【ネタバレ】競争の番人ドラマ第1話~坂口健太郎&杏W主演

競争の番人

2022年7月11日(月)スタート『競争の番人』第1話のあらすじとキャスト紹介、放送後にネタバレと感想を追加します。

このドラマは坂口健太郎さんと杏さんがW主演で、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる“競争の番人”として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していきます。

原作は「元彼の遺言状」と同じ新川 帆立さんで『競争の番人』(講談社)になります。

実際に公正取引委員会で撮影を行うなど、公正取引委員会全面協力のもと、作品が作られているそうです。「公取」って聞いたことがありますが名前のとおり取り締まる政府の機関なんだと思いますがドラマを通して知っていきたいと思います。法律とか出てくると難しい、、、イメージがありますがこの世の中、詐欺も横行してますし興味あります。

スポンサーリンク

競争の番人ドラマ第1話あらすじ

公式の発表です。

刑事としてとある事件の犯人を追う白熊楓(杏)は、犯人を目前で取り逃がしてしまう。白熊は犯人を取り逃がしたことを問題視され、公正取引委員会への異動を命じられる。突然のことに動揺したまま、公正取引委員会・第六審査へと赴いた白熊。そこで、小勝負勉(坂口健太郎)ら、第六審査・通称“ダイロク”の面々と出会う。刑事から公正取引委員会という右も左も分からない場所へとやってきた白熊の教育係を任せられた小勝負だが、白熊に手取り足取り、公取委の仕事を教える気など一切ない様子。そんな中で、2人が調査することになったのは、複数のホテルで行われているウエディング費用のカルテル問題。調査の中で、自由奔放に行動する小勝負と、刑事と公取委での世間の認知度や扱いの違いに苦しむ白熊。そんな2人は、なぜか調査中に警察に追われる立場に?  性格や考え方など、なにもかもが正反対の小勝負と白熊が調査する中で、さまざまな問題が起き、それに振り回されるダイロクの面々は、カルテル問題の真相にたどり着くことができるのか!?

競争の番人ドラマキャスト

小勝負 勉・・・坂口健太郎
白熊  楓・・・・杏
桃園千代子・・・小池 栄子
風見 慎一・・・大倉 孝二
六角 洸介・・・加藤清史郎
本庄 聡子・・・寺島しのぶ

競争の番人ドラマ第1話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました