【ネタバレ】黒皮の手帳~拐帯行(かいたいこう)~元子カムバック

2021年スペシャル

2020年1月7日夜8時放送の『黒皮の手帳~拐帯行(かいたいこう)』のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務していた原口元子は、借金返済のため、銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働き、ふたつの派遣業務をこなしながら、ついに親の借金を完済。それを機に銀行の借名口座から1億8千万円を横領するという大胆な行動に出て、銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。その後も、“黒革の手帖”を使い、さらなる高みを目指したが…元子は逮捕される。それから3年後、刑期を終えた元子は出所したものの、全てを失い、以前にも増して厳しい経済状況に立たされていた。元子は決してあきらめない不屈の精神で、新天地を求め、金沢へ。そこでふたたび夜の世界に返り咲くことに…!

“黒革の手帖”とは、メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された手帖で、これを武器に銀座の頂点に上り詰めたのです。

今回のドラマは刑期を終えた3年後、金沢からスタートします。

スポンサーリンク

黒皮の手帳~拐帯行~ねたばれ

3年後、原口元子(武井咲)は、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ『アルテローズ』でホステスとして働き始める。

そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊克哉)という男が『アルテローズ』にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐したいという森村。顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と煽り、神代の愛人を騙し、3億を奪いとる。橋田(高嶋政伸)は現れ元子からお金を奪い取ろうとするが、森村が頭を殴って逃げる。

元子と森村は海沿いの旅館にたどり着く。そこで佐藤良樹(風間杜夫)とその妻に会い、平穏な日を過ごすが警察が追ってきた。森村と元子は2人は自首することにするが、なんと橋田を殺害したのは良樹だった。

元子と森村は別々の人生へ、元子は神代から奪ったお金を元でに銀座でお店をオープンさせた。

スポンサーリンク

黒皮の手帳~拐帯行~あらすじ

3年前、横領と恐喝の容疑で逮捕され、その後実刑判決を受けた原口元子(武井咲)。刑期を終え、出所した後、スーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く『楢林クリニック』の看護師長・中岡市子(高畑淳子)と遭遇してしまい、過去を明かされてしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。

 このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した『上星ゼミナール』の理事長で、元子とも因縁の深い橋田常雄(高嶋政伸)を伝い、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ『アルテローズ』でホステスとして働き始める。源氏名は『モモコ』

元子は再び金沢のクラブでママに

天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることになった元子。それまで『アルテローズ』でママを務めていた板橋レイナ(安達祐実)はもちろん怒り心頭。神代は、5周年パーティでどちらが多くのお客を集めさせることができるか、元子とレイナを勝負させる。

レイナは元子の過去を知り、ママの座を引きずり降ろそうと、銀座時代のライバルでもある山田波子(仲里依紗)を呼び寄せ、元子の過去を暴露させる。しかしお客からは元子の武勇伝に興味深々。何事もなかった。

そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊克哉)という男が『アルテローズ』にやってくる。神代はわざと食中毒を発生させ、父親を自殺にまで追い込み、事故物件にし安く土地を購入していた。神代は家を返してほしいと伝えるが、一蹴される。そんな最中母親は亡くなってしまう。

森村は神代の会社に契約社員として働き顧客名簿を盗み、お金を得て、『アルテローズ』へ

スポンサーリンク

元子の黒皮の手帳が再び!神代から3億奪う

元子は、「その程度の復讐でいいのか?そんなことでは神代はびくともしない。顧客データより、もっと知られたくないことがある」と森村を煽る。

神代には2年来の愛人、桜沢美香がいる。美香はお店を開きたいと物件を探していた。元子は美香が購入したいと思っている土地の家主になり、3億を騙しとった。

すぐに元子の仕業だと神代は分かるが、元子は黒皮の手帖を取り出し、森村から聞いた脱税の事実を伝える。橋田常雄に襲われるが、森村が頭を殴って逃げる。

死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館での佐藤良樹(風間杜夫)とその妻と出会う。

橋田常雄は殺害されたと新聞に載っていた。森村は自殺しようとするが、元子は死ぬのはいつでもできる。死ぬならもう少し頑張ってからにしてと止める。

一晩一緒に過ごすが、翌日、旅館に警察がくる。

元子は銀座のママに

森村は一緒に死のうとするが、元子は私は死なない。何度捕まって刑務所入っても私は勝つ。あなたは負けてもいいの?手を差し出す。

そして旅館に戻り、自首しようと思ったが、警察が追っていたのは、佐藤良樹(風間杜夫)とその妻だった。佐藤良樹はあの橋田を殺害していた。息子の裏口入学のために橋田に800万円用意したのに、違う名前の同姓同名の生徒が受かり、息子は自暴自棄になり、家庭内暴力がひどくなった。

息子を殺して自分達も死のうしたが、その前に橋田から800万円返してもらうとしたが、揉み合いになり殺害してしまった。

元子、森村は別々の人生へ

元子は銀座にお店をオープンする。

スポンサーリンク

黒皮の手帳~拐帯行~キャスト

原口元子 …… 武井 咲

山田波子・・・仲里依紗

中岡市子・・・高畑淳子

橋田常雄・・・高嶋政伸

森村隆志・・・毎熊克哉

神代周吾・・・渡部篤郎

板橋レイナ・・安達祐実

佐藤良樹・・・風間杜夫

黒皮の手帳~拐帯行~感想

武井咲さん本当綺麗でした。和装がすごい似合います。すごいなって思うのが「話し方」ですね。すごい落ち着いているのですが迫力がある話し方、クラブのママに見えるところが凄い。

でも地面師になって3億円盗むって頭の回転もさることながら、すごい度胸ですね。あんなに簡単に奪えるものなのかな?って思いますが、うまくいけば、誰もがやりますよね~。

あと安達祐実さんが、レイナというホステスだったのですが、ホステスは似合わない!!かわいい家なき子の印象がぬぐえず、あのお顔とホステスはマッチしなかったな~。

元子はまた銀座のママに戻り、またスペシャルがありそうな予感です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました