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】競争の番人ドラマ第1話~坂口健太郎&杏W主演
2022年7月11日(月)スタート『競争の番人』第1話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは坂口健太郎さんと杏さんがW主演で、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり...

スポンサーリンク

競争の番人ドラマ第2話あらすじ

公式の発表です。

小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たち第六審査、通称ダイロクのメンバーは、『ホテル天沢』のウェディングにおけるカルテルを追っていた。しかし、専務の天沢雲海(山本耕史)のガードは固く、小勝負たちは納入業者である花屋へのホテルの下請けいじめにも気づくのだが、有力な証拠をつかめずにいた。そんな時、雲海が逆襲に出る。不正行為を行なっているのは近隣で結託した花屋側で、いじめられているのはホテル側だとマスコミに流したのだ。

雲海が圧力をかけたのか、『ホテル天沢』の納入業者いじめの調査は年末までで終了とダイロクメンバーに通達される。そこへ、六角洸介(加藤清史郎)が『ホテル天沢』のホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)が退職したとの情報を持ってきた。早速、小勝負と白熊は長澤の自宅へ。だが、長澤は二人に何も話そうとはしない。

小勝負と別れた白熊は花屋いじめで苦しむ『フラワーショップ石田』へ。殺人未遂の容疑者となった石田正樹(武田航平)の代わりに店を守る妻の七瀬(野村麻純)を勇気づけようとする白熊は違法植物が置いてあることに気づく。白熊はすぐに警察に連絡して、売却分を回収するよう助言するが、七瀬は見逃して欲しいと頼んだ。

白熊は『ホテル天沢』で小勝負と合流。二人の目の前で、ブライダル部門長の碓井健司(赤ペン瀧川)が明らかな花屋へのいじめを行っている。そこに、雲海が現れた。小勝負たちが物陰から見ていると、車に向かう雲海と碓井の前に少女が立ち塞がる。それは、長澤の娘、由香里(新津ちせ)だった。

競争の番人ドラマキャスト

小勝負 勉・・・坂口健太郎
白熊  楓・・・・杏
桃園千代子・・・小池 栄子
風見 慎一・・・大倉 孝二
六角 洸介・・・加藤清史郎
本庄 聡子・・・寺島しのぶ

競争の番人ドラマ第2話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました